« 若芽?の頃 | トップページ | 花撮りいろいろ »

2013年4月16日 (火)

TESSAR45mmF2.8

京セラZEISSのTESSAR45mmF2.8を手に入れました。
Img_2747_1

よく考えたら、ZEISS IKONのCONTESSAのレンズが同じTESSAR45mmF2.8でした。
Scneos6500317_1

古いドイツ製と中ぶるの日本製の2本のテッサーの描写の違いは如何ほどかと、同じフィルムを入れて撮り比べてみました。

お供はEOS5DM2+EF40mmF2.8でした
Scncontessa0813_1

ヤシカ/コンタックスマウントなので、アダプターでEOS650に付けましたが、例のごとく無限遠では後玉周辺がミラーと干渉します。
その辺りは十分理解したうえでのアダプター遊びです。

EOS650+TESSAR45mmF2.8
Scneos6500301_14528

CONTESSA
Scncontessa0801_1

EOS5DM2+EF40mmF2.8
Img_2733_1

以下同じ順番で
Scneos6500310_1

Scncontessa0806_1

Img_2737_1


Scneos6500316_1

Scncontessa0812_1

Img_2744_1


Scneos6500318_1

Scncontessa0814_1

Img_2749_1

またまた下らない写真ばかりでしたね。

画角が異なって見えるのは、CONTESSAの撮像面積が今の24×36よりもかなり広いからなんですが、それよりも露出条件を合わせたつもりでも、実質の露光具合がかなり異なってしまって、どう見ても何の比較にもならない結果でしたよ。

結局、テッサーって、小さくて軽くて安上がりに作れるのに、しっかり写ると言うレンズなんですね。
マニュアルフォーカスさえちゃんと出来れば、気軽な機材ということですが・・・。

EOS5DM2+TESSAR45mmF2.8
Img_2783_1

Img_2786tessar4528_1

Img_2794_1

Img_2803_1

ミラーアップしてライブビューでのピント合わせが安心です。

« 若芽?の頃 | トップページ | 花撮りいろいろ »

デジタル1眼EOS」カテゴリの記事

クラッシックカメラ」カテゴリの記事

EF 40mmF2.8 STM」カテゴリの記事

フィルムカメラ キヤノン」カテゴリの記事

フィルムカメラ 外国製」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TESSAR45mmF2.8:

« 若芽?の頃 | トップページ | 花撮りいろいろ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

カテゴリー