« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の18件の記事

2013年7月31日 (水)

ペンタックスQ7 その2

ところで、魚眼レンズの03FISHEYEはQ7に付けたらどうなっちゃうのか?
めちゃくちゃに画角が広くなって180°以上?に写ってしまうのか??
それ以上にはならずに外周は黒く写るのか???・・・
などと心配していたら、どうやらこのレンズとの組み合わせも、電子的な処理が行われ、外周が少しトリミングされた画像が12Mで記録されるということらしいです。

メーカーの仕様書では
Qに装着した場合、換算焦点距離:17.5mm相当、画角:160°
Q7に装着した場合、換算焦点距離:16.5mm相当、画角:173°
となっています。

でも実際に使ってみると、魚眼レンズの個性が勝ってしまって、そんなスペックの差など関係ないという感じです。

Q7
Imgp0058_1


Imgp0215_1

Q7
Imgp0072_1


Imgp0220_1

後は適当に
Imgp0061_1

Imgp0221_1

Imgp0073_1

Imgp0075_1

厳密に比較しているわけではないのです。私のいいかげんな感想ですからね。

2013年7月30日 (火)

ペンタックスQ7

撮像素子が少し大きくなり、撮れる画角が少し広くなるのです。
望遠側は寂しくなりますが、広角側はちょっと嬉しい仕様ですね。
画素数を増やさず、撮像面積が広がったわけですから、1画素当たりの受光量が増えて、画質は良くなりそうですよ。
Qマウントレンズやアダプターはすべて使いまわしができるし、バッテリーまで共用できて、複数持って出かけても全く苦にならないサイズと重さですからね・・・。

などと、理由はいっぱいありまして、結局手許に来てしまいました。

左側がQ7、右側はQです。
Dscf7264_1

上がQ7、下がQ
Ep500936_1

撮像素子の大きさが違いますね
Ep500939_1

望遠ズームの望遠端で画角を比較
Q7(207mm相当)
Imgp0020_1

Q(251mm相当)
Imgp4406_1

ほぼ最短撮影距離から
Q7(207mm相当)
Imgp0024_1

Q(251mm相当)
Imgp4411_1

標準ズームの広角端は、Qでは27mm相当ですが、Q7は23mm相当なんですよ。
ですから、より広角レンズ的な撮り方が面白いですよ。
Imgp0026_1

Imgp0082_1

それで、実はこのカメラ(レンズも含めた)は電子的な歪曲補正を行っているのでした。

Q7と標準ズームの広角端は、補正をONにすると
Imgp0040_1

補正OFFでは
Imgp0037_1

補正OFFの方が、更に広い範囲が写りますね。でも魚眼レンズの替わりが出来るほどではなさそうです。

2013年7月29日 (月)

ハクセキレイの巣立ち

雛の孵化から15日経ちました。それまで聞こえていた鳴き声が無くなり、静かになりました。

換気扇を外してみると、中はもぬけの殻でした。
P7280534_1

無事に4羽とも巣だったようです。

中を掃除して、もう入れないように網を張り直しました。

撤去した巣です。
P7280543_1

随分沢山の巣材を集めて来たものですね。
しかし、糞や卵の殻などは全くなく、さらりと乾いていて、とても綺麗に使ってきたようです。
このままもう一度営巣することも出来そうでしたよ。

2013年7月23日 (火)

ハクセキレイの巣 その後

先日の記事のハクセキレイですが、雛の孵化から10日ほど経ちました。

産毛が生え換わり、それらしい羽になってきました。
R1009961_1

換気扇のシャッター越しではっきりとはわからないのですが、雛は4羽いるようです。
随分大きくなってしまって、巣からはみ出してしまいました。
R1009960_1

無事に巣立ってくださいよ。

2013年7月21日 (日)

イラガが大発生

皆さん参議院議員選挙には行かれたでしょうか?
私は、いつものように期日前投票を済ませて、投票日当日は別の用事をこなしていました。
R1009956_1

ところで、今年は先日来の猛暑のせいか?畑や庭の樹木にイラガが沢山付きまして、大変な目に合っているのですよ。

柿の葉に大きな幼虫を発見!
R1009924_1

良く見ると、大きいのから小さいのまで大量に。種類も異なっているのかな?
R1009936_1

一番、ゾゎ~っとしたのが、これ
R1009927_1

こんなに小さくても刺されると痛くて腫れるのですよ。今年は既に2回も。

ところで、イラガにも沢山種類があるらしいのです。
名前は知りませんが、集めた物をとりあえず写真に撮っておきました。
サンシュユの葉に付いていた物が、たぶん3種類。
R1009941_1

別の柿の木ですが、これもイラガの仲間でしょう。
R1009959_1

このブログで、「虫撮り」というカテゴリーを設けていますが、これも虫の記事ですよね・・・・。

まあ虫撮りと言うことで、クマゼミとカマキリも張っておきます。
R1009950_1

R1009946_1

季節の物ですからね。

2013年7月19日 (金)

富士山

先日ちょいと観光バスで第2東名を
Ep500899_1

行った先は、朝霧高原
Ep500908_1

下界よりちょっと涼しい感じ
Ep500905_1

富士山は、ちょっとだけ頭が見えました
Ep500904_1

世界遺産登録となったら、一斉に看板や垂れ幕が飾られましたね
P7170518_1

P7170522_1

登録前から、色々な旗やディスプレーはあったわけですが
P7170562_1

Ep500923_1

別に世界遺産でなくても、日本一の富士の山ですからね。

2013年7月16日 (火)

ハクセキレイの巣

換気扇の外壁フードの中にハクセキレイが飛び込みました。
R1009741_1

以前、鳩が巣をかけたので、入れないようにネットを掛けて置いたのですが、ハクセキレイの大きさなら、まだ通り抜けられる隙間が残っていたのです。
R1009745_1

換気ファンとシャッターの隙間からなんとか見ると、
巣があり卵が割れて、雛がかえっていました。
R1009829_1

これでは雛が巣立ちするまで巣の撤去を待つしかないです。

そう言えば、ムクドリもこの程度の隙間から飛び込んできたことがありましたね。
もう少しネットの張り方を工夫しないといけないようです。

2013年7月13日 (土)

アブラゼミの初鳴き

今年の初鳴き?かな
R1009883_1

いつもより少し早い気がする
R1009882_1

猛暑のせいかな?

2013年7月11日 (木)

「梅雨明けしちゃいました」と言うことなので

真夏まっ盛り!
P1010171_1

P1010180_1

毎日、暑い!!です。
P1010195_1

P1010206_1

熱中症対策のための折角の緑のカーテンも、間に合わないかも知れません。

でも畑の作物と言うことで少しはCO2削減に貢献しているのかな?
夏の作物「なす」です。
R1009817_1

上の「長なす」は、30cm以上。下の「米なす」は600g以上。
どちらも、美味しく頂いてしまいました。

2013年7月10日 (水)

ナガサキアゲハ

庭の花に見慣れない大きなアゲハが!
Ep500678_1

Ep500686_1

後で図鑑を調べると、「ナガサキアゲハ」らしいです。
Ep500737_1

Ep500745_1

南方系の蝶らしいですが、温暖化で、もう随分前からどんどん北上してきているようです。

尾羽の突起が無いのが特徴と言うことらしいので、たぶん間違いなく「ナガサキアゲハのメス」だと思います。
Ep500805_1

いやぁ~、今日も暑いですね、37℃を超えましたよ。

2013年7月 9日 (火)

猛暑

数日前から猛暑の連続でしたが、昨日の天気予報で、梅雨明けしちゃいましたとのこと。
Ep500528_1

毎日朝晩の涼しい時間帯だけ屋外に出て、猛暑の昼間は家の中で過ごすという状態です。
Ep500584_1

しかしその家の中も、熱気が吹き込んでくるので、とうとうエアコンが稼働してしまいました。
Ep500591_1

写真を撮るにしても、あまりの暑さでカメラが持てないとか、構えると汗がファインダーに掛るとかして続ける気になりません。
Ep500573_2

Ep500606_2

離れた日陰から撮影するとか、風のあるところで撮影するとかという、いいかげんな撮り方ばかりになります。
Ep500636_1

Ep500643_1

Ep500655_1

まあ元々、真面目なカメラマンではありませんから、大した写真を撮っているわけでもないのでしたけれど。

2013年7月 7日 (日)

E-P5+シグマ50-500mm

アダプターで使いますからAFもレンズ内手ぶれ補正も効きません。
R1009778_1

でもE-P5ならシャッター半押しでボディー内手ぶれ補正が動作をするので、ちょうどレンズ内手ぶれ補正と同じ感じで、ゆったりゆらりと画面が揺れます。
R1009777_1

問題はピント合わせです。
三脚に載せておけば簡単なんでしょうが、手持ち撮影ならではの手ぶれ補正だと思って撮影して見ると、ぶれ写真よりピンぼけ写真の方が圧倒的に多いのでした。
R1009779_1

E-P5はライブビューの拡大が専用ボタン一発で出来るので、MFアシスト自体は使いやすいのですが、このシグマのペンタックスマウントの50-500mmのピントリングは全然滑らかでは無いですし、回転角度も狭いですから、微妙なところが出来ません。
沢山シャッターを切ったのですが貼り付ける写真は少しだけです。

E-P5+シグマ50-500mm(望遠端)
Ep500282_1

Ep500317_1

Ep500401_1

50%にトリミング
Ep500402_1

Ep500457_1

Ep500495_1

Ep500468_1

2013年7月 6日 (土)

E-P5とE-PM2を持って

もっとコンパクトな1眼:ペンタックスQもありますが、現時点のレンズの豊富さとそのコンパクトさと言う意味で、マイクロフォーサーズの方が楽しめますね。
8mm、12mm、14mm、17mm、20mm、25mm、30mm、45mm、60mm、75mmの単焦点レンズ10本とその他レンズも+αされて、レンズ交換を楽しみながら身軽なバッグで出かけられます。
さすがに全部のレンズを一度に持ち出すことはありませんが、ズームレンズではなく単焦点レンズでというこだわりなどもあったりして、それはそれで楽しいわけです。

E-PM2には小ぶりなレンズを付けてリストストラップで、E-P5にはEVFとちょっと大きなレンズを付けて首からぶら下げてと言う感じです。
R1009679_1

E-P5+17mmF1.8
Ep500210_1

Ep500211_1

E-P5+45mmF1.8
Ep500226_1

E-PM2+17mmF2.8
P7010450_1

P7010454_1

P7010469_1

P7010456_1

E-P5+17mmF1.8
Ep500333_1

Ep500345_1

Ep500356_1

E-PM2+12mmF2
P7030476_1

P7030490_1

P6290417_1

E-P5+75mmF1.8
Ep500171_1

E-P5+60mmF2.8
Ep500359_1

E-PM2+45mmF1.8
P7030499_1

とまあこんな具合で、同じ被写体を違うレンズで撮るとか、異なるアングルにするとか、アートフィルターを換えておくとかが、2台体制だとスムーズに出来るのですよ。
同じカメラを2台と言うのもありでしょうが、少しサイズの異なるカメラで画質は同等と言う方が持って歩くには都合が良いようにも思いますね。
そう言う意味では、GF2とG3の組み合わせはバッテリーも共用出来たのでありがたかったと改めて思います。
そうか!それならば、NEX-5Nとα55Vと言う組み合わせもありでしたね。

2013年7月 5日 (金)

DG45mmF2.8とMZD60mmF2.8

オリのマクロレンズ60mmとパナのマクロレンズ45mm
R1009769_1

どちらもマイクロフォーサーズマウントですが、レンズ内手ぶれ補正とボディー内手ぶれ補正の違いがあるので、取り替える時は注意が必要です。

G5にMZD60mmF2.8を付けた時は、ただでさえ焦点距離が長いですし、手ぶれ補正が効きませんから、シャッター速度を速めるとか、三脚使用を主にするとか。
逆にE-P5にDG45mmF2.8を付けた時は、レンズ側かボディー側かどちらかを選択してスイッチを切り替えてやる必要があります。
両方ONだと変なぶれが出るようです。
新しい機種のE-P5の方が手ぶれ補正が強力らしいですから、レンズ側をOFFにするのかな。
シャッター半押しでボディー内手ぶれ補正がONになりますから、ライブビューがとても見やすくなりましたしね。

E-P5+MZD60mmF2.8
Ep500362_1

Ep500371_1

G5+DG45mmF2.8
P1010142_1

P1010145_1

私の場合、最近あたまが随分ボケてきていますので、あまり取り換えしない方が安心ではあります。

2013年7月 4日 (木)

E-P5とG5

いい勝負してますね。
R1009767_1

R1009770_1

共通マウントですから、パナ/オリでレンズの共用・使いまわしができます。

E-P5+MZD75mmF1.8
Ep500190_1

G5+MZD75mmF1.8
P1010136_1

E-P5+MZD45mmF1.8
Ep500188_1

G5+MZD45mmF1.8
P1010137_1

E-P5+MZD17mmF1.8
Ep500180_1

G5+MZD17mmF1.8
P1010130_1

E-P5+G20mmF1.7
Ep500161_1

G5+G20mmF1.7
P1010111_1

同じレンズで撮っているわけですから、ほとんど差が無いのが当たり前の結果でしたね。

2013年7月 3日 (水)

オリンパスE-P5

16M機で連写が9コマ/秒で、ISO100~25600で、1/8000秒で、ダイヤルが前後に2つ付いて、バリアングルの液晶が付いて、新型EVFも抜群で、・・・・・・。
Ep500192_1

操作のきびきび感も良いし、ボディー内手ぶれ補正がボタン半押しで動作するので、フレーミングが安定するし・・・と、随分と完成度を高めたカメラだと思いますよ。
現時点で文句無しのデジ1眼ですね。
Ep500194_1

ただ私としては、バッテリーがE-PM2以前の物から変更されてしまったところが、ちょっと残念です。今度のバッテリーは、OM-DのE-M5と共通だそうで・・・・?
Ep500227_1

2台体制で持ち出すことが多いので、これまでバッテリーが共用できると言うところは随分ありがたかったのですよ。
R1009682_1

E-PM2とほぼ共通のメニュー操作なのでこの2台ならぴったりのつもりだったのに、これからはバッテリーの予備を2種類持って出ることになりますね。
Ep500236_1

機材はE-P5とレンズ色々でした。

2013年7月 2日 (火)

MZD17mmF1.8

17mmF2.8があるから、新型の17mmF1.8は要らないと思い、購入しないでいました。
ところが、E-P5とセットになって発売されると、とても割安に見えてくるのですよ。
前の記事の新型ファインダーも一緒なんですが・・・。
R1009681_1

マイクロフォーサーズは最初、パナソニック製品で固めていたのですが、コニカやミノルタのように撤退では残念ですから、この2年間くらいは、意識的にオリンパス製品を応援してきました。
新製品の出来栄えを見ると、以前のような「手抜き感」「割高感」のようなものが無くなってきたように思います。
もう大丈夫ですね。

とは言え、撮れた写真を見ると、私の力ではこのレンズの魅力を引き出せないようなので、やっぱり追加する必要は無かったようですね。

17mmF1.8
Ep500179_1

17mmF2.8
Ep500182_1

同じ順番で
Ep500186_1

Ep500185_1

2013年7月 1日 (月)

ミノルタSRT101

実は以前、SRTスーパーの露出計が壊れてしまったので、露出計がちゃんと動くSRマウントのカメラがほしくて、SRT101の中古並品をそれなりの金額で購入したのです。
その後、ジャンクかごからSR7とかSG-Eを救い出してSRマウントも十分数がそろっていたのです。
そこにまた、ジャンクかごにSRT101がありました。以前購入した物と同じ黒です。
1日我慢しましたが、結局引き取ることに。2K

2台並べてみます。
R1009676_1

R1009677_1

R1009678_1

外観は同程度のやつれ具合、シャッター幕も絞りのメカも大丈夫そうです。
電池を入れると、露出計も動き、針の振れ具合も正確そうです。
ただ、ファインダーの汚れが目立ち、ちょっと気になります。
これで値段が3倍も違うのか・・・・。
時代が異なればジャンク扱いにならなかったでしょうが、フィルム事情が悪化の一途ですからしかたないですね。

とりあえずレンズを何本か持って試して見ると、予想通りしっかりと写真は撮れましたよ。

MC50mmF1.4
Scnsrt101b0002_1

Scnsrt101b0005_1

SR35mmF2.8
Scnsrt101b0008_1

MD135mmF2.8
Scnsrt101b0009_1_2

Scnsrt101b0012_1

MC85mmF1.7
Scnsrt101b0024_1

またフィルムカメラが増えてしまいましたね。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー