« リコーオートハーフE その3 | トップページ | 毎日寒いです »

2012年12月24日 (月)

ネオ1眼

コンパクトデジカメの中でも1眼レフのような格好をした物を「ネオ1眼」と呼ぶようです。
コンパクトと呼ぶには少し大きめですが、デジタル1眼よりは小さく軽く、大きめのグリップがあって、電子ファインダーが付いていて、それなりに高倍率のズームレンズで、多少の連写機能があって・・・などと言う感じです。

私が持っているものでは、古くはオリンパスのウルトラズームC700UZ辺りもそのジャンルに属すると思いますが、当時はまだ「ネオ1眼」などとは呼んでいなかったと思います。

今手元にあるネオ1眼です。
まずは左から、オリンパスのC730UZ、C720UZ、C700UZ
Pc240203_1

パナソニックのFZ20、FZ30、FZ50、FZ200
Pc240200_1

ミノルタZ2、カシオHF25、ニコンP510
Pc240206_1

ネオ1眼と名乗った元祖のフジフィルムの機種は持っていないんです。

どれも、気軽な鳥撮り用として買った物なのですが、大して使いこむ間もなく新製品に気をひかれていつの間にかお蔵入りしてしまいました。
一番良く使ったのはFZ30ですが、最新型のFZ200を使ってしまうと連写枚数や連写速度、高感度画質などの古さを感じてしまいます。

さらに、最近のネオ1眼はレンズが凄いですね。
24~1000mm相当とか24~1200mm相当などと言う、とんでもない超高倍率、超望遠のレンズで、しかも強力な手ぶれ補正機能が付いていますから、びっくりするほど簡単に超望遠の綺麗な写真が撮れてしまいます。

ニコンP510にてハクセキレイ
Dscn0508_1

ツグミ
Dscn0534_1_2

約50%にトリミング
Dscn0535_1

電柱チョウゲンボウ
Dscn0517_1

反対側から
Dscn0520_1

本当に簡単に撮れちゃいますね。
これまで鳥撮り用に投入した沢山の機材が、あほらしくなるほどですよ。
でも、まだまだ増えて行くと思いますが・・・。

« リコーオートハーフE その3 | トップページ | 毎日寒いです »

鳥撮り」カテゴリの記事

デジタルコンパクト」カテゴリの記事

雑感(ぼやき)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネオ1眼:

« リコーオートハーフE その3 | トップページ | 毎日寒いです »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー