« 6.5×11カメラ その後 | トップページ | 600mmF8 »

2014年11月 4日 (火)

NEX-5T

αEマウントの現行16M機の撮像素子は、レンジファインダーの広角レンズでの色被りが少なく、安定した描写だと感じていました、
それが、より高画素化した新しい撮像素子に切り替わっていって、次のモデルではなくなってしまいそうな気がします。
それで、NEX-5Nの予備を今買っておかないとまずいなと思いました。

次のEマウントは、初めはフルサイズのα7Rにしたかったのですが、色被りが酷いらしいのでやめました(資金が無いというのが本当のところですが)。
それに、フルサイズにするとレンズがまた新たに欲しくなってしまいそうで、それはそれで問題が有ったわけです。

さて、NEX-5Tの色被りの具合を見ておきましょう。

NEX-5T+SWH15mmF4.5
Dsc00108_1

比較用にNEX-5N+カラスコ21mmF4
Dsc04030_1

GXR+UWH12mmF5.6
R0013057_1

一番色被りし易いSWH15mmF4.5で、この程度なら我慢できそうです。NEX-5Nと同レベルということです。
しかし、やはりレンジファインダーの広角レンズを一番うまく描写するのは、リコーのGXRなんですね。
でも、使勝手・操作性と言うことではNEX-5N・-5Tのチルト液晶はとても都合がよいですし、拡大ピント合わせも優れているのですよ。
だからここで追加購入したかったと言うことなんです。

後は適当に貼り付けておきます。
R0013060_1

Dsc00110_1

Dsc00109_1

Dsc04038_1

« 6.5×11カメラ その後 | トップページ | 600mmF8 »

デジタル1眼NEX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NEX-5T:

« 6.5×11カメラ その後 | トップページ | 600mmF8 »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー