« α7Ⅱ | トップページ | α7+EF135mmF2L USM »

2015年2月27日 (金)

α7Ⅱ その2

5軸手ぶれ補正の効き具合を試していました。
純正レンズならしっかり効くのでしょうが、純正以外のレンズではどれほど効くのか?などと、気になることがいっぱいありますよね。
そこで、とりあえずEOSレンズのマウントアダプターが2個ありますし、EF50mmF1.8も2本持っていましたから、α7とα7Ⅱの2台のカメラに取り付けて同一条件で試し撮りしました。
Img_6442_1
Img_6441_1

α7+EF50mm1.8
Dsc02516_2

α7Ⅱ+EF50mmF1.8
Dsc00307_2

撮影距離約1mからシャッター速度1/3秒で連写して、α7は10%、α7Ⅱは60%程度の歩留まりでした。
かなり手ぶれ補正が効いていましたね。
もうこれで、確認終了。

比較はほどほどに、純正レンズのFE55mmF1.8ZAをつけて、手持ち、背面液晶を見ながらと言うスタイルで、適当に撮ってみました。
Dsc00246_1

Dsc00252_1

Dsc00256_1

撮影倍率が低いこのレンズのために、接写チューブを挟んでいます。NEX用なので、わずかに四隅にけられがあるのですが、絞りを開き気味にして最短距離付近で撮ると目立ちません。
Dsc00267_1

Dsc00276_1

あれ?絞り優先撮影だったのですが、ISOオートだったので、どの写真もシャッターが1/60秒でした。
これならほとんど手ぶれは問題になりませんね。
それよりも、これだけ近距離で、しかも相手が風で揺れたりするので、手ぶれよりもピンぼけの方が歩留まりはひどかったですね。

« α7Ⅱ | トップページ | α7+EF135mmF2L USM »

マウントアダプター」カテゴリの記事

Sony α7」カテゴリの記事

Sony α7M2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: α7Ⅱ その2:

« α7Ⅱ | トップページ | α7+EF135mmF2L USM »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー