« BCL0980 | トップページ | 久しぶりのDAレンズ »

2014年3月 4日 (火)

魚眼対決??

BCL0980入手を記念して、マイクロフォーサーズ用魚眼レンズを引っぱり出しました。

左からBCL0980、panaG8mmF3.5、Samyang7.5mmF3.5、Lomo円周魚眼
R1010075_1

画角の違いは

BCL0980
P10108129mm_1

pana8mmF3.5
P10108138mm_1

Samyang7.5mmF3.5
P101081475mm_1

Lomo円周魚眼(たぶん5mmF8程度かな?)
P10108115mm_1

と、延々と比較してやろうかと思ったのですが、面倒臭いのでやめました。

以下、G5+BCL0980にて適当に撮っています。
P1010871_1

P1010876_1

P1010878_1

P1010822_1

そこそこに魚眼ですが、安いレンズなのに周辺もとても鮮明に写るし、接近しても画質の乱れが少ないので、普通に広角レンズとして使うこともできそうですね。

P1010825_1

ただ、最短撮影距離が0.2mと言うところが、ちょっと寂しいかも?

ちなみにpanaの8mmF3.5は0.1m
P1010835_1

« BCL0980 | トップページ | 久しぶりのDAレンズ »

デジタル1眼パナソニック」カテゴリの記事

SAMYANG 7.5mmF3.5 UMC FISH-EYE MFT」カテゴリの記事

Panasonic Lumix G5」カテゴリの記事

Lomography Experimental Lens Kit」カテゴリの記事

Olympus 9mmF8 FISHEYE」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ボディキャップにレンズをつけるとは絶妙のアイデアですねぇ
第三弾も期待したいところですねぇ
超広角なんてのを

牛鳴さん、どうも。

フルサイズ換算18mm相当ですから魚眼レンズとしてはちょっと物足りないかもしれません。
しかし、それなりに超広角ですから、もうこれ以上広角側でボディーキャップレンズを用意しないでしょうね、オリンパスは。
それより、換算100mm程度のマクロ的レンズを手動沈胴式で出してこないかな?などと期待しています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魚眼対決??:

« BCL0980 | トップページ | 久しぶりのDAレンズ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー