« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の34件の記事

2013年3月31日 (日)

マミヤC220にて

220フィルムでしたから、河津桜と薄墨桜、それからしだれ桜と、ずいぶん永くカメラの中に入ったままでした。
それがやっと撮り終え、現像出来ましたので貼り付けておきます。

55mmと80mmと105mmと180mmと、レンズはどれがどれだったか忘れました。

Scnmamiyac2200653_1

Scnmamiyac2200655_1

Scnmamiyac2200660_1

Scnmamiyac2200664_1

Scnmamiyac2200714_1

Scnmamiyac2200717_1

Scnmamiyac2200719_1

Scnmamiyac2200669_1

Scnmamiyac2200721_1_2

2013年3月30日 (土)

しだれ桜

カメラを数台持って、さくら会館へ

薄墨桜は満開を過ぎ、しだれ桜が5分咲き程度のタイミングでした。

NEX-5N+TANAR50mmF2
Dsc02914_1tanar

Dsc02916_1

Dsc02919_1

Dscn0823_1

Dscn0825_1


E-P2+MZD75mmF1.8
Ep263462_1

Ep263471_1

Ep263481_1

GXR+TOPCOR50mmF2
R0012579_1

R0012575_1topcor

2013年3月29日 (金)

アカハラ

以前から「いるよ」と聞いていたのですが、何度かそれらしい姿は見ていたのですが、やっと撮影できました。
でも、鳥撮り用の機材じゃなかったのですのよ。

G5+MZD75mmF1.8
P1000496_1

35mm判換算150mmですから、ちょっとどころかずいぶん長さが足りない感じです。

少しトリミングしてみました
P1000501_1

木の葉っぱの影に隠れようとしていますよ
P1000503_1

等倍までトリミング拡大
P1000504_1

P1000505_1

一応撮れましたね。
何年ぶりかのアカハラです。私はこれまでに3回程度しか見ていないですから、それなりに希少種なのかもね?・・・。

2013年3月28日 (木)

MZD75mmF1.8

マイクロフォーサーズのトップレンズ:オリンパスMZD75mmF1.8が、以前から試してみたくて、何度もネット価格を見ていたのですが・・・。
品薄なのか?中々手ごろな値段にならないまま1年ほど経ってしまいました。
と、そこへ、中古良品が・・・70K、
本来ならば、新品でこの価格になるまで待つもりだったのですが、我慢できなくなって手許に来てしまいました。

G5+MZD75mmF1.8
P1000421_1

P1000431_1

P1000436_1

E-P2+MZD75mmF1.8
Ep253400_1

Ep253417_1

Ep253442_1_2


「期待以上!」と言いたいところですが、期待が大きすぎて「な~んだ」と言うのが第一印象なんですよ。

2013年3月27日 (水)

緩い描写

プラナーのピント合わせが大変なので、それならばNEX-5Nの高精細EVFの拡大モードではどうかとチャレンジしていました。

NEX-5N+Planar85mmF1.4
Dsc02871plana8514_1

開放ではどんなにピント合わせを頑張っても、ジャスピンがつかめません。

そこでF2.8まで絞りこんでやるとピント合わせも楽になりました。
Dsc02874planar8514f28_1

しかし、折角の大口径だと思うと、絞って使うのはどうもつまらない感じですよね。
もっと被写体に近付いてはっきりと見えるようになればピントも合わせやすいのではないかと、少しチューブを挟んでみました。

絞り開放です
Dsc02882_1

なんと言うか、凄く線が細いと言うか?結像が緩いと言うか?シャープな輪郭が出ないですね。
何だかソフトレンズを使っているようなピント合わせの作業です。

で、ジャンクで拾ってきたテフノンのカビカビレンズ:500円と取り替えてみましたら、こちらの方がピントは合わせやすいのでした。

NEX-5N+TEFNON70-210mmF3.5 広角端
Dsc02887tefnon_1

でも、望遠端までズームアップすると、まるでソフトレンズ
Dsc02889_1

緩い描写ということで、もうひとつ。
先日のジャンクレンズのTANARで、超接近を試してみると。
やはり開放ではピントの山がつかみにくいです。

NEX-5N+TANAR50mmF2
Dsc02899tanar_1

F4まで絞って
Dsc02902_1

天気と被写体が難し過ぎたのでしょうかね?

ところで、本当のソフトレンズはどんな描写になるのかと、交換して見ると・・・。

NEX-5N+ケンコーソフト45mmF4.5
Dsc02895_1

Dsc02893soft45mm_1

Dsc02898_1

ソフトレンズの描写は、ちょっと違いましたね。
ピントが合わせにくいという点では同じなんですが・・・。

2013年3月26日 (火)

Zeiss Planar 85mmF1.4

ヤシ/コン-EOSのアダプターを手に入れた以上は、この1本は外せません。

Planar 85mmF1.4
Dscn0295_1

透き通った大口径のガラス
Dscn0297_1_2

京セラコンタックスはカメラをデジタル化しなかったものですから、どうしてもマウントアダプターに頼ることになるのですが、フルサイズはEOSしか対応できない感じなんです。
ところがEOSのファインダーでMFピント合わせしようとしても肉眼ではピントの山がつかみきれません。
ですから8514辺りのレンズは、被写界深度が激薄なので後でチェックするたびにがっかりすることが多いのです。
今回のZeiss Planar 85mmF1.4も同様で、何度合わせてもわずかにピントがずれてしまうのです。
結局ファインダーはあきらめまして、ライブビューの拡大モードで合わせてやりましたよ。

EOS5DM2+Planar 85mmF1.4
Img_2533_1pla8514

EOS5DM2+EF85mmF1.2
Img_2537ef_1

純正もPlanarも絞り開放では周辺減光が激しいですね。
でもF2.8まで絞りこめばすっきりしてしまいます。

絞りこんで同じ順番です
Img_2535_1

Img_2538_1

咲き始めの桜の花でもう一度

開放で
Planar 85mmF1.4
Img_2628pla8514_1

EF85mmF1.2l
Img_2607ef8512_1

おまけでニコンのAiAF85mmF1.4D
Img_2623nf8514_1

比較写真を撮るにしても、このレンズ達にふさわしい被写体が他に有るだろうと言われそうです。
いつもつまらない写真ばかりで、ごめんなさい。またそのうちには・・・。

2013年3月25日 (月)

Zeiss Distagon35mmF2.8 その2

Zeiss Distagon35mmF2.8を他の35mmと比較してみました。
カメラはフルサイズのEOS5DM2です。

Distagon35mmF2.8
Img_2306distagon_1

EF35mmF2
Img_2302ef_1

SAMYANG35mmF1.4
Img_2309samyang_1

開放ではどのレンズも周辺減光が大きいですが、Distagon35mmは極端に出ましたね。それに比べEF35mmは比較的穏やかですが、純正なのだから当たり前なのかな?

F5.6まで絞ってみました。同じ順番で
Img_2308_1

Img_2305_1

Img_2313_1

ほとんど差が無くなりましたね。

そのまま振り向いて、半逆光では
Img_2344distagon_1

Img_2340ef_1

Img_2343smyang_1

色が違って見えるのは、フィルターのせい?コーティングの違い?
程度のことしか私には区別できません。
またまた下らない写真ばかり撮ってしまいました。

2013年3月24日 (日)

まだいましたジョウビタキ

先日、北へ帰って行ったと思ったジョウビタキですが、寒さがぶり返したせいかまだ我が家の庭に居ました。
庭木の剪定をしたり腐葉土の入れ替えをしていましたら、餌の虫がいるのでしょうね、大変慣れた様子で私の周りを飛び回り、今度はしっかり被写体になってくれましたよ。

α55+タムロン70-300mmUSD
Dsc05351_1

Dsc05436_1

Dsc05472_1

Dsc05478_1

Dsc05567_1

Dsc05580_1

Dsc05617_1

Dsc05652_1

ちょいトリミングしてみました
Dsc05666_1

Dsc05760_1

Dsc05768_1

Dsc05777_1

Dsc05791_1

Dsc05820_1

Dsc05825_1

Dsc05849_1

約1時間、お疲れ様でした。こちらは仕事が後回しになってしまいました。

YASHICA DSB 28mmF2.8

ヤシカのレンズをもう1本

私の好きな28mmレンズです。
P1050601_1

5DM2に付けると、細身で、とてもコンパクトですね。P1050599_1

試し撮り、5DM2+ヤシカ28mmF2.8にて
Img_2383_1

ほぼ最短撮影距離にて
Img_2377_1

絞り開放にて
Img_2378_1

ちょいと絞って
Img_2380_1

絞り開放では少し緩い感じですが、1段絞ればきりっとしますよ。
でも開放の緩い描写が好きだったりします。
Img_2405_1

Img_2396_1

しかし実はこのレンズ、無限遠までレンズを下げると、EOS5DM2のクイックリターンミラーと干渉するのでした(APS-CのEOSなら問題なさそうですが)。
ペンタックスのタクマーレンズでも良くあることでしたが、広角系のレンズでは後玉が案外後ろぎりぎりにいて、フルサイズEOSの大きなミラーとは合わないのですよ。
たぶんペンタックスやコンタックスのミラーは少し小さいのですね。
どうしても遠景が撮りたい場合は、割り切ってミラーアップのライブビューで使えば良いのでしょうね。

2013年3月23日 (土)

桜が咲き始めましたね

テレビのニュースでは東京は満開とか、今年はずいぶん早いですね。

それで、我が家周辺もちらほら咲き始めました。

EOS5DM2+EF85mmF1.8USM
Img_2613ef8518_1

いつもの公園では、梅が終わる前にしだれ桜が
EOS5DM2+EF85mmF1.2L
Img_2568_1

Img_2528_1

こちらは別の種類でしょうか、満開です
Img_2544_1

そうそう忘れていました。
これまた別の公園の河津桜も撮っていました

RICOHFLEX7s
Scnricohflex7s0605_1

Scnricohflex7s0604_1

中判フィルムで梅撮りに行った帰りだったんですよ
Scnricohflex7s0602_1

Scnricohflex7s0601_1

フィルムの現像に時間がかかってしまって、もう時期を逸してしまった感じですが・・・
P1050589_1

MAMIYA C220+105mmF3.5
Scnmamiyac220105mm0610_1

Scnmamiyac220105mm0611_1

露出倍数なども十分理解できたようで、接近戦でもうまく撮れました。
P1020976_1

C220+180mmF4.5
Scnmamiyac220180mm0606_1

さて今年の桜はどう撮ろうかな?

YASHICA ML MACRO 55mmF2.8

ヤシ/コン-EOSのアダプターを手に入れた以上は、レンズをもう少し増やさないとね。
レンズよりアダプターの方が高いなんて本末転倒ですから・・・???

と、屁理屈をつけて、これ。
P1050594_1

ヤシカの55mmマクロレンズ
P1050593_1

1/2倍マクロですが、かなりいけますよ
P1050595_1

EOS5DM2+ヤシカ55mmF2.8マクロ
Img_2398_1

Img_2397_15528

Img_2402_1

少し離れて
Img_2406_1

Img_2411_1

Img_2414_1

どうです、まずまずの描写ですよね。

2013年3月22日 (金)

TANAR50mmF2

ジャンクかごに珍しいレンズがありました。2k
Imgp0195_1

ライカLマウントのレンジファインダーのレンズです。
Imgp0193_1

田中光学のTANAR50mmF2
Imgp0194_1

薄汚れてレンズ内も、なにやらもやもやした感じでしたが、貰って来ました。
ネットで調べると、コピーライカとしては二流品のようですが、玉数が少なく案外希少価値がありそうな代物のようです。

一応レンズの前後ろをクリーニングしてやったら、なんとなく見られそうな感じになりました。

ちょっと試し撮りして見ましょう
GXR+TANAR50mmF2
R0012484tanar_1

比較用にGXR+JUPITAR50mmF2
R0012489jupit_1

ちょっとフレアー気味でTANARの方がコントラストが低いですね。

少し絞って1mまで近寄ってみます。
同じ順番で
R0012501_1tanar

R0012496_1

少し良くなりましたかね。

普通のレンジファインダーでは最短距離はここまでですが、このTANARはもっと近寄ることができました。
Imgp0196_1

距離計の連動しない1.5Feet(約45cm)まで
R0012511_1

これは、ライブビューカメラでなら使いやすいですね。
それに、フレアーさえ気を付ければ結構鮮明に写るようです。

1段絞ると背景も落ち着きますし
R0012521_1

2段絞るとぐっと鮮明になります
R0012534_1

次は少し遠景を

逆光ではゴーストが
R0010179_1

手でハレ切りすると納まります、が
R0010182_1

こんなシーンでもフレアーが
R0010177_1tanar

R0010185_1

一緒に持っていったNEX-5+TOPCOR50mmF2では
Dsc02861_1topcon

Dsc02867_1topcon

トプコールは本当に良く写りますね。いまだに人気が高いわけですよ。

それに比べてTANARは、昔の二流メーカーの格安レンズで、さらにジャンク品ですから、歴然とした描写の差があります。
でも、味があるということでは、TANARの方が面白いですね。
これだから、レンズ遊びはやめられないのですよ。

2013年3月21日 (木)

春の花撮り 2

暖かな南風が吹いてきたら一気に花たちが勢いづきましたね。
今度は、ジャンクレンズで家の周りを一回りしてみました。

EOS5DM2+VIVITAR135mmF2.8
Img_2273_1

Img_2276_1

Img_2277_1

Img_2279_1

Img_2283_1

Img_2287_1

Img_2282_1

2013年3月20日 (水)

京セラZeiss Distagon35mmF2.8

前後キャップが無く、ジャンクかごにころがっていました。
見たところ目立つ傷もなく、ちょっと汚れているだけで、ヘリコイドのトルクも感触良く回りました。
Imgp0190_1

「コンタックスだよ~、アダプター持ってないから、使えるカメラが無いよ~」とぼやいてみましたが、T*の赤い文字が気になってお持ち帰りとなりました。
Imgp0191_1

結果、ヤシコン用アダプターを新調しまして、EOSに装着
Imgp0188_1

EOS5DM2にて試し撮りです
Img_2250_1

Img_2251_1

Img_2256_1

Img_2269_1

無限遠も問題なく、普通に使えてしまいました。大変素直な描写ですね。

ジャンクレンズ

これまでこのブログではカテゴリーとして「ジャンクカメラ」に入れていたのですが、どうやらカメラとは別にレンズのジャンク品も沢山持っているようなので、新たに「ジャンクレンズ」と言うカテゴリーを追加しました。
古い記事も遡って「ジャンクレンズ」カテゴリーに置き換えようと思っていますが、かなり手間のかかる作業なので、やり終えることができるかどうか判りません。
そもそも、どこからジャンクなのかそうではないのかが、私の中であいまいになっているので簡単ではないのでした。

と言うことで、とりあえず最近手に入れたジャンクレンズの紹介です。

Vivitar135mmF2.8
Imgp0186_1

MADE IN JAPANと刻印されたビビターブランドのレンズです。
M42マウントでしたが、アダプターでEOSに付けてみました。
Imgp0184_1

組み込みタイプのフードが付いています。
Imgp0187_1

外観はやつれていますが、どこか故障していると言うことではないようです。M42のマイナーブランドでは、もう誰も見向きもしない状況になったと言うことでしょう。

撮影結果です
Img_2150_1

Img_2152_1

Img_2156_1

Img_2164_1

Img_2160_1

普通に綺麗に写ってしまいますね。
ですから、普通では面白くないと言うことですよ。

2013年3月19日 (火)

2013年 ツバメが来ましたね

地元の商店街、路上に黒っぽい小鳥のシルエット
R1008824_1

トリミング拡大
R1008824_2

露出補正してもう一度
R1008828_1

シャッター速度が足りなくなってぶれちゃいましたがR1008829_1

間違いなくツバメでした
R1008830_1

昨夜の南風で一気に到着したのかな?
まだ旅の疲れが残っていたようで、休憩中と言う感じでしたよ。

最近の鳥撮り

あまり真剣に機材を持ち出しての鳥撮りはしていないのですが、ご近所の鳥さんをアップしておきます。

今年やっと撮れたシロハラ
Dsc_1128_1

別の個体です
P1030006_1

P1030073_1

裏の畑のツグミ
Dscn0822_1

ごちそうを食べているヒヨドリ
Dscn0767_1

河津桜の蜜を目当てに来たメジロ
P1030105_1

P1030112_1

そうそう、写真は撮り損ねましたが、我が家に来ていたジョウビタキが最後のあいさつに来ました。
数日前の良いお天気の日のこと、私が庭の手入れをしていると、とてもスリムな体つきをしたジョウビタキが、目の前1mの杭に止まって、それから隣の杭とか木の枝とかブロック塀とかをたどって私を一周りして、「お世話になりました。」と言ったと思うのですが、パッと飛び去りました。
私は、「また来年も来てね。」と声をかけたのですが、聞こえたかどうだか判りません。
無事に北に帰れると良いですね。

2013年3月18日 (月)

春の花撮り

ニコマートのお供で持ち出したのですが、久しぶりにニコンのデジ1眼を引っぱり出しました。
花撮りといっても桜の花ではありません。

D700+60mmマクロにて
Dbb_2760_1

Dbb_2773_1

Dbb_2784_1

D5100+VR18-55mm(ジャンク自家修理品)にて
Dsc_1173_1

Dsc_1176_1

Dsc_1181_1

ついでに、ニコンのコンデジP510も
Dscn0790_1

Dscn0801_1

Dscn0813_1

花屋さんの店先も春の花盛りですね。

2013年3月17日 (日)

Nikomat FT2 その4

今度はISO100のリバーサルフィルムです。
レンズは50mmと24mmを持って出かけたはずですが・・、他にも何かあったかも

AUTO50mmF1.4など
Scnnikomatft20101_1

Scnnikomatft20102_1

Scnnikomatft20103_1

Ai24mmF2S
Scnnikomatft20104_1

Scnnikomatft20106_1

Scnnikomatft20109_1

Scnnikomatft20111_1

Scnnikomatft20112_1

Scnnikomatft20114_1

それで、実はキヨハラソフトの50mmF4.5(VK50R)を手に入れたので、試し撮りもしていました。
Scnnikomatft20117_1

Scnnikomatft20118_1

Scnnikomatft20119_1

Scnnikomatft20121_1

後は適当に貼り付けておきます
AiS24mmF2
Scnnikomatft20125_1

Scnnikomatft20126_1

Scnnikomatft20127_1

Scnnikomatft20130_1

50mmF1.4
Scnnikomatft20132_1

Scnnikomatft20136_1

Scnnikomatft20137_1

2013年3月15日 (金)

ハッセルブラッドの180mmF4 その2

180mmと言うと、シグマの180mmF3.5マクロが、ちょうど似たような縦横サイズでEOS用を持っていました。
そこでこの2本の比較

EOS5DM2+SONNAR180mmF4にて
Img_2119_1

EOS5DM2+SIGMA180mmF3.5マクロにて
Img_2121_1_2

同じ順番で
Img_2134_1

Img_2141_1

レンズの重さが1210gと990gという差がありますから、どうしてもSONNARの方が前下がりになってしまいますね。
シグマはAFで使っていましたから、ピント位置が2本で少しずれているようです。
しかし、どちらもヌケが良くかなり鮮明な描写をしますよ。

ところで明るさの件ですが、今度はシグマの方が、同じF値では速めのシャッター速度で撮影しました。
シャッター速度を合わせると、当然シグマの方が明るく写りました。
カメラを変えてみても同じでした。

EOSKissX4+SONNAR180mmF4
Img_4934_1

EOSKissX4+シグマ180mmF3.5マクロ
Img_4937_1

どうやらフォーカス方式の違いで実質的なレンズの明るさが異なってしまうようです。
全群繰り出し方式では、近距離時に露出倍数がかかることがありますよね。
フォクトレンダーの180mmF4SLは近接時にかなりレンズを繰り出しますし、このゾナーも全群繰り出しタイプですので、シグマのようなインナーフォーカスに比べて暗くなってしまうと言うことのようです。
それから、絞った時の背景ボケですが、点光源が五角形になってしまうところがちょいと残念ですね。
フォクトレンダーもシグマも9枚羽で綺麗な円形でF5.6まで頑張っていますからね。

EOSKissX4+SONNAR180mmF4 絞りF5.6
Img_4949_1

と、色々比較をしてみましたが、元々がジャンクかごからの掘り出し物ですから、これだけ写れば文句なしでしょう。
しかし、重い!これだけ重くてはレンズ側に三脚座でも用意しないと、自作のマウントアダプターが外れて、またまた落下事故を起こしそうですよ。

2013年3月14日 (木)

ハッセルブラッドの180mmF4

先日、ジャンクかごに珍しいレンズが・・・、
中判カメラのハッセルブラッドのレンズがころがっていたのです。
P1020453_1

一目で「ハッセル!」と判る存在感で、同時に「なぜジャンクかごに?」と言う疑いの感覚が・・・。
で、手に取ってみると、ずっしりとした重量感と質感が感じられ、レンズを覗きこむとZEISSゾナーなのだ!と思わせる透明感。
P1020451_1

ドイツ製です
P1020454_1

スウェーデン製のフィルターが付いています
P1020455_1

「これは本物だ!」「誰が?」「なぜこんなところに?」と不思議な感じだったのですよ。

さて、いったいどこが悪くてジャンクになったのかと冷静に見直すと、どうやら落下させてしまった物のようでした。
フィルター枠の破損、ピントリングに打痕、それから内部にも影響があってピントリングが空振りしてヘリコイドとうまくリンクしないとか、鏡筒を振ってみるとカタカタと何かが外れている音がしたり・・・。
間違いなくジャンク品です。
私はハッセルに手を出す気は無いし、高いアダプターを買ってまでこのレンズを使おうとは思わないし、そもそも使い方も良く判らないし、と言うことで一旦は購入を見送ったのでした。

・・・が、しばらく経ってもだれも持って行かない状況と、覗きこんだレンズの透明感が、「このまま放っておいては可哀想」という思いに替わって、意を決して購入となりました。
「意を決した」というのはつまり、「自分でアダプターを作れば、安上がりにゾナーが楽しめるゾな~」と言うことです。

アダプターはレンズキャップとボディーキャップを連結して中央部に大きく孔開けすれば製作できます。
幸いジャンクレンズにはリヤレンズキャップが付いていましたし、一番フラットで大きなボディキャップとしてはEOS用が余っていますので、それを使えばよいと言うことで、ちょいちょいと簡単に出来てしまいました。
(簡単と言っても、それなりに道具や知識が要るのですが・・・)
脱落防止とフランバック調整のため、両面テープやアルミテープやソフトパッドテープなどを駆使してでっち上げたと言うのが本当のところですがね。

完成品(無限遠を修正したので現時点はEOS専用です)
Img_2121_1

撮影結果です。

EOS5DM2+SONNAR180mmF4にて
Img_2021_1

Img_2038_1

Img_2046_1

なんだかそれらく写りますね。
まともな中古を買えば20万円以上、難有りでもジャンクかごでなければ5万円はしそうな高級レンズですからね。
ちなみに、コシナのZVレンズでは49万円の定価が付いていますが、それがなんと2000円で手に入ってしまいました。

さて、180mmF4といえば、私の在庫にフォクトレンダーのマニュアルレンズがありました。
ちょっと比較して見ます。

SONNAR
Img_2078_1

APO-LANTHAR(PKマウントを小細工して使いました)
Img_2081_1

同じ順番で
Img_2084hb180_1

Img_2089_1


Img_2091_1

Img_2098_1

差があると言えばそうなのですが、実のところ良く判りません。でもデータを見ると、同じF4でも1/3段ほど明るさが異なるようなのです。
同程度の露光結果の写真のデータを見ると、ゾナーの方がシャッター速度が速いのです。実質的な開放F値が異なっていると言うことのようですね。
イメージサークルの異なるレンズですから、そんなこともあるのかな?と思いながら、もう少し比較を続けてみることにしました。

2013年3月13日 (水)

期限切れフィルム その4

フィルムの在庫をチェックして見たら、120フィルムの他にも220フィルムの期限切れが出てきました。
他所から入手した期限切れフィルムをもてあましているうちに、自前の在庫に影響が出てきてしまったということです。
フィルム代はタダ同然でも現像代が高くつきますから、フィルムの在庫を増やすと大変なことになりますね。
110フィルムやAPSフィルムは、初めから期限切れを覚悟して在庫していますが、今後生産終了銘柄が続々と出てきますので、早めに冷凍保存を考えないといけないかもしれません。有効期限を気にせずに使いたい時に解凍してやると言う方法です。
しかしその時、現像代がどうなっているか???考えるとちょっと恐ろしいことになるかもしれません?

マミヤC220+55mmF4.5にて
Scnmamiyac2201101_1

Scnmamiyac2201104_1

Scnmamiyac2201105_1

Scnmamiyac2201113_1

Scnmamiyac2201115_1

Scnmamiyac2201119_1

RICHARD6にて
Scnrichard60131_1

Scnrichard60132_1

Scnrichard60138_1

WESTER6(6×4.5フレーム)にて
Scnwester6r0351_1

Scnwester6r0353_1

Scnwester6r0358_1

Scnwester6r0367_1

こんないいかげんな写真ばかりでは、フィルムの無駄遣いですね。

そうそう、でも次の写真は真剣に撮りましたよ。

C220+180mmF4.5の最短撮影距離にて
Scnmamiyac2201123_1

レンズ前面にピントぴったりでしょう?
ボディ:1000円とレンズ:1000円、合わせて2000円也の感動ジャンク品の記念写真でした。

2013年3月12日 (火)

期限切れフィルム その3と言うのか?な???

また期限切れのフィルムを頂きました、ベルビア50です。
ISO感度50のフィルムは初めて使います。
スローシャッターを切るような被写体を探すのは面倒なので、明るいレンズを選らんで使うことにしました。
「どうせなら滅多に開放で使わないレンジファインダーの大口径レンズ」と言うことでズマリット50mmF1.5をライカ3fに付けてみました。
P1020448_1

ところが、いかに感度が低いと言ってもISO50ではISO100と比べて1段分ですから、日中屋外で開放まで絞りを開けることはなかなかできませんでした。
ライカの最速シャッターが1/1000秒と言うのが、そもそも無理があったわけです。

たぶん絞りF2で撮ったもの
Scnleica3f1052_1

これは開放だったかな?
Scnleica3f1055_1

Scnleica3f1057_1

それで、大口径レンズを開放で使うことは諦め、絞りこんでみたり、もっと暗いレンズに交換したりして、一気にフィルムを使いきってしまいました。

Summarit50mmF1.5にて
Scnleica3f1062_1

Scnleica3f1064_1

UWH12mmF5.6にて
Scnleica3f1067_1

Scnleica3f1069_1

Scnleica3f1072_1

COLOR-SKOPAR21mmF4にて
Scnleica3f1077_12140

Scnleica3f1080_1

Scnleica3f1081_1

ELMAR90mmF4にて
Scnleica3f1083_1

Scnleica3f1085_1

Scnleica3f1087_1

快晴でしたから、1/100秒でF8を基準に山勘で適当に補正してやりましたが、どのレンズもそれなりに撮れていましたよ。リバーサルフィルムでは上出来の結果です。

フィルムが賞味期限切れでも、問題なく撮れることもあるわけです。

2013年3月11日 (月)

Nikomat FT2 その2

ニコマートの調子が良さそうだったので、今度はリバーサルフィルムを入れてみました。
レンズは手許にある中で比較的古そうなAiの50mmF1.4と35mmF2、それから24mmF2を持って出かけたのですが・・・、
P1020446_1

新たにジャンクかごから引き取った非Aiの50mmF2というニコマートの標準レンズだったらしいものとか、AUTOの時代の50mmF1.4も参加しまして、それぞれどのレンズで撮ったのか忘れてしまいました。

以下適当に貼り付けておきます
Scnnikomatft20052_1

Scnnikomatft20054_1

Scnnikomatft20060_1


Scnnikomatft20062_1

Scnnikomatft20070_1

Scnnikomatft20072_1

Scnnikomatft20076_1

Scnnikomatft20080_1

Scnnikomatft20082_1

Scnnikomatft20084_1

カメラの露出計ではオーバー気味かと思いながら撮影したのにまだまだアンダーに写っていたり、その逆だったりと、やはりリバーサルでは露出加減が悩ましいですね。
フィルム自体を見ると少しアンダー気味の方が深みがあって美しく感じるのですが、スキャナーに掛けると思ったようには読みとらないので益々悩ましくなってしまいます。
昔のカメラマンはこんな調子で、何度も試行錯誤しながらカメラの癖を覚えるとか、被写体と光の具合で露出補正するとか、経験を積み上げて撮影していたのですよね。

2013年3月10日 (日)

Ikonta 520 その5ということで

イコンタにも白黒フィルムを入れてしまいました。

岡崎城の続きです。
Scnikonta0751_1

Scnikonta0753_1

Scnikonta0756_1

Scnikonta0757_1

Scnikonta0758_1

Scnikonta0765_1

たまには、白黒もいいね。

2013年3月 9日 (土)

リコーフレックスⅦS その3

白黒フィルムも期限切れになっていました。
ついつい後回しにしているうちに賞味期限切れになってしまいました。

T-MAXという現像代が高い奴ですから、尚更使いにくかったんですね。
Scnricohflex7s0552_1

Scnricohflex7s0553_1

Scnricohflex7s0555_1

Scnricohflex7s0561_1

Scnricohflex7s0557_1

リコーフレックスのレンズのおかげか?T-MAXのおかげか?なんだかうまく写りましたね。

まだ残っているような気がする。

2013年3月 8日 (金)

Ikonta 520 その3かな?4かな?

期限切れフィルムのために、もう1台引っぱり出しました。

IKONTAでKissX4とリコーフレックスの記念写真
Scnikonta0707_1

目測のピント合わせなので、近距離ではちょっと甘いことがあります。
Scnikonta0706_1

それから、暗い場面では絞れないので、さらに厳しいですね。
Scnikonta0710_1

でもうまく当たるとやっぱり良いですね。
Scnikonta0711_1

これも記念写真かな
Scnikonta0717_1

それにしても、ネガの120フィルムの現像に10日以上掛ってしまうとは、フィルムカメラにとっては、なんとも困った時代になって来ましたね。
120フィルムのリバーサルの方は、まだ少しましらしいですがね。

2013年3月 7日 (木)

リコーフレックスⅦS その2

コダックのエクター100が賞味期限切れになっていました。
120フィルムです。

といことで、急いで使ってしまいました。
Scnricohflex7s0501_1

Scnricohflex7s0502_1

Scnricohflex7s0507_1

Scnricohflex7s0509_1

もったいない使い方かも知れませんね。
でもリコーフレックスのレンズは本当に良く写りますね。
あれ?まだ残っていたかな?

2013年3月 6日 (水)

梅撮りに行ったらウソが

そろそろ綺麗になっただろうと別の梅林を覗いてみると、まだまだの状況。

GXR+ズマロン35mmF3.5
R0010171_1

他の花はどうかと公園内を見て回ると、しだれ桜にウソの群れが。
「え~!今日は長いのを持ってこなかったぞ!」「久振りのウソだから、なんとか証拠写真を」・・・・、
しかたなく持っていたレンズの中で一番の望遠:90mmで

GXR+エルマー90mmF4
R0012452_1

50%にトリミング
R0012452_2

R0012455_1

R0012456_1

しだれ枝のおかげでウソが逃げなくて距離は十分に近いのだけど、トリミングしても換算300mm足らずではどうしようもないですね。

それで、ポケットのコンデジCX3に持ち替えて、50%トリミングすると換算600mm。

これならどうだ
R1008639_1

R1008660_1

R1008665_1

今度は、枝にピントを持って行かれちゃいました。
まあ、しかたないですね、証拠は撮りましたから。
桜の花の新芽を食べているという証拠ですよ。

2013年3月 5日 (火)

ウルトラワイドヘリアー12mmF5.6

ライカスクリューマウントのUWH12mmF5.6です。
P1020442_1

普段はAPS-CサイズのGXRやR-D1sとかマイクロフォーサーズで使っていますが・・・。

本来の画角、35mmフルサイズで使うと広いですね。
Scnleica3f1017_1

Scnleica3f1019_1

Scnleica3f1022_1

Scnleica3f1023_1

ただ、それだけの話でした。

2013年3月 4日 (月)

ここ数日の好天で一気に華やかに

いつもの公園の梅林です。白い梅もかなり咲き始めました。

GXR+カラスコ25mmF4
R00101432540_1

GXR+カラスコ21mmF4
R00124662140_1

GXR+UWH12mmF5.6
R0012473_1

R0012474_1

快晴でしたから、補正具合が・・・。

GXR+ズミクロン50mmF2
R0012462_1

R0012464_1

まだちょっと寒いですね。

クラッシクカメラか?

LeicaⅢfとSummicron 50mmF2沈胴タイプ。
P1020440_1

どちらも私と同い年の年寄り機材です。もうクラッシクカメラと呼ばれるものでしょう。

コダックISO100ネガにて
Scnleica3f1005_1

Scnleica3f1002_1

Scnleica3f1024_1

Scnleica3f1025_1

もっと古いレンズ達も使えますから、この程度ならまだまだイケますね。

2013年3月 2日 (土)

やっと

梅が咲き始めましたよ。

いつもなら1月の内に咲き始めて今頃は満開を過ぎているのですが、今年は寒さが長引いたのか、2月末になってやっとこんな感じになりました。

一番元気に咲いている木です
Dbb_2751_1

Dsc_0930_1

ちょっと色の違う木です
Dsc_0932_1

まだまだの木も
Dsc_0928_1

白いのはまだチラホラとまでいかない感じでした。

白い梅と言うと、鑑賞用ではなく実を採る梅の木は、どこも2月中にもう剪定を済ませてしまいますね。
そういえば、どこの公園も今頃は、梅に限らず色々な樹木の手入れの真っ最中ですけれどね。
Dsc_0916_1

Dsc_0922_1

さて私は、自宅の庭の木々の剪定をしなければいけないのですが・・・、確定申告が片付いたら始めましょうかね。

2013年3月 1日 (金)

トリミングするから高画素機が良い?

鳥撮りの場合は、レンズを長く大きくしていくには体力的金銭的につらいものがあるので、カメラを高画素機にしてトリミングした方が効果的だと思っていました。
その意味ではデジ1眼の高画素化は意味があったと思います。
16M機で50%程度までのトリミングなら4M分残りますから、A4サイズのプリントにも耐えられますからね。
しかし、コンデジ12M機のFZ200では、デジタルズームで3M相当の画から12Mのデータを生成させてしまうのですが、これはちょっと無理があると感じました。
ニコンの1000mm望遠P510の場合も同様に、デジタル2倍ズームした場合でも16Mのデータを生成させてしまうので、なんとなく鮮明度に欠ける感じがします。
まあ鑑賞サイズが大きくなければどちらも綺麗に見えるのですが、トリミングだと割り切って画素数が小さくなる方が本来のようにも思いますね。

などと解かったようなことを書いてみましたが、実際にはデジタル―ズームした上に、更にトリミングしてしまったりと、結局使ってしまえばどちらでも構わないと言うことでしょうか。

FZ200でシメ、後加工のトリミングです
P1020939_1

P1020941_1

P1020942_1

P1020947_1

P1020945_1

初、トモエガモ、デジタルズームで1200mm相当
P1020878_1

P1020900_1

デジタルズームさせずに、後からトリミングしたもの
P1020866_2

P1020869_2

まあ、こんなところです。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー