« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の30件の記事

2014年4月30日 (水)

甲府は遠い 3

ここまで来た最大?の目的?は何かと言えば、これです。
Dsc00494_1

山梨交通のバスではなく、ぶどう・・・葡萄酒・・・ワイナリーです、とこじつけて、飲みに行ってしまいました。
P1010697_1

有料の試飲
P1010718_1

無料のもあります
P1010694_1

かるいランチと一緒に
Dsc00635_1

こんなところで一杯やると、気分は最高ですね(一杯では終わりませんが)
P1010687_1

と、眼下に広がるぶどう畑と甲府盆地の向こうに
P1010713_1

霞がはれて、富士山が見えるようになりました
P1020083_1

P1010701_1

私の日頃の行いが良かったのでしょう、晴れていてもここ数日は見えなかったそうですから。

2014年4月29日 (火)

甲府は遠い 2

岡崎ではもう桜はすっかり終わってしまったのですが、中央線沿線はまだまだ花盛りでした。

車窓からですから、まともに撮れませんが
Dsc00438_1

八重桜も、しだれ桜も、あるいは山桜なのかソメイヨシノらしいものも、それとも桃や梨の花かも知れませんが、何だか一斉に咲いているようでしたね。

そして、気が付くと高い山にはまだ白い物が残っていて、北国の春?
Dsc00470_1

でも、目的地:甲府に付くと今度は初夏を通り越してしまったようで、暑いこと。

藤とハナミズキの満開で、ほとんど岡崎と同じ季節感
Dsc00606_1

Dsc00613_1

とは言え一応、山梨県甲府市まで来たという証拠写真を

武田神社とか
Dsc00495_1

Dsc00500_1

甲府城跡とか
P1010545_1

P1010543_1

駅前のなんとか広場にある、100年以上前の学校の校舎とか
P1010498_1

P1010482_1

そうそう、街路灯に沢山止まっていたカワセミ(置物)は甲府市の鳥なのだそうです
Dsc00600_1

2014年4月28日 (月)

甲府は遠い

岡崎から甲府までのルートを考えると、名古屋経由と静岡経由が考えられるのですが、どちらのルートも300Km弱なのですが、乗り替えなどを考えると所要5時間弱と、大変時間がかかるのですよ。
しかも、中央線も身延線も列車の本数が少なく、気軽にちょいと出かけるなどとは行かないのです。
東京なら遅くても3時間足らずなので、早朝に出て午前10時の会議に間に合わせるなどやったものですが、甲府は簡単ではないのです。
また、自動車で高速道路を使う場合、新しく東海環状自動車道が出来て随分距離が減ったのですが、山道なので案外時間がかかるようです。
とは言っても、学生時代にお金が無くて国道19号20号を走った頃の半分程度の時間なんですが・・・。
ということで、私が住んでいる岡崎から甲府までは非常に遠いのです。

さて、その遠い甲府まで行ってきました。

岡崎→名古屋→塩尻→甲府→静岡→豊橋→岡崎の右回りです。
Dsc00414_1

Dsc00437_1

Dsc00492_1

Dsc00655_1

Dsc00683_1

別にゴールデンウィークもNHKの朝ドラも関係なかったのですが、ちょうどそんなタイミングに出かけてしまいました。

2014年4月27日 (日)

これも無題?

本当は「新緑を求めて」と題して撮影したかったのですが、今年はあっという間でして、出遅れた感じなのでした。
ですから、気の抜けたカメラマンが、葉っぱの写真と花の写真を適当に撮っただけなのです。

G5+MZD12-50mm
P1000250_1

P1000237_1

P1000231_1

G3+G45-150mm
P1020575_1

P1020594_1

P1020592_1

E-PM2+MZD12mmF1.8
P4241221_1

P4241222_1

E-PM2+MZD45mmF1.8
P4241228_1

P4241247_1

本当に、機材よりロケーションに費用を回さないと、写真が撮れないですね。

2014年4月26日 (土)

オオルリの声はすれども

この辺りで聞こえているのですが、夏鳥のオオルリらしい声が・・・

E-PM2+MZD12mmF1.8
P4241260_2

E-PM2+MZD45mmF1.8
P4241253_2

カメラもレンズもそのつもりの機材ではないし、そもそも鳥さん自体が見えない状態でしたからね。
証拠写真にもなりませんでしたね。

2014年4月25日 (金)

無題

なんとなく記事に出来ずに、貼りそびれた写真が残っていましたので・・・。

ペンタックスQ7+08レンズにて
Imgp1811_1

ペンタックスK-01+DA14mmF2.8にて
Imgp0465_1

ペンタックスK-01+SMC-M 200mmF4にて
Imgp0469_1

CX3
R1010265_1

R1010305_1

R1010314_1

アケビの花らしい
R1010214_1

FZ200にて
P1040882_1

それなりに季節感はあるのかな?

2014年4月24日 (木)

ペトリ FTEE その2

前の記事と同じ時に、レンズを使いまわしながら、フィルムのペトリFTEEも使っていました。
似たようなシーンばかりですが、貼り付けて見ます。

ペトリFTEE+55mmF1.8
Scnpetriftee0072_1

Scnpetriftee0076_1

Scnpetriftee0081_1

Scnpetriftee0089_1


Scnpetriftee0097_1

135mmF3.8
Scnpetriftee0090_1

Scnpetriftee0092_1

Scnpetriftee0105_1

Scnpetriftee0107_1

やはり、写りの不安感は、シャッター幕の走り具合がおかしいところが気になるのでしょうね。
縦位置ではミラーはうまく復帰するのですが、横位置にするとミラーアップしたままになるという状況が続きました。摩擦抵抗が変化するようです。
と言うことは、シャッター速度自体も遅くなってしまっているのかも知れません。
絞りとシャッター速度を同じEV値のまま変化させてやると、写った写真の明るさがかなり変化しましたので、影響ありですね。

それから、ピントの甘さも大きいですね。
曇ったファインダーでは、近距離の被写体は無理だったのかも知れません。
偶然合ったものもありますけれど、絞りを開き気味にしたものはどうも狙った位置にピントが来ていないようです。

まあ古いカメラですし、頂き物ですから、これだけ楽しめればよしとしましょう。

2014年4月23日 (水)

ペトリ→NEXアダプターをでっち上げ

ちょっと味見するだけなら手であてがう方法もあるのですが、ペトリマウントは少し変わった構造なので、手で持ちながらという操作がやりにくかったのです。
そこで、動かない方のペトリV6からマウント金具を一時拝借して、NEX用のアダプターと合体させることにしました。
間に挟み込む適当な物として、4/3-NEXアダプターを持ってきて、更に2mmほどの樹脂板を重ねるとほぼ無限遠が出る寸法になりましたので、後は強引に接合?結合?
R1010372_1

黒いガムテープは隙間からの光漏れ対策です。
R1010371_1

固定が完全ではないので、かなりひやひやしながらの撮影です
R1010370_1

さて、撮影結果は

55mmF2
Dsc03774_1

Dsc03776_1

開放F2
Dsc03783_1

絞ってF4
Dsc03784_1

Dsc03791_1

135mmF3.8
Dsc03772_1

Dsc03780_1

後は適当
Dsc03799_1

Dsc03800_1

Dsc03803_1

どうでしょう?フィルムカメラの時の不安な写りと比べて随分良いじゃありませんか!
NEX-5Nの拡大プレビューのピント合わせのおかげかも知れませんね。

ちなみに一緒に撮っていたRX-100ではこんな感じ
Dsc00408_1

Dsc00403_1

また、GM1+G100-300mmでは
P1010453_1

P1010450_1

レンズ遊びは、デジタルがやりやすいですね、しかもミラーレスに限ると思いますね。

でも、扱いが面倒臭くて、更にどう写ったかその場で判らないフィルムのカメラも、楽しむと言うことでは、捨てがたいのですが・・・。

2014年4月22日 (火)

お供のデジカメ

フィルムカメラのお供で撮ったデジカメの写真を貼り付けておきます。
どこかで見たシーンばかりです。

Dsc00358_1

Dsc00364_1

Dsc00368_1

Dsc00377_1

Dsc00381_1

Dsc00382_1

実は、露出計代わりなんですね。

2014年4月21日 (月)

ペトリ FTEE

もう買うまいと思っているフィルムカメラですが、買わなくても増えてしまいますね。

ずっと以前にジャンク品でペトリV6と言うカメラを手に入れましたが、どうしても修理できそうになく断念したことがありました。
レンズだけでもなんとか使えないかと、アダプターを探しましたが、無いですね。

そこに今度は頂き物ですが、「動くはず」「とても綺麗に撮れた」とのふれこみで、ペトリFTEEと言うカメラが届きました。
R1010359_1

R1010361_1

R1010362_1

ペトリマウントのレンズは他にも持っていましたから、このカメラが動けばありがたいとおもって、喜び勇んで現物確認すると、ミラーが上がったままです!?

あれ???

巻き上げレバーを操作するとミラーは復帰。シャッターを切ると上がったまま。
こんな動作のカメラなの?と裏ぶたを開けると、シャッター後幕が閉じ切らないでいます。
ちょっと手でシャッター幕をつついてやると閉じ切って同時にミラーが戻りました。
R1010363_1

シャッターを切った後はこんな感じR1010364_1

シャッター系の摩擦が大きくてこんなことになっているのだろうと、当たりが付くまで空シャッターを切ると調子良くなってきました。
「ではフィルムを入れて」と試して見るとまたミラーが復帰しません。
シャッターが全閉しないとコマの端に露光オーバーの部分が出来てしまいます。
もしくは次の巻き上げ時に全面に余計な光が回ってしまいます。
これは注意深く使わないと失敗しそうですよ。

そこで、一旦フィルムを巻き戻して、改めて空シャッターを・・・。
十分に馴染んだところでまたフィルムを入れて一気に撮り切りました。
不良コマは10%程度ありましたが、なんとか写った物を貼り付けて見ます。

55mmF2旧
Scnpetoriftee0032_1

画面の端に不良露光が出来ています。

55mmF1.8新
Scnpetoriftee0036_1

Scnpetoriftee0040_1

135mmF3.8
Scnpetoriftee0041_1

Scnpetoriftee0046_1135f38

Scnpetoriftee0050_1

55mmF1.8新
Scnpetoriftee0052_15820n

Scnpetoriftee0054_1

Scnpetoriftee0060_1

Scnpetoriftee0063_1

と、こんな調子で撮影出来たのですが、今一つ鮮明画像とは行かない感じです。

なんとかアダプターを工面して、デジタルで使ってみたいですね。

2014年4月20日 (日)

雑感

デジカメも沢山持っていますが、フィルムのカメラも、(ほとんど中古やジャンク品ですが)沢山集めてしまいました。
知人からはよく言われます、「そんなに持っていても使いきれないだろう」とか、「カメラよりフィルムの方が高くつくから、もうフィルムの写真は撮れないね」とか、「まだフィルムって売っているの?」などとね。

Dscn1828_1

本当にその通りなんですね。でも、捨てられないのです。
中古屋に二束三文で売り払ってしまうより、自分の手許に置いて愛でてやる方が良いと思ってしまうのですね。

Dscn1833_1

もし売りに出すなら、たぶんデジカメの方が先になるでしょう。バッテリーが無いと使えないし、電気・電子系統が自然劣化するのは速いですし、それでほぼ終わりですから。
それに比べてフルマニュアルのフィルムカメラなら修理も楽でしょうし、フィルムさえあれば使えますからね。(とは言え、いずれ壊れることにはなるのでしょうが・・・)

Dscn1838_1

と言うことで、置き場所に余裕があるあいだは、まだしばらく持っていることになると思いますよ。

Dscn1844_1

でも、普段使いはデジカメの方が圧倒的に便利だし、綺麗だし・・・。
困ったものですね。

撮影はニコンのP510でした。

2014年4月19日 (土)

オリンパスOM-2

古くからの友人が「ミラーレスが使ってみたい」と言うことだったので使い古しのG1を差し上げたら、「シャッター切れないけどいい?」とOM-2がお返しに届きました。
20140419_004

20140419_000

20140419_001

革ケースに入っていたのでちょっと見の外観は綺麗ですが、中身は相当にやつれていて、レンズもカビがかなり来ていました。
20140419_005

20140419_002

20140419_003

でもシャッター目盛りをバルブにしてやるとシャッター幕が走りました。
もしやOM-2は電子シャッターだったはずでは?と電池を入換えてやると、あれまあ!動きますよ。
シャッター速度もそれらしい感じですし、露出計もそこそこに正確そうです。
それならばと、掃除もせずに早速フィルムを入れてみました。
ファインダーにもちょっとカビが来ていて、見えづらいのですがなんとかなりました。
撮影結果です。

OM-2+OM50mmF1.4カビ付き
Scnom200015014_1

Scnom20003_1

Scnom20004_1

OM-2+OM24mmF2.8
Scnom20016_1

Scnom20019_1

レンズ次第のところもありますが、十分実用になりますね。
綺麗に掃除して返却した方が良いかも???などと思ってみたり。

ちなみに、一緒に連れて行ったOM-1の方も貼り付けておきます。

OM-1+OM50mmF1.8
Scnom11674_1

Scnom11678_1

OM-1+OM24mmF2.8
Scnom11685_1

Scnom11687_1

2014年4月18日 (金)

ジャンクカメラ

久しぶりにジャンクかごに金属カメラがありました。ミノルタのHiMATIC-7です。
でも思い返せば、HiMATIC-7はもう既にジャンク品を1台持っていました。
さらに、似たようなスペックのHiMATIC-9もHiMATIC-11も持っているのでした。

でも持ち帰ってしまったので、フィルムを入れてしまいました。

撮影結果です
Scnminoltahimatic70003_1

Scnminoltahimatic70005_1

Scnminoltahimatic70010_1

露出計は動かず、レンズはちょいカビでしたが、マニュアル露出で十分綺麗に撮れてしまいましたよ。
大きく明るいレンズが、画質を高めていた時代のコンパクトカメラですね。

2014年4月17日 (木)

季節の物

いつものことですが、テーマを持たずに撮影しているので、雑多な写真が溜まってしまいます。
季節の物ですから賞味期限が切れないうちに貼り付けてしまいましょう。

木イチゴの花だと思います
Dsc00332_1

麦の穂
Dscn1779_1

これボケでしょうか?
Dscn1798_1

なんと言うのか知りませんが白い花
Dscn1801_1

そうこうしているうちに新緑の季節ですね。
P1040792_1

2014年4月16日 (水)

アーガスの35mmレンズ 2

なんとかデジタルで使ってみようと、適当な厚みのアダプターを探して、あてがってみました。

NEX-5N+アーガスの35mmF4.5
Dsc03672_1

Dsc03689_1

Dsc03693_1

大変良く写るのですが、それだけのことですね。

開放F値がF4.5ですから、背景が大きくボケるわけでもないし、フルサイズレンズにAPS-Cカメラですから周辺減光も気にならないし、とにかく普通に見えるだけですから面白くないです。

やはり面倒臭い手順のアーガスC3で使ってやるのが、一番面白そうです。

2014年4月15日 (火)

アーガスの35mmレンズ

少し前にアーガスC3に望遠レンズを付けたと記事にしましたが、今度は35mmF4.5の広角レンズです。
R1010253_1

R1010255_1

前回、レンズ交換してもピントはそこそこ大丈夫だと経験しましたから、初めからフィルムカメラで撮影しました。レンズも3本ともに取り替えながらです。

35mmF4.5にて
Scnargusc30004_13545

Scnargusc30006_1

50mmF3.5にて
Scnargusc30003_1

Scnargusc30002_15035

100mmF4.5にて
Scnargusc30018_1

Scnargusc30019_1

広角レンズは問題無しでしたが、やっぱり望遠レンズの近距離はちょっと難しかったですね。
とは言え、今回は35mm広角レンズが主役ですから、フィルムを入れ直してもう少し使ってやりましょう。
いつものように他のカメラと一緒でしたから、どこかで見たシーンばかりですが、貼り付けておきます。

以下は35mmF4.5ばかりです。
Scnargusc30010_1

Scnargusc30013_1

Scnargusc30033_1

Scnargusc30036_1

Scnargusc30041_1

Scnargusc30044_1

Scnargusc30051_1

Scnargusc30055_1

35mmレンズなら、いいかげんに扱っても十分実用になりますよ。あとはファインダーをどうするかですが・・・。
私のC3は外付けファインダーも取り付け出来ませんので、本体ファインダーの50mm相当から、後は勘だのみでやるのでしょうかね。

2014年4月14日 (月)

最近の鳥撮り

いつものように、出かけた先でたまたま持っていた機材で撮っただけの証拠写真です。

良く見えないでしょうが、ウグイスです。Dscn1791_1

ムクドリ
P1040748_1

カラス
P1040752_1

ヒヨドリ
P1040766_1

ムクドリ
R1010226_1

ツグミ
P1040797_1

他愛無い写真ばかりですが、一応「見たよ」と言う記録です。

2014年4月13日 (日)

富士フィルム nexiaQ1 その後

nexiaQ1に、もう既に期限切れとなっているコダックのISO200のフィルムを詰めてみました。
それで、他のカメラのお供でつれて行ったのです。
他のカメラは大抵リュックですが、コンパクトで軽いので、nexiaQ1は首からぶら下げていました。
そして、適当に使っていました・・・。
と言うより、シャッターを押すだけしか出来ないカメラですから、何も考えることなく思いだしたらファインダーを覗いてシャッターを切るという具合で使っていたのです。

APSのフィルムはもう売っていませんから、貴重品なのですよ本当は。

撮影結果です。
どこかで見たようなシーンばかりですが、貼り付けておきます。
Scnnexiaq10033_1

Scnnexiaq10035_1

Scnnexiaq10036_1

Scnnexiaq10042_1

Scnnexiaq10044_1

Scnnexiaq10049_1

Scnnexiaq10052_1

Scnnexiaq10053_1

ISO400の時よりうまく写りましたが、やはりもったいないですねフィルムが。

私が子供の頃、「写真にすると、実物よりきれいに見えるね。」と、よく言われた物ですが、APSでも、もっと綺麗で鮮明に写るカメラが有ったのに、簡単カメラばかりにしてしまったために、写真を撮る楽しさとか、写真に綺麗に残す嬉しさが薄れてしまったようです。
あるいは、最近のデジカメの鮮明画像を見慣れてしまったからかもしれませんが・・・。

このカメラも電池を抜いて、お蔵入りさせておきます。

2014年4月12日 (土)

八重桜

散り桜を見てまわっていたのですが、気が付くと八重桜がもう開花していました。

P7000
Dscn0330_1

RX-100
Dsc00351_1

P510
Dscn1818_1

Dscn1821_1

Q7+06レンズ
Imgp1822_1

Imgp1826_1

それならば、農大の黄色い桜も咲いたのか?と行ってみると
Dscn1827_1

もう一気に春が駆け抜けた感じですね。

八重桜が咲くと、農事が始まると言うのですが・・・、
次は種まきなのかな?麦秋なのかな?それとも田植えなのかな?

2014年4月11日 (金)

散り桜

ソメイヨシノの満開が、あっという間に終わってしまったので、「なごりの散り桜」を撮ろうとあちらこちらを見てまわりました。

RX-100
Dsc00340_1

F200EXR
Dscf9146_1

P510
Dscn1773_1

GM1+G14mmF2.5
P1010340_1

GM1+BCL0980
P1010352_1

XZ-1
P4100062_1

Q7+06レンズ(望遠ズーム)
Imgp1829_1

Imgp1832_1

本当にあっという間でしたね、今年のさくらは。

2014年4月10日 (木)

春爛漫 9

最後に自宅の花を色々な機材で

D600+ウルトロン40mmF2
Dee_1008_1

Dee_1000_1

D5100+タムロンSP17-50mmF2.8VC
Dsc_1304_1

5DM2+EF70-200mmF2.8L IS
Img_3511_1

Img_3521_1

EOS KissX4+EFS10-22mm
Img_5530_1

Img_5545_1

ペンタックスK-01+DA14mmF2.8
Imgp0448_1

Imgp0458_1

桜ばかりでは飽きてしまいますから、少し他の花を

ナシ
Img_5586_1

ドウダンツツジ
Img_5600_1

シジミバナ
Img_5610_1

ブルーベリー
Img_5626_1

ユキヤナギ
Img_3545_1

白い花ばかりでも飽きてしまいますので

ムラサキハナナ
Img_3549_1

ブロッコリー
Img_5575_1

ハボタン
Img_5550_1

ダイコン
Img_5557_1

あら?今度はアブラナの仲間ばかりでした。

2014年4月 9日 (水)

春爛漫 8 とは行かなかったね

農大の桜が散り始めたとなると、岡崎公園はもうだめか?と思いながらも桜まつりに行ってみました。

この日はあいにくの風と雨
Dsc00248_1

Imgp1753_1

それでも名所ですから、まだまだ見どころはありまして
Dscn1663_1

Dscn1679_1

Dscn1703_1

お城の周りを数回まわってみますと、色々と目に付く物がありまして
Dscn1753_1

Imgp1762_1

Dsc00231_1

Dsc00245_1

観光のお客さんも沢山いまして
Dsc00230_1

Dscn1761_1

出店も沢山ありまして
Dscn1729_1

Dscn1733_1

でも結局、散り桜が一番の被写体になっていましたよ
Dscn1698_1

Dscn1706_1

Dscn1720_1

Dscn1736_1

Dscn1749_1

Imgp1737_1

Imgp1740_1

2014年4月 8日 (火)

春爛漫 7

大急ぎで地元の神社の桜を見に行きました。
Ep501527_1

思った通り、ぴったり満開。
Ep501529_1

Ep501548_1

Ep501535_1

Ep501563_1

Ep501576_1

Ep501602_1

穏やかな日和で、持って行ったマイクロフォーサーズのレンズを色々と取り替えて楽しめましたよ。

しかしここでも、ちょっと風が吹くと一気に散り始めましたね。
Ep501634_1

Ep501653_1

カメラは3台だったけれど、レンズはいったい何本持って行ったのかな?
P1010995_1

P1010999_1

P1010981_1


P1020025_1

P1020068_1

2014年4月 7日 (月)

春爛漫 6

我が家の桜はいつも、ご近所の桜より少し遅めに咲くはずなのですが、あっという間に8分咲きを過ぎてしまいました。
Dsc00219_1

と言うことは、隣の農大の桜はどうなったんだ?!と、あわてて見に来ました。

D600+AFS50mmF1.4G
Dee_0935_1

D600+AiAF35mmF2D
Dee_0943_1

Dee_0949_1

あれまあ!もう枝先まで開花して、満開の真っ最中ですよ。

D600+タムロンSP70-300mm
Dee_0972_1

Dee_0978_1

Dee_0991_1

EOS M+EFM11-22mmIS
Img_0367_1

Img_0376_1

Img_0380_1

気が付くと、撮影中にちょっと風が吹くと、もう散り始めてしまいましたよ。
Img_0385_1

EOS5DM2+EF135mmF2L
Img_3477_1

Img_3479_1

EOS5DM2+EF40mmF2.8
Img_3483_1

見に行く予定だった桜が、まだまだ残っていたのに、なんとも今年の桜は足が速いですね。

2014年4月 6日 (日)

春爛漫 5

RX-100にて
Dsc00186_1

Dsc00181_1

Dsc00183_1

我が家の桜が勢い良く咲きだしたので、カメラを沢山持ち出して撮影を始めたら、ヒヨドリさんも気が付いて、くちばしを黄色くしていましたよ。

E-P5+MZD75-300mm
Ep501382_1

Ep501429_1

Ep501448_1

まあ、こちらは関係なく撮影を続けたのですが…

GM1+MZD45mmF1.8
P1010278_1

P1010279_1

GM1+MZD25mmF1.8
P1010285_1

P1010288_1

GM1+SAMYANG7.5mmF3.5魚眼
P1010293_1

GM1+MZD75-300mm
P1010304_1

G5+G20mmF1.7
P1010932_1

とにかく自宅ですから、色々と機材を交換しながら何度も撮影できると言うのがありがたいですね。
更に、呼べばいつでも来てくれる我が家専属の「鳥さんタレント?」がいたら申し分ないのですが、そこまでうまくはいかないようです。

2014年4月 5日 (土)

春爛漫 4

我が家の桜も咲き始めました。3分咲き?見ている間に5分咲き!?
Dee_0929_1

P1000195_1

Ep501345_1

P1000204_1

Ep501329_1

足が速すぎませんか?!今年の桜は!

2014年4月 4日 (金)

春爛漫 3

場所を変えて、またまたしだれ桜

RX-100
Dsc00153_1

Dsc00149_1

X-E1+XF35mmF1.4
Dscf0816_1

X-E1+XF18mmF2
Dscf0827_1

Q7+08レンズ
Imgp1669_1

Imgp1660_1

そう言えば、桜以外も沢山撮っていましたので、ちょいと貼り付けておきます。
Dscf0815_1

Dsc00123_1

Dsc00137_1

P1010206_1

いやぁ~、春爛漫ですよ。

2014年4月 3日 (木)

春爛漫 2

薄墨桜やしだれ桜も沢山撮りましたので、貼り付けておきます。

RX-100
Dsc00126_1

Dsc00128_1

X-M1+XF14mmF2.8
Dscf0968_1

P510
Dscn1652_1

Dscn1660_1

Q7+03レンズ(魚眼)
Imgp1632_1

Imgp1648_1

GM1+MZD45mmF1.8
P1010199_1

P1010228_1

そうそう、フィルムのカメラもありました。

RETINAⅡ
Scnretina20056_1

Scnretina20060_1

Scnretina20066_1

CONTESSA
Scncontessa0867_1

Scncontessa0871_1

Scncontessa0875_1


まだまだ、これからが桜の本番ですね。

2014年4月 2日 (水)

RETINA Ⅱ その2

コンテッサと一緒に持ち出しました。取りあえず適当に比較しながら撮影

RETINA Ⅱ
Scnretina20032_1

CONTESSA
Scncontessa0842_1

以下同じ順番で
Scnretina20035_1

Scncontessa0845_1

Scnretina20037_1


Scncontessa0847_1

撮れた写真では、50mmと45mmの画角の違いがあるのですが、撮影中は良く判りませんでした。
ファインダーの視野率とかがかなり大雑把なんでしょうね。あるいは私が大雑把な性格だからかも知れませんが。

いつものように面倒臭くなって、後は勝手に貼り付けておきます。
Scncontessa0848_1

Scncontessa0851_1

Scncontessa0853_1

Scnretina20042_1

Scnretina20050_1

Scnretina20053_1

2014年4月 1日 (火)

春爛漫の始まり始まり

ご近所のソメイヨシノが、一気に咲き始めました。こうなると、春爛漫の感じになりますね。
とにかく日差しが暖かくなり、風が、かなり穏やかな一日でした。

超!?写真日和!?・・・沢山カメラを持って出かけましたよ。

RX-100
Dsc00069_1

Dsc00088_1

Dsc00065_1

GM1+MZD45mmF1.8
P1010168_1

P1010176_1

P1010170_1

そうそうしだれ桜も
Dsc00111_1

P1010187_1

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー