« GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO | トップページ | ロモのレンズキット »

2013年10月18日 (金)

アメリカのカメラ その後のその後

もうやめようと去年誓ったのに、今年の初めに即、解禁してしまったフィルムカメラの購入ですが、・・・。
しかたないですね、以前から気になっていたこの四角ばったカメラがひょんなことで手に入ってしまいました。
P1050665_1

P1050667_1

以前手に入れた、シグネットやボルシ―はもっと丸味のかかったボディーなのに、同じアメリカ製でもこのカメラは、全く丸いところが無いですよ。古いボックスカメラに似ていると言えばそうかもしれません。
P1050664_1

アーガスチンター50mmF3.5というレンズが付いています。
P1050655_1

カメラのモデル名は「C3」と言うらしいのですが、「argus」と刻印されたネームプレートの他には表示がありません。
P1050659_1

まず持ってみて驚いたのが、ずいぶん大きいということと、異常に重たいと言うことでした。
135フィルムを使うのに、軽量化とか小型化とか言う発想がなく、必要な機能を配置したらとりあえずこの大きさになったという感じの設計ですよ。
P1050663_1

それからフィルムの巻き上げが驚きでした。1コマごとの巻き止めは出来るのですが、次の巻き上げをするために、一々解除ノブを操作して巻き上げをするのです。
P1050662_1

今のカメラならシャッターレリーズすると自動解除されて次の巻き上げが出来るのですが、このカメラはひと手間かかるのです。
P1050666_1

更に、シャッターのチャージも手動で毎回行わなければいけませんし、フィルムを巻きあげなくても何度もシャッターが切れるという優れ物なので、多重露光の失敗の多いこと。
益々、大昔のボックスカメラの様相を呈してきましたね。

でも一応レンジファインダーが付いていて、それなりにピントも合わせられるし、シャッター速度も絞りも調整できますから、操作を間違わなければ写真はちゃんと撮れます。

とにかくフルマニュアル操作(ふつう以上にマニュアルですが)が楽しめるカメラですね。

とりあえず試し撮り
Scnargusc20004_1

Scnargusc20005_1

Scnargusc20014_1

多重露光の失敗作です(意図したわけではありません)
Scnargusc20009_1

Scnargusc20019_1

気が付いて撮り直し
Scnargusc20020_1

シャッターが指に引っ掛かってスロー気味?ぶれてる
Scnargusc20022_1

このように撮ったつもり
Scnargusc20021_1

この手間のかかり具合とか失敗の連続は、ちょっと癖になりそうですね。

« GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO | トップページ | ロモのレンズキット »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

雑感(ぼやき)」カテゴリの記事

クラッシックカメラ」カテゴリの記事

フィルムカメラ 外国製」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのカメラ その後のその後:

« GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO | トップページ | ロモのレンズキット »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー