« 初雪 | トップページ | LEICAⅢf その2 »

2012年12月12日 (水)

LEICAⅢf

とうとう手に入れてしまいました。
別にライカファンではないのですが、Lマウントのレンズは沢山持っているので、一度は触っておこうと中古を眺めてみると、意外に安いなあ?と思えてきまして、今手許にあるのですよ。

LEICAⅢfと既に持っていたSummicron50mmF2です
R0010065_1
レンズもボディーも私と同世代なんです。

使ってみました。
Scnleica3f0001_1

Scnleica3f0002_1

なるほど、噂どおりの滑らかな使い心地ですね。
どこもきっちりとした節度感があって、だけど重すぎる操作力ではない。
これは確かに高級品・ブランド品ということなんですね。
でも中古ですから、今の国産カメラほど高いわけではないのですよ。
フィルムカメラですから、需要が減ってしまって価格も下落傾向なんでしょう。

露出計が付いていないですから、壊れるところが少ないですよね
Scnleica3f0009_1

Scnleica3f0010_1

ほかのカメラと一緒に持って行ってそれなりの露出条件に合わせたわけですが、とても安定した撮影結果でしたよ。
Scnleica3f0021_1

Scnleica3f0028_1

Scnleica3f0030_1

50年以上も昔のカメラとレンズなんですが、これなら安心して使えそうです。

« 初雪 | トップページ | LEICAⅢf その2 »

Summicron 50mmF2」カテゴリの記事

クラッシックカメラ」カテゴリの記事

135フィルムカメラ」カテゴリの記事

フィルムカメラ 外国製」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LEICAⅢf:

« 初雪 | トップページ | LEICAⅢf その2 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー