« α7+COLOR-SKOPAR21mmF4 | トップページ | α7+レンジファインダーの50mmF1.5 »

2015年1月11日 (日)

α7+ULTRA WIDE-HELIAR12mmF5.6

折角、色被りが補正できるのなら、このレンズを使ってみなければいけません。
Dsc03143_1

α7+UWH12mmF5.6
Dsc00856_1

Dsc00863_1

超広角レンズの使い道として、後ろに引けない室内撮りではどうかと試したわけですが、F11まで絞らないと周辺が結像しないので、ISO感度オートでは気が付くとISO6400などとなっていました。
レンズ補正ソフトで調整してあるのですが、それでも四隅は減光が大きいですし、高ISOによるノイズも目立ちますね。

しかし、日中の屋外では、目の覚めるような画が撮れてしまいますよ。

Dsc00877_1

Dsc00879_1

Dsc00883_1

Dsc00885_1

露出補正がファインダーでそのまま確認できるので、こんなにうまく撮れちゃうわけなのですよ。

« α7+COLOR-SKOPAR21mmF4 | トップページ | α7+レンジファインダーの50mmF1.5 »

ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6」カテゴリの記事

Sony α7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: α7+ULTRA WIDE-HELIAR12mmF5.6:

« α7+COLOR-SKOPAR21mmF4 | トップページ | α7+レンジファインダーの50mmF1.5 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー