« ニコマ―トFT その後 | トップページ | 換算2000mm相当 »

2014年9月19日 (金)

600mmと500mm

タムロンの150-600mmとシグマの50-500mmの望遠端を撮り比べ。

タムロン(600mm)
Img_2896_1

シグマ(500mm)
K52s1547_1

以下、同じ順番で
Img_2912_1

K52s1566_1


Img_2929_1

K52s1594_1

え~っと、単純に600mmと500mmの差ではなかったですね。
カメラボディーが異なっていました。
タムロンはEOS40Dで換算960mm相当、シグマはK5Ⅱsで750mm相当ですから、かなり画角差がありました。
更に近距離の被写体ばかりでしたから、インナーフォーカスのため実質の焦点距離が短くなってしまい、特にシグマ50-500は極端に短くなるようですから、同一距離からの撮影では、予想以上に撮影倍率に差が出来てしまいました。

どちらも手ぶれ補正機能が入ったレンズですから、それなりに遅めのシャッターが切れますが、実質焦点が長いタムロンの方が、より速いシャッターを切ってやる必要がありそうです。

1/25秒
Img_2855_1

1/80秒
Img_2995_1

1/125秒
Img_3045_1

まあとにかく鳥撮りなどでは連写しまくりですし、いくらでも長いレンズが欲しくなりますから500mmより600mmと言うことで、タムロン150-600mmは望遠に特化した使い方でしょう。
逆に、シグマの50-500mmのはその使い勝手の良さを改めて再認識したのでした。

« ニコマ―トFT その後 | トップページ | 換算2000mm相当 »

SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 APO DG OS HSM」カテゴリの記事

TAMRON SP150-600mmF5-6.3 Di VC USD」カテゴリの記事

花撮り」カテゴリの記事

レンズ 望遠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206782/60342673

この記事へのトラックバック一覧です: 600mmと500mm:

« ニコマ―トFT その後 | トップページ | 換算2000mm相当 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

カテゴリー