« COLOR-SKOPAR 21mmF4 | トップページ | オリンパスOZ10 »

2013年2月 2日 (土)

ミノルタ Hi-MATIC SD その後

カビカビるんるんのレンズをちょっとだけ磨いてみました。
軽く分解して、前玉と、中玉まではクリーニングできたのですが、後玉の表にもわずかにカビがありまして、それがシャッター羽の後ろでしたので、さすがにシャッターを分解する気になれずそのままにしました。

でもそこそこに綺麗になったようで、撮影結果はこの通り。
Scnhimaticsd0035_1

Scnhimaticsd0041_1

Scnhimaticsd0047_1

Scnhimaticsd0050_1

Scnhimaticsd0052_1

遠距離の描写はしかたないですが、近距離~中距離の描写はよいですね。最後の石の質感などは良く出ていますよ。
このままでもう少し使ってみようと思います。

そうそう、以前の記事でHI-MATIC AFと同じレンズではないかと書いたのですが、どうも異なったレンズのようです。
HI-MATIC AFはシャッター羽の配置が後玉の後ろでした。

« COLOR-SKOPAR 21mmF4 | トップページ | オリンパスOZ10 »

135フィルムカメラ」カテゴリの記事

ジャンクカメラ」カテゴリの記事

フィルムカメラ ミノルタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミノルタ Hi-MATIC SD その後:

« COLOR-SKOPAR 21mmF4 | トップページ | オリンパスOZ10 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー