« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の18件の記事

2013年5月30日 (木)

花撮り

とうとう梅雨入りしてしまいましたね。
今年の5月は好天に恵まれていたので野外の仕事はずいぶん片付いたのですが、ちょっと暇になったと思ったら今度は梅雨入りが早くて、写真撮影に出かけられません。
しかたなく庭の草花を適当に撮って気を紛らせていました。

EOS5DM2+EF100mmマクロIS
Img_2869_1

Img_2870_1

Img_2874_1

Img_2882_1

K-5+SMC-A70-210mmF4
Pk5_2550_1

Pk5_2559_1

Pk5_2563_1

Pk5_2577_1

雨降りでも出かけてしまえば写真を撮るのですがね、以前ほど「どうしても撮りたい!」という欲求が湧かなくなってきたことも確かなんですよ。
歳を取ったのかなぁ?

2013年5月23日 (木)

最近の鳥撮り

田植えが終わった近所の田んぼを周ってみました。

フェンスにセッカが
K52s1059_2

トリミング拡大
K52s1059_3

おっと、頭上にヒバリ
K52s1073_3

またまた等倍までトリミング拡大
K52s1074_1

おや?カルガモが何か挨拶している?
K52s1087_1

K52s1091_1

話がまとまったので、一緒に食事です
K52s1094_1

振り返ると、転作の麦畑ではキジが
K52s1105_1

またまたトリミングして等倍まで拡大
K52s1102_1

帰りがけに珍しい鳥さんが!久しぶりのタシギですね!
K52s1183_2

等倍まで拡大
K52s1132_1

K52s1147_1

あれ?奥のあぜ道にもまだ数羽いますね
K52s1196_1

さすがに遠すぎて良く見えませんね。

おまけです。季節の物なので・・・。
K52s1233_1_2

撮影機材は、すべてK-5Ⅱs+シグマ50-500mmOSでした。

2013年5月22日 (水)

無題

写真の整理をしていたら、捨てるに忍びないコマがあったので、ちょいと貼り付けておきます。

GXRとレンズ色々で撮っています。
R0012785_1

R0012792_1

R0012786_1

R0012790_1

R0012794_2

R0012775_1

どのレンズだったのか覚えていないのが残念ですね。
GXRでは、カメラに登録してEXIF記録する方法もあるのですが、面倒臭いのでやっていません。
仮に登録しても呼び出すのを忘れてしまいそうなので・・・、まったく無精者には困ったものです。

2013年5月21日 (火)

NEX-5NとGXRも一緒に

R-D1sの復活に合わせて、NEX-5NとGXRも一緒に持ち出していました。
R1009387

ピント精度を気にしなければ、当然ですがレンジファインダー機のR-D1sが撮影テンポは速いです。
でもマニュアルフォーカスレンズのピント精度を気にして使う場合はNEX-5Nが一番ファインダーが見やすく使いやすい感じですね。
それで、撮れた写真の美しさとなると、私はGXRが好みかな。
特に広角レンズの時の描写がいい感じなのですよ。

まあ、そんな能書きとはあまり関係なく、どのカメラも使っていますが、そんな印象なのです。

NEX-5N
Dsc03204_1

Dsc03206_1_2

Dsc03216_1

GXR
R0012820_3

R0012825_3

R0012826_3

R0012830_3

あ!同じシーンばかりでつまらなかったですね。

2013年5月20日 (月)

R-D1sの修理

故障したR-D1sを修理に出しました。
電子シャッターが切れなくなったのでどうしようもなくて、メーカーに見てもらうことにしたのですが・・・。
エプソンの見積もりは約40K!?。・・・高Kぁ~い!!!。

でも、新型に買い換えるほどのレベルではないのですよ。
6年以上も使ってきて故障したのですから、寿命だと言えばそうなのですよ。
元値が異常に高価でしたから、何とかならないのかと期待したのですが、所詮今時の家電商品なのですね、電子的に故障したところは、それなりに修理部品の費用が発生し、それに伴う技術料も追加され、結構な値段になってしまいました。
まあ、これが最後の修理だと自分に言い聞かせてメーカーに預けたわけですよ。

さて、修理後の撮影結果はどうなったかと言うと
Epsn0004_1

Epsn0018_1

Epsn0021_1

Epsn0024_1

Epsn0025_1

Epsn0026_1

と言う具合で、どれほどのレベルアップもしないまま、写真は撮れてしまったのですね。

2013年5月19日 (日)

コシナ Zeiss Ikon+Biogon 21mmF2.8

レンジファインダーのカメラを持ち出すのならもう一台と思って、IKONにもフィルムを詰めてしまいました。
Scnbessar3m2534_1

ベッサR3Mとは異なるレンズを付けておけば、同じ被写体でも違う描写になるだろうと言う思いです。

IKON+BIOGON21mmF2.8
Scnzeissikon25012128_1

Scnzeissikon2507_1

Scnzeissikon2520_1

Scnzeissikon2522_1

Scnzeissikon2524_1

Scnzeissikon2527_1

Scnzeissikon2533_1

Scnzeissikon2539_1

2013年5月18日 (土)

ベッサR3M

ベッサフレックスを使っていたら、ボディーの共通部品の多いベッサも使いたくなって、フィルムを入れてしまいました。
R1009361

ボディー幅は同じなんです。
R1009369

裏ぶた、底面も共通
R1009368

R1009365

巻き上げレバーやシャッター周りの配置も同じ
R1009363

クイックリターンミラーの有無の差がありますから、シャッター音は異なりますが、マニュアル操作が心地良く、使っていて楽しいカメラ達です。

R3M+カラスコ28mmF3.5
Scnbessar3m2505_1

R3M+ヘクトール135mmF4.5
Scnbessar3m2527_1

R3M+エルマー90mmF4
Scnbessar3m25089040_1

R3M+UWH12mmF5.6
Scnbessar3m2538_1

R3M+ノクトン40mmF1.4
Scnbessar3m2519_1_3

Scnbessar3m25294014_1

フィルムはコダックのISO100ネガでした。

2013年5月16日 (木)

ベッサフレックスTM

ミノルタSRレンズを使っていたら、久しぶりにM42レンズも使いたくなって、BESSAFLEX TMにフィルムを入れました。
R1009349

R1009352

R1009350

富士フィルムのISO100ネガです。

ULTRON40mmF2
Scnbessaflextm0102_1

Scnbessaflextm0103_1

Scnbessaflextm0106_1_4

VIVITER135mmF2.8
Scnbessaflextm0121_1

Scnbessaflextm0122_1

Scnbessaflextm0137_1

VIVITER28mmF2.8
Scnbessaflextm0125_1vivi28mm

Scnbessaflextm0113_1vivi28mm28

どのレンズも良い感じですよ。

2013年5月14日 (火)

ミノルタXG-E その2

今度はリバーサルフィルムを詰めてみました。

XG-E+NewMD50mmF2
Scnxge0021_1_2

Scnxge0023_1

Scnxge0025_1

XG-E+MD135mmF2.8
Scnxge0047_1

Scnxge0045_1

Scnxge0043_1

XG-E+MC85mmF1.7
Scnxge0051_1

Scnxge0053_1

Scnxge0055_1

露出の異常はなく、カメラ任せのままでも調子良く撮れました。

これでOKと言いたいのですが、実は数コマに光線引きが発生していました。
Scnxge0033_1_2

裏ぶたのモルトプレーンが劣化して、ところどころ欠落していたのですよ。
ジャンク品ですから、しっかり確認して自分で直しておかないといけませんでしたね。

とは言えこれで完動品のSRマウントカメラがもう1台確保できましたよ。

2013年5月10日 (金)

オリンパスペンEES-2 その3

比較ばかりでは飽きてしまうので、それぞれ適当に撮っていました。
ハーフサイズですから、例のごとくフィルム1本でも沢山撮れてしまうのですよ。
ですから、適当に貼り付けておきます。

EES-2にて
Scnolympusees20103_1

Scnolympusees20107_1

Scnolympusees20110_1

Scnolympusees20113_1

Scnolympusees20129_1

おまけで、Demiの方も
Scncanondemi1104_1

Scncanondemi1105_1

Scncanondemi1110_1

Scncanondemi1127_1

Scncanondemi1132_1

距離感と手ぶれさえ気をつければ、どちらもうまく撮れてしまいますね。

2013年5月 9日 (木)

オリンパスペンEES-2 その2

コダックの同じ銘柄のISO200ネガフィルムを入れて、キヤノンDemiと撮り比べです。

ペンEES-2
Scnolympusees20106_1

Demi
Scncanondemi1114_1

EES-2の方は基本的にカメラ任せの露出設定です。Demiの方はカメラの露出計の針に追針をダイヤルで合わせると言うマニュアル操作ですが、多少の手心を加えたりしています。

以下同じ順番で
Scnolympusees20115_1

Scncanondemi1116_1

レンズが、EES-2は30mmF2.8、Demiは28mmF2.8と言うことで、画角がわずかに異なります。

Scnolympusees20117_1

Scncanondemi1118_1


Scnolympusees20118_1


Scncanondemi1121_1

逆光では、EES-2は少しフレアー気味でしょうか、古いレンズを私がいいかげんに拭いただけですから、オリジナルの描写ではないでしょうね。

Scnolympusees20126_1

Scncanondemi1126_1


Scnolympusees20140_1


Scncanondemi1136_1

少し紫色の具合が異なりますが、どちらもフィルターは付けていません。昔は快晴ならスカイライトフィルターを付けたものですが、最近の撮影~現像~スキャニングの結果では、なんとなく黄緑色が被ってくることが多いので、付けない方が自然な感じがするからなのですが、どうなんでしょうね?
こんなに明るい時は、付けた方が良いのかな?

Scnolympusees20141_1

Scncanondemi1138_1

良い勝負だと思いますが、やっぱりDemiの方がわずかに鮮明に撮れていますかね?

2013年5月 8日 (水)

ミノルタXG-E

ジャンクかごにミノルタの一眼レフカメラがありました。
R1009194_1

SRマウントのXG-Eです
R1009195_1

手動巻き上げなんですが、シャッターは電子シャッターなので電池が無いと動かないタイプのカメラです。
R1009196_1

R1009197_1

SRマウントで露出計が生きているカメラはSRT101を持っていましたから、いったん見送ったのですがLR44電池は沢山持っていますし、試してみて動かなかったらやめればよいわけですからと、翌日電池を持って再度ジャンクかごに・・・。
あれまあ!動きましたよ。しかもとても軽快に。
それではレンズも付けてみようと、持っていた50mmF1.7をつけて覗くと、まずまずのファインダー。絞りの連動動作も問題なく、完動品でしたので持ち帰ることになりました。

撮影結果です。
Scnminoltaxge0008_1

Scnminoltaxge0009_1

Scnminoltaxge0011_1

Scnminoltaxge0013_1

Scnminoltaxge0018_1

問題なく撮れちゃいましたね。
次はリバーサルフィルムを詰めてみようかな?

2013年5月 7日 (火)

オリンパスペンEES-2

ずいぶん以前に知人から頂いたカメラなんですが、シャッターや絞りの動きがいまいちでして、でもなんとなく露出計の針が動いている気配がしたので、後で気が向いた時に修理しようと、箱に放り込んでおいたのでした。

Olympus PEN EES-2
R1009190_1

R1009192_1

大きさは、EE-3とほぼ同じですし、露出も同じオートです。
R1009151_1

R1009152_1

しかし、レンズはピント合わせができるタイプなんでTRIP35と似ています。
R1009153_1

先日、フィルムのカメラを色々と引っぱり出した時に一緒に出てきまして、「そろそろ使ってみてよ」と言うことなのかな?と思えましたので、分解修理をすることにしました。

以下自分の覚えのための修理メモですので、読み飛ばしてください。

故障の状況
(1)レンズのピントダイヤルを回してもヘリコイドが回っていません。
(2)露出計の針が振れているのに、それに見合ったところまで絞り羽が動いていません。
(3)シャッターの動きが妙に遅かったり、それらしい速さだったりと不安定で、時折シャッターが切れなくなることもあります。

修理内容
(1)のヘリコイドが回らない原因はすぐに判りました。レンズの一番前に有る縁取りのリングがピントダイヤルとヘリコイドを連絡しているのですが、それを固定する3本の「いもビス」が緩んだ状態で縁取りリングが傾いていました。
これだとレンズのピント位置がどこにあるのか判らないので、修理後にピント調整が必要になりますね。

(2)は、かなり難解な故障でした。レンズ周りを分解しながら絞り羽の動きを観察して見ると、何かが絞り羽に引っ掛かっているような感じで、しかも動作のたびにその抵抗加減と言うか粘り加減が変化して、それなりの速さでそれらしく動くこともあったりするのでした。
散々ながめた揚句、絞り羽とその抑え金具の隙間が狭いのが原因らしいと目途をつけ、かなり強引なやり方で抑え金具を変形させて、隙間を広げてしまいました。

(3)のシャッターの不調については、分解手順の一番深い部分になりましたが、原因はすぐに判りました。シャッターメカの固定ビス3本の緩みと脱落でした。
手持ち在庫から適当なビスを探して、しっかりと締め直してやりましたら安定したシャッターが切れるようになりました。
但し、シャッター速度が正しい値になっているのかは良く判りません。私の山勘計測では大丈夫そうなんですが、とにかくフィルムを入れて使ってみないことには判りませんね。

(4)さて、これで直せたと思ったら、なんと!スローシャッター時にシャッターが開いたまま閉じないと言う症状が発覚しました。
このカメラはシャッター速度が2段階になっていて、通常は1/2501/125秒固定で、暗い時やフラッシュ撮影の時は、1/30秒固定に切り替わるという仕組みのようなんです。
構造を何度も見直して、何かおかしなところが無いかと考えて見たのですが、私の知識と技術では解決できそうにありませんでした。
そこで、しかたなく1/30秒のスローシャッターにならないようにバネを一つ外してしまいました。
1/2501/125秒でもフラッシュのシンクロはしているようですので、このままでも使えるのではないかという思惑です。

(5)いいかげんですが一応ピント調整もやってみました。ハーフサイズの小さな画面に30mmレンズの結像状態をルーペで見るのですから、大した精度で合わせられるわけがありません。それなりに、と言うところです。

さて、試し撮りの結果です。
Scnolympuspenees20003_1

Scnolympuspenees20012_1

Scnolympuspenees20013_1

Scnolympuspenees20015_1

Scnolympuspenees20024_1

Scnolympuspenees20047_1

Scnolympuspenees20050_1

ピントも露出もそこそこに合っているようですね。
とりあえず、修理完了と言うことかな?

そうそうフラッシュも同期していましたよ、1/2501/125秒で
Scnolympuspenees20028_1

調べてみたらEES-2のスペックに関して間違ったところがありましたので、訂正しておきます。
高速側のシャッターは1/250秒らしいです。(または1/200秒という話もありました)
古いカメラですから、今となっては間違っていたとしても、大した問題になるわけではないですが、一応私の良心が傷みますので正しい情報にしておかないとね。

2013年5月 6日 (月)

水ぬるむ五月

今年のゴールデンウィークは、とても天気が良かったですね。
色々と写真を撮りましたよ。

メダカ
P1030409_1

アメンボ
P1030410_1

大きなアメンボ
P1030411_1

オタマジャクシ
Scncanondemi1135_1

ついでに、尺取り虫
P1030416_1

スズメ
P1030418_1

ホオジロのさえずり
P1030420_1

そうそう、まだツグミがいましたよ
P4290282_1

2013年5月 5日 (日)

オリンパスTRIP35 その後

フィルムのオリンパスPENを引っぱり出していたら、ハーフサイズではないのに小ぶりなこのカメラも持ち出してしまいました。
PENとほとんど同じ乗りで使うカメラなんですが、撮れた写真は一回り上級と言う感じ?なのかな??

Olympus TRIP35にて
Scnolympustrip350251_1

Scnolympustrip350256_1

Scnolympustrip350258_1

Scnolympustrip350260_1

ハイライト部分にフレアーが出るところが、ソフトレンズ的です。
でもこれは本来のTRIPではなく、私の手許にあるジャンクカメラでの描写なんですよ。
実はレンズがちょいと曇っているのです。

そうそう、このカメラは露出はカメラ任せですが、ピント合わせは目測でするカメラでした。
スナップカメラとしては、この程度の使勝手が手ごろなのかな?と思いますね。

2013年5月 4日 (土)

オリンパスペンEE-3 その後

固定焦点のハーフカメラEE-3は、シャッターを押すだけで露出はカメラ任せですから撮影テンポは軽快です。
しかし、後からピントが甘くてがっかりする場面も出てきます。
Scnolympuspenee30202_1

Scnolympuspenee30205_1

Scnolympuspenee30203_1

Scnolympuspenee30208_1

レンズが絞りこまれていれば被写界深度が深くなって、近いところもそこそこに見られるのですが、ちょっと暗いとだめですね。
Scnolympuspenee30217_1

その点、前の記事のキヤノンDemiは絞り+シャッターのダイヤルを回して、一々露出計の針と追針を合わせると言う作業が面倒ですが、ピントは手動合わせができますので、目測さえ間違わなければぴったりに撮影できるのですよ。

簡単で、しかも綺麗に撮れてしまうと言うのは今時のデジカメの方が圧倒的に優れていますが、扱う楽しさでは昔のフィルムカメラの方が面白いですよね。

2013年5月 3日 (金)

キヤノンDemi その後

本当に良く写ります。ハーフサイズでこれだけしっかり写るカメラは他にないと思ってしまいます。
絞りとシャッター速度を別々に設定できないところが唯一残念なところなんですが、出っ張りの少ない丸味のあるボディーがポケットに「するり」と入り、いつでも持ち歩きたい感じなんですよ。

フジのISO100ネガを詰めて適当に撮っていました。
Scncanon_demi0902_1

Scncanon_demi0907_1

Scncanon_demi0910_1

Scncanon_demi0917_1

Scncanon_demi0920_1

Scncanon_demi0928_1

Scncanon_demi0939_1

Scncanon_demi0940_1

ハーフとは思えない写りの良さですよ。

2013年5月 1日 (水)

リコーAUTO HALF E その後

ぜんまい仕掛けの自動巻き上げが、どんどんシャッターを押させます。
久しぶりに取り出したオートハーフの撮影スタイルは、ピントも露出も考えずに構図を合わせるだけです。
その構図も、私の場合はいいかげんですから作品にはならないのですね。

以下、適当にシャッターを切っています。
Scnautohalfe0901_1

Scnautohalfe0909_1


Scnautohalfe0911_1

Scnautohalfe0918_1

Scnautohalfe0922_1

Scnautohalfe0924_1

Scnautohalfe0929_1

Scnautohalfe0932_1

Scnautohalfe0933_1

Scnautohalfe0949_1

Scnautohalfe0950_1

しかし、パンフォーカスレンズでこれだけ撮れてしまうと言うところが、凄いですね。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー