« 6×12カメラにワイコンをあてがってみた | トップページ | まるで吹雪でしたね »

2014年12月18日 (木)

二眼レフにワイコンをあてがってみた

マミヤC220の広角レンズ55mmF4.5は35mm判換算で35mm程度の画角なんですよ。
もう少し広角にならないかとオリンパスのワイコンWCON-07をあてがってみました。
P1000833_1

マミヤC220+55mmF4.5にて(換算35mm相当)
Scnc2201095_1

C220+55mmF4.5+WCON-07(25mm相当?)
Scnc2201096_1

二眼レフですから、ピント合わせ時にはワイコンを上のレンズにあてがい、撮影時には下のレンズにあてがうと言う要領です。
P1000834_1

P1000835_1

二眼レフのピントレンズは撮影レンズと同じピント位置に像を結ぶはずですから、ワイコン有無によるピントのずれが上下のレンズで同じはずだと考えての撮影です。

以下同じ順番で
Scnc2201084_1

Scnc2201085_1

撮影結果は予想通りでしたね。換算25mm程度の画角になったはずです。
しかも、WCON-07は私が持っているフロントワイコンの中で、一番画質の低下が少ないものなので、かなり鮮明な画像が撮れました。
十分実用になると思いますよ。
Scnc2201093_1

Scnc2201094_1

あれ?、ワイコンを持つ指が写ってしまいました。この撮影方法での弱点ですね。
WCON-07の鏡胴は傾斜が大きくて、とても持ち辛いのです。

後は適当に貼り付けます。
Scnc2201088_1

Scnc2201087_1

しかし、これほど手間をかけて撮影するほどの写真ではない、と言うところが私の写真らしいですね。
中判フィルムがもったいないぞ!

« 6×12カメラにワイコンをあてがってみた | トップページ | まるで吹雪でしたね »

レンズ 広角」カテゴリの記事

フィルムカメラ」カテゴリの記事

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

MAMIYA C220 PROFESSIONAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二眼レフにワイコンをあてがってみた:

« 6×12カメラにワイコンをあてがってみた | トップページ | まるで吹雪でしたね »

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カテゴリー