« 一応、鳥撮りも | トップページ | なんとなく »

2015年2月17日 (火)

120フィルムの巻き太り対策

LomoのホルガやダイアナF、それから高級機のベルエアを使っていて困るのが、フィルムの巻き太りです。
撮り終わって、そのままカメラから取り出すと、スプールのフランジからはみ出したところに光が当たって光線引きしてしまいます。
面倒ですがしかたなく私は、ダークバッグを持参してバッグ内でカメラからフィルムを取り出し、しっかり巻き締めしてから外に出すようにしていました。

巻き太りの原因は、装填したフィルムの押さえが緩く、テンションがかからないまま巻き取られていくために起きるようです。
他のちゃんとしたカメラでは、フィルムの押さえ金具が付いているのに、ダイアナFもベルエアも付いていません。

モスクワ-5
P1000893_1

モスクワ-5にはフィルムの押さえ金が付いています
P1000892_1

押さえ金の無いダイアナF
P1000886_1

ホルガはスポンジが付いていますが緩いです。
P1000889_1

そう言えば以前、ホルガ120-WPCのスポンジがはがれて、フィルムに粘着するというトラブルもありましたね。

そこで、思いついたのがこれ。
適当な大きさに切った樹脂板をV字に折り曲げて裏ぶたに貼り付けました。
P1000890_1

うまく、フィルムを押さえる位置を見極めて、取り付け位置とか長さを調整するのですが、案外大雑把でも良さそうです。

樹脂板の反発力が弱い場合は2枚重ねたりすることも
P1000887_1

裏紙が付いている120フィルムですから、擦り傷の心配はありません。
こんなことで、すっかり巻き太りは無くなりました。

そうそう、貼り付けるための粘着テープは、少し厚みがある発泡タイプの方が柔軟に対応できそうです。
それから、はみ出したりはがれたりの心配がありますから、要注意ですね。
くれぐれも、自己責任と言うことで・・・。

« 一応、鳥撮りも | トップページ | なんとなく »

HOLGA-120WPC」カテゴリの記事

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

LOMO Diana F+」カテゴリの記事

LOMO BelAir」カテゴリの記事

HOLGA-120TLR」カテゴリの記事

HOLGA-120GN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 120フィルムの巻き太り対策:

« 一応、鳥撮りも | トップページ | なんとなく »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー