« またまた、ジョウビタキ | トップページ | またまたまた、ジョウビタキ »

2014年11月 7日 (金)

6.5×11カメラ その後のその後

光漏れが対策出来たので、135フィルムを入れて遊んでいました。

108×24mmのフィルムに写したのですから、大パノラマ写真になったでしょう?
Scnvigilant0206_1

普通の3コマ分を使って撮影するのですから、36枚撮りフィルムを使うと12ショット撮れるつもりだったのですが、11ショットで終わってしまいました。
Scnvigilant0204_1

よく考えたら、巻き始めに引き出すフィルムの長さがかなりありますし、各コマの巻き上げは赤窓を閉じたまま、4.5→4.0→3.5→3.5→3.0→3.0→3.0→2.5→2.5→2.5→2.0→2.0回転と言う要領で巻き上げノブを回してやるので、コマ間がかなり広めになってしまうのです。
ですから、11ショットならよく撮れた方ということでした。

ところで、このカメラのレンズは126mmF4.5なので長手方向だけで考えると、よく言うフルサイズ換算42mm相当と言うことになるのですね。
そこで、近い焦点距離のレンズと比較してみました。
Scnvigilant0205_1

比較用としてNEX-5N+シグマ30mmF2.8(換算45mm相当)
Dsc04048_2

もう一台GX7+G20mmF1.7(換算40mm相当)
P1000553_1

と言う結果になって、実はもう少し広めの画角があるようでした。

それから、実はフィルムの端をマスキングしていませんので、こんな風に写っているのです。
Scnvigilant0229_1

Scnvigilant0231_1

被写体次第のところもありますが、これだけたくさんパーフォレーションがあるとちょっとうるさい感じもしますね。作品として撮っているわけではないのでご容赦を。

こんな具合でいつも似たような被写体を撮影していると、鑑賞する時は新鮮味が無くなって来ます。
でも撮影の最中は、露出決定や距離の決定に毎回迷うところが有って、案外真剣勝負な感じなので、結構楽しいのです。
フルマニュアルのおんぼろカメラを、調子を見ながら、工夫しながら使ってやるところがどうも面白いのですね、私には。

« またまた、ジョウビタキ | トップページ | またまたまた、ジョウビタキ »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

フィルムカメラ 外国製」カテゴリの記事

616フィルムカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6.5×11カメラ その後のその後:

« またまた、ジョウビタキ | トップページ | またまたまた、ジョウビタキ »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー