« 無題 | トップページ | 二眼レフにワイコンをあてがってみた »

2014年12月17日 (水)

6×12カメラにワイコンをあてがってみた

BerAirの58mmF8レンズは6×12フォーマットで35mm判換算21mm相当の画角なんですが、これにオリンパスのフロントワイコンWCON-07をあてがったら15mm相当の超ワイドな写真が撮れるはず。

Dsc02936_1

Dsc02937_1

で、試してみました。

まずは露出計代わりのRX100(28mm相当)
Dsc02841_1

BelAir+58mmにて(21mm相当)
Scnbelair0131_1

BelAir+58mm+WCON-07(15mm相当?)
Scnbelair0132_1

確かにそれなりに画角は広くなったのですが、元々解像度が高くない58mmF8ですから、ワイコンを重ねることで更に周辺のもやもやが増してしまいました。
しかも、実はワイコンをあてがうとピントがずれるのですが、遠景なら被写界深度内でごまかせるだろうと適当に見込んでピントを操作したのですが、はずれだったようです。
解かってはいましたが、目測でピント合わせするBerAirではちょっと無謀な挑戦だったですね。

後は適当に
Scnbelair0134_1

Scnbelair0136_1

こんな画を120フィルム1本で6ショット撮ったわけですが、もったいなかったですね。

« 無題 | トップページ | 二眼レフにワイコンをあてがってみた »

レンズ 広角」カテゴリの記事

フィルムカメラ」カテゴリの記事

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

LOMO BelAir」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6×12カメラにワイコンをあてがってみた:

« 無題 | トップページ | 二眼レフにワイコンをあてがってみた »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー