« Belair 2 | トップページ | 久しぶりにホルガのワイドピンホールカメラ »

2013年11月10日 (日)

Belair 3

BelAirに白黒フィルムを入れて見ました。
Scnbelair0031_1

Scnbelair0034_1

明るすぎなければ、自動露出ですから気楽にシャッターが切れますが、実はこのカメラ、1/125秒が最高速で、後は遅くなるだけなんですね。
ですから、うっかりシャッターを切ると手ぶればかりになるのです。

そこで、小型三脚を用意していたのですが、縦位置に構える時にはこの三脚では構えようがありませんでした。
Dscf0300_1

Dscf0301_1

しかたなく手持ちで撮影したところ、予想以上にスローシャッターに感じ、「あ!これはぶれたぞ?もう1ショットしておこう」と、あわててフィルムを巻き上げ今度は慎重にシャッターを切りました。
ところが、この時巻き上げのコマを間違えました。
120フィルムの裏紙の数字を2コマ分進めるところを1コマ分しか巻かなかったのですよ。
さらに、次のコマがフィルムの最後で、今更2コマ分は巻けなかったのです・・・。
哀れなことになってしまいました。

本来撮りたかった構図
Scnbelair0036_1

重なり過ぎた状態
Scnbelair0037_1

Scnbelair0039_1

とてもこんなんじゃ、一写入魂なんて出来ないですね。

« Belair 2 | トップページ | 久しぶりにホルガのワイドピンホールカメラ »

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

LOMO BelAir」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Belair 3:

« Belair 2 | トップページ | 久しぶりにホルガのワイドピンホールカメラ »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー