« インスタントフィルム | トップページ | AUTOではないSⅡ »

2013年10月26日 (土)

ISO800ネガフィルム

Vivitar Ultra Wide&SlimにISO800のネガフィルムを詰めてみました。
P1040082_1

なぜISO800かと言うと、期限切れを沢山いただいたからなんですが・・・。

ところが、これが使いにくい!
22mmF11のレンズでシャッターは1/125秒の固定と言うのがVivitar Ultra Wide&Slimですから、ISO800では明るい日中では白飛びするし、夜の撮影では真っ暗になってしまうのです。
この組み合わせで手ごろな明るさを求めると、雨降りの日中とか、夕暮れ時のまだ明るい感じの時、それとちょっと明るい室内光の時くらいなんですね。

新幹線の車内
Scnwideslimiso8000001_1

地下街
Scnwideslimiso8000003_1

雨降りの植物園
Scnwideslimiso8000005_1

雨の街に出て
Scnwideslimiso8000013_1

Scnwideslimiso8000011_1_2

それで、天気の良い時は使えないので、曇り空で明るい時をねらって使ってみました。
Scnwideslimiso8000021_1

Scnwideslimiso8000023_1

Scnwideslimiso8000025_1

露出は合っていても曇り空ですから、どうしても色が沈んでしまいますね。
Scnwideslimiso8000031_1

Scnwideslimiso8000033_1

それに今の時期は、あっという間に日が暮れてしまうので、気付かぬうちに暗くなっています。
Scnwideslimiso8000034_1

Scnwideslimiso8000035_1

もうこれが限界ですね。最後の写真はスキャナーで無理やり引っぱり出したものです。

やはり、自由に露出設定ができるカメラで使わないと、ISO800は使いづらいと言うことでした。

« インスタントフィルム | トップページ | AUTOではないSⅡ »

135フィルムカメラ」カテゴリの記事

Vivitar Ultra Wide&Slim」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISO800ネガフィルム:

« インスタントフィルム | トップページ | AUTOではないSⅡ »

フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー