« 八重桜が満開 | トップページ | Hi-MATIC 11 »

2013年4月19日 (金)

TESSAR45mmF2.8 その2

手持ちの在庫について調べてみると、京セラZEISSのTESSAR45mmF2.8以外にも「テッサ―タイプ」の45mmF2.8と言うレンズを持っていました。

リコーKマウントのマニュアルレンズとニコンのCPU入りマニュアルレンズです。
Dsc03110_1

どちらもパンケーキレンズと呼ばれる薄型レンズです。

ちょっと撮り比べてみました。

NEX-5N+Tessar45mmF2.8
Dsc03104_1

NEX-5N+XR RIKENON45mmF2.8
Dsc03106_1

NEX-5N+NIKKOR45mmF2.8P
Dsc03108_1

本当はフルサイズでやりたいところですが、EOSではミラーが干渉しますし、フィルム1眼を持ってきても露光具合が合わないことが多いので、ここはNEX-5Nを使いました。

以下同じ順番で
Dsc03113_1

Dsc03115_1

Dsc03117_1


Dsc03125_1

Dsc03127_1

Dsc03129_1

切れ味の鋭さと言うことでは、NIKKORが一番でしょうか?次がTESSAR。
RIKENONはちょっと甘い感じです。
それぞれ新品、中古良品、中古並品での購入ですから、値段なりの出来栄えと言うことです。
それから、RIKENONはほんのわずかですが画角が狭い感じがしますね(アダプターで装着していますから、正確なところは判りませんが・・・)。

Dsc03131_1

Dsc03134_1

Dsc03137_1

Dsc03140_1

Dsc03143_1

Dsc03146_1

そうそう、はっきりとは言えないのですが・・・。
NIKKORとRIKENONでは判らないのですが、京セラTESSARは絞りによってピント位置が移動するようなんです。
開放で合わせて、絞りこむとピント中心が後ろにずれるだけでなく、初めに合わせた部分がピンぼけになってしまうのですよ。
ライブビューの拡大モードでピント合わせするのだから、初めから絞っておけば問題は無いのですがね。

と言うことであれこれ試してみた結果、わざわざ京セラのTESSARを買わなくても、ほとんど同じレンズを持っていたと言う落ちでした。
またまた余計な機材が増えてしまったと言うことですわ。

« 八重桜が満開 | トップページ | Hi-MATIC 11 »

レンズ 一般」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TESSAR45mmF2.8 その2:

« 八重桜が満開 | トップページ | Hi-MATIC 11 »

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

カテゴリー