« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の17件の記事

2013年10月31日 (木)

ロモのレンズキット 2

正式には、”Lomography Experimental Lens Kit”と呼ぶらしいですが、私は「ロモのレンズキット」としておきます。
多重露光は、中々大変なので後回しにしていますが、とりあえずこのレンズ達の性格と言うか特徴と言うか、また使勝手のようなものを理解しておこうと持ち出していました。

まず24mmF8
Pa300742_1

20m程度の距離で中心にピントを合わせていますが、レンズの目盛りはほぼ無限遠です。
周辺に行くに従い鮮明さが薄れ色収差も派手に出るようです。
標準レンズ(48mm相当)としては、樽型の湾曲も多めですね。

比較用にパナのG20mmF1.7を同じ位置から
Pa300740_1

次は12mmF8
Pa300729_1

これも、中心付近はそれなりに解像していますが、周辺に行くに従いずれが大きくなって、解像しなくなりますね。
樽型歪みも、いっそう大きいようです。
一応公称値の12mmF8はそこそこに合っている感じですよ。

比較用のオリのMZD12mmF1.8
Pa300727_1

最後に160°円周魚眼
P1010551_1

比較用のSAMYANG7.5mmF3.5魚眼と見比べると、中央部の被写体の大きさから、焦点距離は5~6mm程度に見えますね。
180°の円周魚眼ではないので、180°対角線魚眼のSAMYANGより写る範囲が狭いです。
もしかすると、「なんちゃって円周魚眼」のフロントコンバージョンレンズより劣るような気がします。

比較用のSAMYANG7.5mmF3.5
Pa300733_1

使勝手と言うことでは、どのレンズも絞りはF8固定ですから、ピント合わせをするだけなんですが、これがどのレンズも大変です。
とにかく液晶画面の拡大モードで合わせるわけですが、画質の良い中央部を拡大してやっても中々コントラストの高いポイントがつかめません。
レンズ鏡筒の前後の移動の構造が3本とも同じで、ピントリングの作動範囲は同じ角度しか動きませんし、前後の動作距離も同じに作ってあるのです。
ですから、広角になればなるほど、微妙な操作ができませんし、無限遠のストップ位置もあやしくなります。
まあ、そんなに鮮明に写したいというレンズでは無いわけですから、いいかげんなところで撮ってみて、描写の面白さを楽しむのが正解かと思います。

と言うことで、後は適当に

ロモ24mmF8
Pa300745_1

Pa300746_1

ロモ12mmF8
Pa300749_1

Pa300747_1

カメラは、オリンパスE-PM2でした。

2013年10月28日 (月)

Diana Baby

実は、Diana Miniを見ていたら、もうひとつ小さなDiana Babyというのも気になりまして、しかも110フィルムは手許に沢山残っているので、少し消化してやろうと言うことになってしまいました。

そうなんです、またフィルムカメラなんですね。
一応レンズ交換が出来るのですよ。

12mmF8と24mmF8です
P1040101_1_2

DianaF+やDianaMiniにくらべて随分小さいです。
P1040093_1_2

とは言っても110フィルムのケースを抱え込む構造ですから私が持っている110おもちゃカメラよりは大きいですが。
P1040095_1


撮れた写真は、ややぼんやり・・・。
Scndianababy0012_1

Scndianababy0015_1

Scndianababy0019_1


真面目なレンズが付いている110カメラではこの程度来ますからね。

ポケットフジカFLASH AW
Scnfujifilm1100031_1

Scnfujifilm1100034_1

ミノルタポケットAUTOPAK270
Scnminolta1100033_1

Scnminolta1100035_1

う~ん?あまり変わらないのかな?

結局、はじめからぼんやりした表現を求めて使えば良いわけですね。

後は適当に
Scndianababy0024_1

Scndianababy0025_1

Scndianababy0032_1

Scndianababy0034_1

2013年10月27日 (日)

AUTOではないSⅡ

コニカのカメラで「AUTO S2」と言うのを以前ジャンクかごから救出しましたが、今度はAUTOが付いていない「SⅡ」です。2k

左が「AUTO S2」、右がただの「SⅡ」です。
P1040085_1

P1040086_1

上から
P1040087_1

レンズは、HEXANON 45mmF1.8とHEXANON 48mmF2と言うことで若干異なります。
P1040088_1


一応、巻き上げ巻き戻しやシャッターの切れ具合を確認して、何とか使えそうだと言うことで、引き取って来ましたが、より古いカメラですから、どことなく洗練されていないと言うか、ジャンクだから仕方ないのですが、動作が怪しい感じもします。
それから、露出計は動いていますが、まったく信用できないところに針が行きます。

「AUTO S2」と名前や見た目、大きさや質感は似ていますが、メカ的にはかなり異なるカメラですね。
二つ並べて、交互にシャッターを切った時の感触が全く別物でした。どちらが良いと言うことではなく、異なる機構を搭載しているということなんです。

さて、まずは露出計が当てにならないので、デジカメをお供にマニュアル撮影してみました。
シャッター速度や絞りが適正に作動しているかの確認でしたが、驚きの結果です。
Scnkonicas20002_1

Scnkonicas20004_1

Scnkonicas20005_1

Scnkonicas20006_1

Scnkonicas20011_1

Scnkonicas20015_1

Scnkonicas20024_1

絞りやシャッター速度を色々と変更しながらの試写でしたが、どのコマもほぼ狙い通りの露光具合で、とても鮮明に写ってしまいました。
画面の湾曲も少なく、文句無しに良いカメラでしたよ。
以前の「AUTO」の方は、自動露出だとちょっとオーバー目になっていたのですが、このカメラは自動モードが無いおかげで、絞りもシャッターも自分で設定するわけですが、それが良かったのでしょうね、色がしっかり膨らんでみずみずしい写り方をしたわけです。

勢いで、また次のフィルムを入れてしまいましたよ。

2013年10月26日 (土)

ISO800ネガフィルム

Vivitar Ultra Wide&SlimにISO800のネガフィルムを詰めてみました。
P1040082_1

なぜISO800かと言うと、期限切れを沢山いただいたからなんですが・・・。

ところが、これが使いにくい!
22mmF11のレンズでシャッターは1/125秒の固定と言うのがVivitar Ultra Wide&Slimですから、ISO800では明るい日中では白飛びするし、夜の撮影では真っ暗になってしまうのです。
この組み合わせで手ごろな明るさを求めると、雨降りの日中とか、夕暮れ時のまだ明るい感じの時、それとちょっと明るい室内光の時くらいなんですね。

新幹線の車内
Scnwideslimiso8000001_1

地下街
Scnwideslimiso8000003_1

雨降りの植物園
Scnwideslimiso8000005_1

雨の街に出て
Scnwideslimiso8000013_1

Scnwideslimiso8000011_1_2

それで、天気の良い時は使えないので、曇り空で明るい時をねらって使ってみました。
Scnwideslimiso8000021_1

Scnwideslimiso8000023_1

Scnwideslimiso8000025_1

露出は合っていても曇り空ですから、どうしても色が沈んでしまいますね。
Scnwideslimiso8000031_1

Scnwideslimiso8000033_1

それに今の時期は、あっという間に日が暮れてしまうので、気付かぬうちに暗くなっています。
Scnwideslimiso8000034_1

Scnwideslimiso8000035_1

もうこれが限界ですね。最後の写真はスキャナーで無理やり引っぱり出したものです。

やはり、自由に露出設定ができるカメラで使わないと、ISO800は使いづらいと言うことでした。

2013年10月25日 (金)

インスタントフィルム

富士フィルムのチェキに使うフィルム”instax mini”は、チェキ以外にも使えるカメラがあるのですね。
P1040072_1

Diana F+に取り付けられるインスタントバックを手に入れました。
P1040073_1

取り付けると、大柄なDianaがさらに大きくなってしまいます。
P1040077_1

P1040080_1

P1040075_1

さて、試し撮り

20mm魚眼
Scndianainsta0001_1

Scndianainsta0004_1

38mmWIDE
Scndianainsta0006_1

Scndianainsta0008_1

多重露光も出来ます
Scndianainsta0005_1

Dianaフラッシュで黄色の発光
Scndianainsta0003_1

”instax mini”の感度はISO800らしいのですが、このカメラで使う時はISO400のつもりで使うと良さそうな感じです。
シャッター速度は1/60秒固定ですが、絞りが、たぶんF11、F16、F22に切り替えられますからなんとか使えるようですね。

2013年10月24日 (木)

ジョウビタキ発見!?

でも、証拠写真すら撮れませんでした。
Dscn1359_1

この辺りに飛び込んだはずとP510を1000mm相当にしたのですが、さすがにコンデジでは追い切れませんでした。
ついでのお供にP510はとても便利なのですが、林の中などで枝被りだったり暗かったりすると苦しいですね。デジタル1眼レフには敵いません。

まあとりあえず、今年も冬鳥の季節になったということです。

後は、おまけ。

アオサギ
Dscn1363_1

デジタルズームで2000mm相当
Dscn1364_1

気付かれた。
あ!飛んだ!
Dscn1365_1

ところで、これ欲しいですね。
ホンダの軽四輪、ミッドシップオープン・・・昔の「ビート」の再来?
Biz13102311570010l1_2

2013年10月23日 (水)

ロモのレンズキット

ロモグラフィーから変なレンズが出ましたね。
Lenskit

マイクロフォーサーズ用の交換レンズなんですが、レンズシャッターが組み込まれていて、カメラのシャッターを長時間露光に設定して、このレンズシャッターを操作すると多重露光撮影が出来るという代物です。

早速試してみました。
P1040070_1

まずは単一露光で。

G5+24mmF8
P1010489_1

P1010498_1

E-PM2+12mmF8
Pa220690_1

Pa220692_1

G5+160°円周魚眼
P1010506_1

P1010518_1

まあ、それなりに良く写るレンズですね、中心部にはピントがちゃんとくるようで、デジタル1眼用としてそれなりのレベルにはしてあるようです。
ロモには、もっとひどいもやもやレンズもありますから、このレンズはまともな方です。

さて問題の多重露光はどうかというと・・・、とても大変です。

E-PM2+24mmF8 で4回露光
Pa220683_1

多重露光撮影は出来るのですが、その場で短時間に何と何を重ねるのかを決めてやるのが難しいです。

使い方としては、シーンに合わせてあらかじめピント位置やISO感度を設定して、シャッター優先モードで数秒~数10秒のシャッター速度でカメラのシャッターボタンを押し、シャッター幕が開いている間に、レンズ側のシャッターを切るのですが・・・。

レンズの絞りはF8固定ですし、レンズシャッターの速度は1/100秒固定ですから、撮影画像をそれなりの明るさにするには、ISO感度を調整しなければいけません。
この時、重ねる複数の被写体の明るさが大きく異なると、途中で感度変更できませんから対応できません。
たぶんここが、フィルムカメラの多重露光とは大きく異なるところでしょう。

また、カメラの設定が長時間露光ですから、その後のノイズリダクション処理があったりして思いがけず時間がかかりますね。
デジカメで簡単撮影ばかりの時代に、どうやったらうまく撮れるか?何を撮ればよいか判らない?とか、色々と試してみないとまともな写真にならないのですから、面白いです。
しかも、それをデジカメで何度でも試せるところがありがたいですね。
まあ、とにかく、面倒臭いところが楽しめるアイテムではあります。

そうそう、アダプターでNEX-5Nでも使ってみました。

NEX-5N+24mmF8 で2回露光
Dsc03434_1

24mmF8が一番イメージサークルが大きいのでしたが、やはり四隅はケラレましたね。

2013年10月18日 (金)

アメリカのカメラ その後のその後

もうやめようと去年誓ったのに、今年の初めに即、解禁してしまったフィルムカメラの購入ですが、・・・。
しかたないですね、以前から気になっていたこの四角ばったカメラがひょんなことで手に入ってしまいました。
P1050665_1

P1050667_1

以前手に入れた、シグネットやボルシ―はもっと丸味のかかったボディーなのに、同じアメリカ製でもこのカメラは、全く丸いところが無いですよ。古いボックスカメラに似ていると言えばそうかもしれません。
P1050664_1

アーガスチンター50mmF3.5というレンズが付いています。
P1050655_1

カメラのモデル名は「C3」と言うらしいのですが、「argus」と刻印されたネームプレートの他には表示がありません。
P1050659_1

まず持ってみて驚いたのが、ずいぶん大きいということと、異常に重たいと言うことでした。
135フィルムを使うのに、軽量化とか小型化とか言う発想がなく、必要な機能を配置したらとりあえずこの大きさになったという感じの設計ですよ。
P1050663_1

それからフィルムの巻き上げが驚きでした。1コマごとの巻き止めは出来るのですが、次の巻き上げをするために、一々解除ノブを操作して巻き上げをするのです。
P1050662_1

今のカメラならシャッターレリーズすると自動解除されて次の巻き上げが出来るのですが、このカメラはひと手間かかるのです。
P1050666_1

更に、シャッターのチャージも手動で毎回行わなければいけませんし、フィルムを巻きあげなくても何度もシャッターが切れるという優れ物なので、多重露光の失敗の多いこと。
益々、大昔のボックスカメラの様相を呈してきましたね。

でも一応レンジファインダーが付いていて、それなりにピントも合わせられるし、シャッター速度も絞りも調整できますから、操作を間違わなければ写真はちゃんと撮れます。

とにかくフルマニュアル操作(ふつう以上にマニュアルですが)が楽しめるカメラですね。

とりあえず試し撮り
Scnargusc20004_1

Scnargusc20005_1

Scnargusc20014_1

多重露光の失敗作です(意図したわけではありません)
Scnargusc20009_1

Scnargusc20019_1

気が付いて撮り直し
Scnargusc20020_1

シャッターが指に引っ掛かってスロー気味?ぶれてる
Scnargusc20022_1

このように撮ったつもり
Scnargusc20021_1

この手間のかかり具合とか失敗の連続は、ちょっと癖になりそうですね。

2013年10月15日 (火)

GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO

約4年前に発売されたGXRですが、この50mmマクロと呼ばれたレンズユニットが余りにAFが遅いし、撮影倍率は0.5倍と言うことで大してアップになるわけでもないし、その割に値段が高くて、「全く購入意欲が湧かないカメラだ!」とこき下ろしたのですが・・・。
Ep500956_1

その後ちょうど2年前にライカMマウント用A12のユニットが発売され、その出来が素晴らしかったので、ついに買ってしまうことになり、ボディーがあるならレンズも少し増やそうと、28mmとか標準ズームとかを買い足してきました。
Ep500954_1

ところがここで、GXRは生産終了。後継機種の予定もなさそう。
そこで、改めてGXRを眺めてみると、やはり「新発売時の50mmマクロを手に入れておきたい。」と言う気持ちが強くなりまして、「中古・シリアル切り取り品」(ジャンクの恐れあり)ですが入手してしまいました。
Ep500953_1

とりあえず試し撮りです
R0012846_2

R0012849_2

R0012853_2

R0012858_2

CCDの画素欠落が数か所ありそうですが、それほど気になるような問題ではなさそうです。
撮像面のごみもなく、動作も滑らかですのでこのまま無事に動いてくれそうです、たぶん。

2013年10月14日 (月)

Diana Mini その2

ダイアナミニをハーフサイズで使ってみました。
Scndianamini0033_1

うっかり、多重露光なども楽しめます
Scndianamini0032_1

ハーフサイズですと、例のごとくフィルム1本を撮り終えるのにかなり時間がかかりますね。本当は途中で真四角とハーフの切り替えが出来るらしいのですが、切り替えるとコマ間が変になるようで、枚数のロスが発生するようです。
Scndianamini0086_1

ただでさえコマ送りが不安定で、巻き上げ具合が良く判らないカメラですから、切り替えるたびにフィルムが切れはしないかと不安を感じてしまいます。
それで、ず~とハーフのまま使ってしまいました。
Scndianamini0037_1

Scndianamini0041_1

Scndianamini0050_1

他のカメラと一緒に持って出たので、似たようなシーンばかりですが適当に貼り付けておきます。
Scndianamini0058_1

この日蔭で、ISO200のフィルムでは無理でしたね。
Scndianamini0054_1

そうそう、このカメラはダイアナフラッシュが使えました。
Scndianamini0070_1

お!ポルシェのオープンカー!
Scndianamini0062_1

私のロードスターと並べてみます。
Scndianamini0061_2

やっぱり貫禄が、ちがいましたね。
私より少し歳の多そうなご夫婦が乗っておられましたけれど。

2013年10月12日 (土)

初オナガ

ちょいと旅行でした。
出かけた先で、初見の鳥さんです。

オナガ
P1040015_1

私の家の周りでは全く見たことが無い鳥さんですが、関東には普通にいるらしいのです。
P1030999_1

P1040003_1

餌があるのでしょうね、10数羽が集まって林の木々を行ったり来たりしていましたが、中々良い条件の場所に止まりません。

枝先に止まれば、空ヌケになり
P1040006_1

空が入らないと、暗くてスローシャッターになり
P1040010_1

P1040011_1

P1040001_1

ほとんど全滅の写真ですが、一応初見の証拠です。
カメラはFZ200でした。

2013年10月 8日 (火)

VITOMATIC Ⅱ の続き

ビト―マチックの調子が良かったので、またフィルムを入れてしまいました。

出かけた先々で適当に撮っていたわけですが、ピントも露出もカメラのままに使ってやったら、
ちょっと露出オーバー目に撮れるようです。
Scnvitomatic20042_1

Scnvitomatic20043_1

まあ最高速が1/300秒ですから、余りに天気の良い日は厳しいと言うことかもしれません。
Scnvitomatic20052_1

Scnvitomatic20066_1

その代わり、絞りこんでいますからピントは平気ですね。Scnvitomatic20058_1

Scnvitomatic20059_1

夕方の日陰でちょっと暗いところだったのですが、うまく写りました。
Scnvitomatic20076_1

Scnvitomatic20078_1

Scnvitomatic20079_1

開放に近い絞りでしたが、ピントもそれらしいところに合っていますね。
かなりのおんぼろカメラですが、十分に使えそうです。

2013年10月 7日 (月)

久しぶりに Diana F+の続き

前回とても上手く写ってしまったので、気を良くしてすぐまたフィルムを入れてしまいました。

DianaF+と20mm魚眼
Scndianaf0042_1

Scndianaf0044_1

ところが、調子に乗っていいかげんなシャッターを切っていたらしく、手ぶれの頻発。

DianaF+と38mm
Scndianaf0061_1

Scndianaf0063_1

シャッター速度が1/60秒固定ですから、明るくても暗くてもブレに関しては同じなんですよ。
結局、撮影する時の構え方とか、ブレさせないように意識していないと、ダメなんですね。
Scndianaf0068_1

Scndianaf0052_1

こちらは、あまりに暗かったのでシャッターを2回切りました。1/30秒相当にしたのです。
ちょっと位置がずれてしまいんしたね。
Scndianaf0060_1

それでこちらは、バルブ撮影で1/10秒狙いの手持ち撮影
明るくはなりましたが、やはりブレてしまいますね。
Scndianaf0064_1

それから、よく構図が傾いてしまいますね。
Scndianaf0051_1

特に縦位置などでは、どうしようもなく下手ですね。
Scndianaf0058_1

でも、あまりそんなことばかり考えていてはシャッターが切れませんから、結局適当に撮ってしまいます。
Scndianaf0059_1

Scndianaf0049_1

2013年10月 5日 (土)

ユーノスロードスター24年目に突入

89年9月発売で、予約注文したら90年の10月に届きました。
あれから満23年が過ぎたのですね。
Scnvitomatic20047_1

MX-5ミアータをフランクフルトモーターショーで見て、「やっぱりこれ欲しい」と思って予約したのが運の付き。
その後に色々と気になる車があったのですが、ロードスターが足かせになって購入出来ずに見送っていました。
トヨタのMR-Sとか、ホンダのS2000とか。
Scnvitomatic20049_1

当時は金銭的に余裕も無く、さらに「ロードスターをまだ乗り切っていない」と言う感覚が自分の中に有って、買い換える気にならなかったのですね。
今思えば、MR-Sの方がはるかに高性能で乗り心地も信頼性も高かったと思うのですが・・・、気が付けばMR-Sは販売終了していました。
Scnvitomatic20050_1

さらに現在は、自分自身が日常的には自動車に乗らない生活を始めてしまいましたので、「今更、趣味の車に投資する気が起きない」ということになってしまいました。
そんなことで、ユーノスロードスターは、またまた車検を継続して24年目に突入したのでした。
実際のところ、購入価格(キャッシュで250万円)よりこれまでの維持費の方が高くなっていると思います。
毎年の保険、点検、車検やそれなりに故障や修理もありましたからね。

ところでカメラの方はそれほどの維持費はかかりませんが、限が無いということで数が増えていくので、車以上に出費が嵩んでいるかもしれませんね。
Scnargusc20020_1

Scnvitomatic20001_1

2013年10月 3日 (木)

ノビタキ発見

「今年は、さっぱり見ないなあ~、いつもなら8月末に初見なのに」と、ぼやいていましたら、やっと見られました。

ノビタキです
Dscn1286_1

Dscn1297_1

毎年、秋に南へ渡って行く途中で、我が家周辺の田畑に立ち寄るのですが、今年の夏が暑くて中々移動が始まらなかったのでしょう。
一カ月遅れの到着のようです。
10月に入っていますから、いつもならもう通り過ぎている時期なのにね。
長くは、滞在しないのでしょう。

Dscn1280_1

Dscn1309_1

ちょうど、遅めの稲刈りが終わったところです。
Dscn1315_1

そうそう、ノビタキの他にもいましたよ。

ケリ
Dscn1291_1

カワラヒワ
Dscn1293_1

キジバト
Dscn1311_1

ダイサギ
Dscn1300_1

撮影は、ニコンのP510でした。

2013年10月 2日 (水)

Diana Mini

ダイアナカメラを調べていたら、こんなカメラがあったのですね。

Diana Mini
R1009983

本家Dianaよりも一回り小さいく135フィルム専用です。
R1009982

135フィルムと言うより、24×24の真四角と17×24のハーフサイズの切り替えができるおもちゃカメラで、ダイアナF+とはフォーマットが異なるように位置づけしてあるのでした。

それでも、共用のダイアナフラッシュが装着出来たりして嬉しいではありませんか。
R1009984

ほとんど、販促用おもちゃカメラの作りですが、一応ピント合わせができますし、絞りも2段切り替えができて、さらにバルブ撮影も可能と言うことなんで、それなりにマニュアル操作が楽しめたりします。

レンズは24mmなのですが、真四角フォーマットではちょっと広角程度ですし、ハーフサイズでは、標準レンズに近い画角に感じます。
とにかくファインダーが小さくて、覗いていてもはっきり被写体が見えないままシャッターを切っていることが多いです。

そんな状況なんですが、とりあえず試し撮りしてみました。
Scndianamini0001_1

Scndianamini0008_1

Scndianamini0009_1

手ぶれ頻発。フラッシュはそれなりに使えそうですね。

ゾーンフォーカスの目盛りと実際の距離もチェックして見ました
Scndianamini0013_1

Scndianamini0015_1

Scndianamini0017_1

大丈夫そうです。

湾曲具合は
Scndianamini0026_1

わざわざ買って使ってみるほどのカメラでは無かったような気がしますが、これで作品撮りするつわものもいるようなんで、写真の世界は限が無いですね。
Scndianamini0024_1

2013年10月 1日 (火)

VITOMATIC Ⅱ

フォクトレンダーのビテッサより、こちらのカメラの方が良く写るらしいと聞いて、ジャンクすれすれを手に入れました。

ビト―マチックⅡです。
20130930_002

ずんぐりしたレンズ鏡筒と小ぶりなボディーですが、重い。
20130930_000

裏ぶたの開け方が、凝っています。
20130930_001

それよりも、オートマチックのためと言うことなのか?このカメラを使うに当たってとにかく色々なメカ的な制限が織り込まれていて、どうやって撮影するのか初めは解かりませんでした。

まず、裏ぶたをあけてバルブにして、レンズの状態を確認しようとしても、シャッターボタンが押せないのです。
フィルムの巻き上げレバーを操作しても、シャッターチャージが出来ないのです。
フィルムが入っていないとシャッターチャージが出来ない仕組みになっていました。
フィルムカウンターにつながっているスプロケットが回転しないと、シャッターチャージ出来ない仕組みになっていて、さらにフィルムを入れて裏ぶたを閉じないと、このスプロケットはうまく回らないのでした。

ダミーフィルムを使ってあれこれ試行錯誤しながら、シャッター速度や絞り羽の具合を確認し、やっと撮影用のフィルムを入れることになりました。

撮影結果です
Scnvitomatic20004_1

Scnvitomatic20009_1

Scnvitomatic20011_1

Scnvitomatic20013_1

Scnvitomatic20016_1

Scnvitomatic20025_1

試しにビテッサを撮ってみると
Scnvitomatic20021_1


逆に、ビテッサでビト―マチックⅡを撮ってみると
Scnvitessa0181_1

どちらもうまく写りましたね。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー