« ガラスレンズのHOLGA その2 | トップページ | DianaF+のガラスレンズ その2なのかな?? »

2013年12月 3日 (火)

DianaF+のガラスレンズとHOLGA-120GN

ガラスレンズ同志で見比べていました。

前のHOLGAの記事と同じシーンを撮ってみたのですが、DianaF+のガラスレンズの方がしっかり写りますね。

DianaF+ガラスレンズ、たぶん開放F8でしょう
Scndianaf0121f8_1

絞ってF11かな?
Scndianaf0122f11_1

もっと絞ってF16?
Scndianaf0123f16_1

シャッター速度は1/60秒固定ですから、絞った分だけ暗く写りますが、解像範囲は広がっていきますね。

どちらも「おもちゃカメラ」の範疇ですから、正確なピントとか露出とかにこだわることは無いのですが、道具として使うに当たってのレベルを知っておきたいという感じなんですよ。

DianaF+75mmガラスレンズ
Scndianaf0129_1

HOLGA-120GN
Scnholga120gn0030_1

次は、暗くなったので、どちらも同じように三脚固定でシャッターを何度も切って多重露光させました。

同じ順で
Scndianaf0131_1

Scnholga120gn0033_1

どちらもそれなりに写っていますね。
私の読みが当たったと言えばそうなんですが、実際のところ、どの程度のシャッター速度が出ているのか?絞りは正確なのか?ピント中心はどの程度か?判らないままの撮影でした。
とりあえず、そこそこに写ったのですから、これを足掛かりにもう少し実際の動作要件を詰めておく必要がありますね・・・。

などと思ってみたりするのですが、いいかげんなカメラマンの私ですから、すぐに別の興味に引き込まれて、放り出したままになるのでしょう。

« ガラスレンズのHOLGA その2 | トップページ | DianaF+のガラスレンズ その2なのかな?? »

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

LOMO Diana F+」カテゴリの記事

HOLGA-120GN」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DianaF+のガラスレンズとHOLGA-120GN:

« ガラスレンズのHOLGA その2 | トップページ | DianaF+のガラスレンズ その2なのかな?? »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー