« Belair 3 | トップページ | DianaBabyの12mmレンズ »

2013年11月11日 (月)

久しぶりにホルガのワイドピンホールカメラ

これまた期限切れになってしまったフィルムの在庫処理になりますが、6×12サイズのワイドフォーマットで、画角120°の画が撮れるHOLGA-120WPCを持ち出しました。

ピンホールカメラですから、露光時間はほとんど勘です。
Scnwpc0701_1

1,2,3,4,5・・・・と数えて、こんな程度だろうとやるわけです。
Scnwpc0702_1

うまく写るかどうかは、運次第??
Scnwpc0703_1

しかし折角の超広角120°ですが、近頃のレンズは凄いですから、「広いなあ!」と言う感動がありません。

いっしょに使っていた、IKON+UWH12mmF5.6にて
Scnzeissikon2571_1

Scnzeissikon2572_1

Scnzeissikon2573_1
・・・・・、と言うことなんです。

ところで、ひとつ失敗談がありましたので、自分自身の覚えとして書いておきます。

それは、BelAirと120WPCの裏ぶたの赤窓の違いなんです。
Dscf0298_1
上が、120WPC、下がBelAirです。

どちらも6×12フォーマットで、120フィルムで6ショットできるのですが、120WPCが5ショットしか撮れませんでした。
BelAirは初めのコマ数は「2」からで、それ以後偶数コマに合わせるのですが、120WPCは初めのコマ数が「1」からで、それ以降奇数コマに合わせるのでした。
良く考えれば気が付くのでしょうが、BelAirを使った後では、ついつい同じ乗りで120WPCを偶数コマで使ってしまったのでした。

こんな失敗ばかりですから、フィルム代も現像代も、随分割高になってしまいましたよ。
でも、デジカメとは違う楽しさがありますね。

« Belair 3 | トップページ | DianaBabyの12mmレンズ »

ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6」カテゴリの記事

HOLGA-120WPC」カテゴリの記事

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

ZeissIKON」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにホルガのワイドピンホールカメラ:

« Belair 3 | トップページ | DianaBabyの12mmレンズ »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー