« ジョウビタキが毛虫を! | トップページ | YASHICA LYNX-1000 »

2014年11月29日 (土)

フィルムカメラ雑感 の続き

以前も書きましたが、私はライカファンではありません。
Scnleica3f1301_1

しかし、いつの間にかLマウントレンズが増えてしまったので、Lマウントを使えるフルサイズカメラとして、かなりお安くなったⅢfの中古を買ってみたわけです。
(デジタルのライカMを買うほどの資金が無いと言うところもありますが・・・)
Scnleica3f1302_1

しかし、使ってみると、確かに物としての存在感もありますし、軽快なのに節度がある操作感など、ブランド品としてもてはやされるのが解かるのですね。
丁寧に作り上げられて、しっかり調整されていて、メカとしての出来の良さを感じるわけです。
Scnleica3f1305_1

実のところ、Lマウントのカメラとしてはロシアのフェドとかゾルキーを使った挙句のライカでしたから、余計にその良さを感じたというところもありますけれどね。
Scnleica3f1308_1

Scnleica3f1309_1

そこへ行くと最近のデジタルカメラの有難味の無いことは甚だしいですね。
値段こそ随分高い物が売られていますが、また確かに高いカメラはそれなりに作りこまれていて使い易いのですが、どうしても短期間に陳腐化してしまいます。
Scnleica3f1311_1

Scnleica3f1313_1

どんどん新しいモデルが登場して、次々と画素数が増え、新しい機能が追加され、便利になって、綺麗で鮮明な写真が撮れるようになっていくのですが、逆に1台のカメラに愛着を持つと言うことが出来なくなってしまいました。
Scnleica3f1319_1

我ながらわがままな感覚だと思いますが、そんなことを思いながら最近はフィルムのカメラを多用するようになっています。
Scnleica3f1325_1

とは言っても、やはりメインはデジタルになってしまいますけれどね。

撮影は、富士のISO100リバーサルフィルムをLeicaⅢf+Summaron35mmF3.5で使いました。

« ジョウビタキが毛虫を! | トップページ | YASHICA LYNX-1000 »

135フィルムカメラ」カテゴリの記事

Leica Ⅲf」カテゴリの記事

Summaron 35mmF3.5」カテゴリの記事

フィルムカメラ 外国製」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206782/60723250

この記事へのトラックバック一覧です: フィルムカメラ雑感 の続き:

« ジョウビタキが毛虫を! | トップページ | YASHICA LYNX-1000 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー