« 撮り初め 2 | トップページ | MZD60mmF2.8マクロ »

2014年1月 7日 (火)

KLASSE W 2

夕暮れが速いので余裕を持たせるため、コダックのISO400ネガを入れていました。

少し陽が傾いた順光です
Scnklassew0071_1

Scnklassew0085_1

夕方の日陰です
Scnklassew0077_1

Scnklassew0078_1

ここまでは、まずまず問題無し。
ところが、フラッシュが光り始める暗さになると、何だか写り具合があやしくなりました。

勝手にフラッシュが光ってアンダーに
Scnklassew0080_1

思い直してフラッシュOFF
Scnklassew0081_1

下向きなら普通
Scnklassew0083_1

上向きでは、かなりアンダーに
Scnklassew0084_1

フラッシュをOFFにしなかったのかな?
それとも、縦位置にすると露出計がずれてしまうのかな?

フラッシュON
Scnklassew0075_1

フラッシュOFF
Scnklassew0076_1

オートの内蔵フラッシュですから、こんな風に写れば良いということでしょうかね。
Scnklassew0089_1

Scnklassew0092_1

ピントを合わせた距離に対して、発光量を決めているということですよね?
あ!それとも、はね返ってくる光の強さで加減しているのかな?

近距離でフラッシュONでも光量不足
Scnklassew0094_1

Scnklassew0095_1

どうも、良く解からないままフラッシュが光っています。
取説の読み直しが必要なのかも知れません。

« 撮り初め 2 | トップページ | MZD60mmF2.8マクロ »

KLASSE W」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KLASSE W 2:

« 撮り初め 2 | トップページ | MZD60mmF2.8マクロ »

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

カテゴリー