« α7+シグマ8-16mm | トップページ | SAMYANG 12mmF2 »

2015年2月21日 (土)

顕微鏡的?写真

キヤノンFDのマニュアルレンズなのですが、MACROPHTO LENS20mmF3.5と言うのを手に入れました。
ヘリコイドが無く、基本は蛇腹で繰り出す「ベローズ」で使うレンズだそうです。

幸いFLマウントのベローズを持っていましたから、α7に付きました。
Dsc01098_1
Dsc01099_1

最長撮影距離にて、幅約10mmが写りました
Dsc02353_1

最短撮影距離にて、幅約4mmが写りました
Dsc02354_1

撮像素子の横幅が36mmですから、約3.6~9倍の撮影倍率ということです。

さて何を撮ろうか?

手近にあったこれ
Dsc02213_1

たぶん最大倍率
Dsc02211_1

マクロなら花だねということで、これ
Dsc02351_1

絞りこんで
Dsc02352_1

最大倍率で
Dsc02350_1

絞りこんで
Dsc02349_1

顕微鏡程の倍率ではないですが、さすがにこのサイズに似合う被写体が無いですね。
しかも屋外では風で被写体がゆれてどうにも出来ません。
それから、撮像素子のゴミが完全に見えますね。かなり綺麗にしたつもりなのにね。
なかなか難しいレンズです。

« α7+シグマ8-16mm | トップページ | SAMYANG 12mmF2 »

レンズ マクロ」カテゴリの記事

Sony α7」カテゴリの記事

Canon FD MACROPHOTO LENS 20mmF3.5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顕微鏡的?写真:

« α7+シグマ8-16mm | トップページ | SAMYANG 12mmF2 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー