« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月の25件の記事

2015年5月30日 (土)

フルサイズ用12mmF2.8魚眼

35mmフルサイズ用の対角線魚眼レンズと言えば15mmか16mmと言うのが相場ですよね。
ところが、12mmのレンズが有ったのですよ。
サムヤンから出ていました。
Dscn0432_1

「いったいどうなっているんだ?15mmで対角線180°が写るなら12mmでは何度??」などと興味津々、止まらなくなりました。
Dscn0434_1

ちょうど、ニコンマウントのフルサイズ魚眼レンズを考えていたところでしたので、少し割高になっちゃいましたが、CPU付きの新品を手に入れました。
Dscn0433_1

さて、試し撮り。15mm魚眼とどう違う?

D600+サムヤン12mm魚眼
Dee_2386_1

EOS5DM2+シグマ15mm魚眼
Img_4734_1

おまけで、E-PL6+サムヤン7.5mm魚眼(15mm相当)
Epl63256_1

同じ立ち位置で撮ったのですが、やっぱり12mmの方が広く見えますよね。

今度はカメラを変えて近い距離で

α7Ⅱ+サムヤン12mm 最短撮影距離20cmから
Dsc01785_1

ほぼ同じ位置からα7Ⅱ+シグマ15mm
Dsc01787_1

シグマはもっと近寄れて、最短15cmで弩アップ
Dsc01786_1

そもそも対角線で180°と言うのはレンズ前面を基点でのことでしょうが、近接撮影では同じカメラ位置でもレンズ前面はかなり位置が異なっているので、しかたないことなのでしょう。
また遠景でも、12mmと15mmの差は随分大きくて、同じ被写体を同じ程度に写そうとすると撮影距離が異なるのですよ。

D600+サムヤン12mm魚眼
Dee_2371_1

EOS5DM2+シグマ15mm魚眼
Img_4725_1

上の写真は、建物を同程度の大きさに写そうとしたら、撮影立ち位置がかなり異なっていました。
12mmの方が随分前の方になり、見上げる角度が大きくなっているのが判りますよね。

ちょっと失敗したかな?興味本位でつい買ってしまった12mm魚眼ですが、焦点距離が短い分だけ初めから倍率が低いし、更に最短撮影距離が長いので最大倍率も高まらないわけですから、魚眼レンズらしいびっくり写真が撮りづらい感じですよ。

とは言っても撮り方次第ではありますけれどね

D600+サムヤン12mm
Dee_2364_1

EOS5DM2+シグマ15mm
Img_4729_1

D600+サムヤン12mm
Dee_2382_1

E-PL6+サムヤン7.5mm
Epl63253_1

あ~やっぱり、蒐集癖の散財だったかもね?

2015年5月28日 (木)

EF50mmF1.8STM

EOS用の50mmF1.8は、既に2本も持っていたのですが、新型が気になりまして、しかもかなりリーズナブルなお値段だったので、つい予約してしまいました。

発売日に受け取って、とりあえず試し撮り。

新型、フレアー出してみました。
Img_8079_1

旧型
Img_4567_1

新型でハレ切り
Img_8080_1

新型
Img_4575_1

旧型
Img_4569_1

写りの第一印象は、絞りの形を除けば差が無いように思えます。
後は、ピント精度の問題があるかも知れません。
旧型は、ピント合わせをするたびに、かなりばらつきますからね。新型のSTM駆動はやはり滑らかです。

2015年5月27日 (水)

魚眼コンバーター 2

ソニーの魚眼コンバーターをもう少し比較しておきましょう。撮影距離約0.5mからです。

α7Ⅱ+FE28mmF2+SEL057FEC(FE16mmF3.5魚眼)
Dsc01743_1

α7Ⅱ+ペンタックスF17-28mmF3.5-4.5魚眼
Dsc01750_1

α7Ⅱ+シグマ15mmF2.8魚眼
Dsc01740_1

NEX-5T+E16mmF2.8+VCL-ECF1(15mmF2.8相当)
Dsc00437_1

E-PL6+サムヤン7.5mmF3.5魚眼
Epl63226_1

古いNEX用の魚眼コンバーターは、頑張って15mm相当の画角を確保していますが、新しいコンバーターは16mmと謳いながら、ペンタックス魚眼の17mmと比べても画角が狭いですね。

遠景でも、同様の傾向です。

FE16mmF3.5魚眼
Dsc01757_1

17-28mm魚眼(ズーム17mm)
Dsc01751_1

シグマ15mm魚眼
Dsc01760_1

サムヤン7.5mm魚眼
Epl63229_1

しかし、周辺での色ずれはとても少なく、後付けコンバーターとは思えないほど良く解像しています。
ソニーがこだわって作りこんだということでしょうか?・・・

それでも私個人としては、ペンタックスの17-28mmとか
Dsc01726_1

マイクロフォーサーズ+サムヤンの方が好きですね。
Epl63220_1

なんと言っても小型軽量安価ですから、気軽に持ち出せるのですよ。

2015年5月26日 (火)

魚眼コンバーター

つい勢いで、ソニーの新しい魚眼コンバーターを手に入れてしまいました。
P5260105_1

FE28mmF2の前側に取り付けて180°対角線魚眼レンズ:FE16mmF3.5に変身させるというものです。
P5260097_1

シグマの15mmF2.8魚眼と撮り比べ。カメラはα7Ⅱです。
P5260102_1

FE16mmF3.5
Dsc01706_1

シグマ15mmF2.8
Dsc01709_1

同じ位置からの撮影ですが、16mmと15mmの差がありますね。同じ180°が写っているようには見えません。

もっと離れた被写体でも
Dsc01714_1

Dsc01717_1

対角線魚眼レンズと言っても、色々ですね。

ところで、このコンバーターの解像度はかなり良いですよ。
自動でEXIF情報が変わることからも、カメラ側で電子的な補正を加えているのでしょうが、周辺の色ずれがとても少ないです。
P5260099_1

作りもしっかりしていて元のレンズとの一体感もあって、高級感もあります。
36K!この値段で、フルサイズ対応の魚眼レンズは買えませんから、とても割安だということで、ソニーは価格設定したのでしょうね。
P5260104_1

しかし、やはりちょっと高い気がします。
NEX用コンバーター程度の値段だったら、誰にでもお勧めすると思うのですが、使用頻度が低い魚眼レンズですからねぇ・・・。

2015年5月25日 (月)

ある日の菅生川にて

ちょっと用事が有ったので、菅生川沿いを自転車で行ったり来たりしていました。

久しぶりにササゴイを発見
Img_2464_1

Img_2475_1

すぐ横にメダイチドリたぶん
Img_2490_1

風が少しありまして、ツバメが同じコースばかり飛んでいたので、置きピンで
Img_2451_1

Img_2456_1

ムクドリは子育て真っ最中かな?
Img_2518_1

Img_2522_1

虫を捕まえると、どこかに飛んでいき、またすぐに戻って餌さがしですImg_2525_1

こちらのセキレイは一休み
Img_2503_1

やっぱり、ここにも子スズメが居て、あどけない動きをしていました。
Img_2553_1

Img_2557_1

そうそう、アカミミガメも貼り付けておきましょう。
Img_2389_1

2015年5月20日 (水)

スズメの子

雨上がりの畑でスズメが騒いでいました。動作がおぼつかない感じがしましたので子スズメだと判ります。
そこで少しまとまった写真を撮ってみました。

EOS KissX4+タムロン150-600mmVCにて
Img_6723_1

おや?親スズメもいますね
Img_6727_1

餌を沢山くわえています
Img_6731_1

子スズメが、ねだります
Img_6737_1

くちばしがまだ黄色いですから判りますね
Img_6742_1

Img_6747_1

親鳥がどこかに行ってしまったのか、子スズメだけで水浴びが始まりました。
Img_6761_1

ぶるぶるもやっていました。
Img_6762_1

ビニールシートに溜まった水たまりなのです
Img_6767_1

Img_6805_1

ピクセル等倍までトリミング
Img_6810_1

お!親鳥がもどってきまして、口移し
Img_6835_1

青虫かな?それともマメ?
Img_6839_1

おなかは膨れたのかな
Img_6842_1

親は、忙しいですね。
Img_6854_1

2015年5月19日 (火)

田んぼのコチドリ

自転車で近所の田んぼを一回り。
ツバメやスズメは目立つので、カメラを向ける気にならないし、ヒバリは飛びだしてもすぐに隠れてしまうので、撮れません。

と、視界の端に飛び方が違う何かが!

田んぼの真ん中にコチドリが居ました。
Img_2342_1

Img_2347_1

どんどん遠くに行ってしまったので、反対側に回り込んでみましたら、また向きを変えて遠くに移動していきました。
Img_2354_1

Img_2357_1

撮影は、キヤノンのSX60HSの望遠端1350mm相当なのですが、どれも距離が足らず50%~70%のトリミングをしています。

2015年5月18日 (月)

観光旅行は超広角で

パナソニックの超広角ズームレンズG7-14mmF4は、旅行には欠かせないですね。

北口本宮浅間神社
P1000185_1

明治神宮
P1000353_1

P1000336_1

靖国神社
P1000425_1

武田神社
P1010499_1

P1010280_1

最後の1枚は、コンデジのFX150でした。

2015年5月17日 (日)

車窓から

先日、観光バスでちょっと旅行をしたのですが、とても良い天気でして、日本一の富士山がずーっと見えていたのです。

但し、車窓からばかりなんですよ。
Img_1979_1

少しアップにズームして
Img_1992_1

Img_1995_1

更にズームアップ、山頂の建物も見えますね
Img_2002_1

Img_2005_1

かなり向きが変わりましたが、まだ見えています
Img_2025_1

とうとう裏側まで来てしまいました
P1000231_1

ついでに、日本一のスカイツリーも
Img_2282_1

と思いましたが、こちらはすぐに建物の陰に入ってしまうので、車窓からは簡単に撮れませんでした。

2015年5月16日 (土)

宙玉を試す 7

宙玉を試した他の機材の写真も、後日の参考として記録を残しておきましょう。

ニコンD5100+25mm接写チューブ+タムロン17-50mmF2.8VC+フィルター枠31mm+soratama72
Dsc_1578_1

Dsc_1584_1

Dsc_1602_1

フジフィルムX-M1+16mm接写チューブ+FX16-50mmF3.5-5.6+フィルター枠43mm+soratama72
Dscf1006_1

Dscf1011_1

こうして見てくると、35mm判換算で30~45mm程度の焦点距離で使っていることが多いようです。
接写チューブの寸法にもよりますし、延長フィルター枠の寸法も色々とありますので、簡単ではないのですが、コンパクトにまとめようとするとこの辺りの焦点距離なのかな?
でもコンデジではもっと望遠でも良さそうですからまだまだよくわかっていないと言うことのようです。

2015年5月15日 (金)

宙玉を試す 6

あらためて、デジタル1眼にて離れた被写体を試してみました。

Dsc01657_1

Dsc01660_1

Dsc01662_1

Dsc01669_1

この撮影方法は、宙玉の中の被写体が玉の外の背景ボケの中にも現れるのですよね。
その辺りをもう少し考えないと、作品として表現がうまくまとまらないかもしれませんね。

絞り具合とか
Dsc01683_1

Dsc01684_1

被写体との距離感とか
Dsc01678_1

Dsc01685_1

おもしろ写真としては、十分楽しめるのですけれど、そこからより深い作品作りとなると、悩ましいですよ。
いい加減なカメラマンの私は、どうやらこの辺りで一旦休憩した方が良さそうです。

また持ち出す機会があると思いますが、撮影前にしっかりごみ取りをしておかないと行けませんね、かなり絞りこんでの撮影なので、撮像素子のゴミもよく写りますし、宙玉フィルターの表面のゴミもたくさん写ってしまいますからね。

2015年5月14日 (木)

宙玉を試す 5

被写界深度を深くするなら、コンパクトデジカメの方がやりやすいはず。
そこで、接写性能が高めのキヤノンSX60HSにsoratama72を無理やり手であてがってみました。
Img_1830_1

Img_1833_1

そこそこのアップに出来ながら、玉の輪郭がはっきり出る手ごろなズーム域がありました。
コンデジで使うのが正解のようですよ。

少し離れた被写体では
Img_1858_1

Img_1861_1

ちなみに、デジ1眼では
Img_6681_1

Img_6680_1

しかし、コンデジのレンズに取り付けるには、かなり大きく重たいフィルターになってしまいますので、安易な取り付け方法ではまずそうですよ。
もう少し冷静になってから考えましょう。

2015年5月13日 (水)

宙玉を試す 4

シグマの50mmマクロの金属フードが72mmネジになっていましたので、宙玉フィルターを付けてみました。
Img_1900_1

α7Ⅱ+EOS-NEXアダプター+21mmチューブ+シグマ50mmF2.8+フード+31mm延長枠+soratama72にて
Dsc01629_1_1

マクロレンズと言うことで、三脚に載せていたことが良かったですね。
このレンズはズームがありませんから、カメラ位置もピントも固定して、絞りだけ変化させてみたわけですが・・・
F5.6
Dsc01630_1_1

F11
Dsc01631_1_1

なんだ!被写界深度の考え方と同じなのか?!と言うことは、
(1)より遠くの被写体
(2)より広角側
(3)より絞りこむ
ことで、輪郭のはっきりした玉が写せるわけですよね。

あらためて、シグマ17-70mmを持ち出して
EOS KissX4+21mm接写チューブ+シグマ17-70mm+31mm延長枠+soratama72にて

ズーム70mm 絞りF8
Img_6655_1

ズーム30mm 絞りF8
Img_6658_1

調子良くなってきましたね。この設定のまま少し遠めの被写体へ
Img_6660_1

Img_6666_1

Img_6670_1

なんとなく骨がつかめてきたような気がしますよ。

2015年5月12日 (火)

宙玉を試す 3

フィルター枠を11mm延長してみました。
Img_1896_1_2

なんとも面倒臭い組み合わせになってしまいましたが、キヤノンEOS KissX4+接写チューブ21mm+シグマDC17-70mmF2.8-4.5+フィルター枠5.5mm+5.5mm+フィルター枠20mm+ZENJIXsoratama72と言う組み合わせです。
Img_1898_1

撮影結果です
Img_6580_1


少しだけ玉のサイズが小さく写るようになりましたが、輪郭部分がはっきりするわけではなさそうです。
Img_6590_1

それよりもズームを広角側に引いてやった方が、輪郭は出やすいように見えるのです。
Img_6608_1

しかし、それだけではなさそうなんですよ。
Img_6616_1

Img_6625_1

被写体に寄るのかなぁ?・・・

宙に浮いたような玉になって、その中に閉じ込めた世界という雰囲気に撮るには、もっと条件を整理して、場合分けや順序立てをして、正確に比較撮影しないとだめなようです。
Img_6638_1

いいかげんなカメラマンの私では根気がありませんので、この先は放棄しましょう。
あとは、適当にカメラやレンズを変えて試して楽しむことにします。

2015年5月11日 (月)

宙玉を試す 2

NEX-5TのコントラストAFと可動液晶の方が使い易そうに思えたので、EOS-NEXアダプターで使ってみました。

望遠端70mmにて
Dsc00401_1

カメラの位置はそのままで、広角へズームして30mmにて
Dsc00402_1

70mmのまま、カメラを接近させて
Dsc00406_1

ズーム位置やピント位置では、玉の大きさがあまり変化しないですよね。

もう少し試してみます。
Dsc00411_1

Dsc00413_1

玉ボケをたくさん出そうとしたら、こんな感じでした。
Dsc00417_1

しかし、名前のように宙に浮いたように撮ろうとすると、もっと上向きの構図が必要なのかな?
まだまだ、色々と試してみないと解からないですね。

2015年5月10日 (日)

宙玉を試す

アマゾンを覗いていたら「宙玉」の名前がありまして、特殊フィルター的に使える用品を販売していました。
自分で工作しなくても、ステップアップリングなどで装着して遊んでねというものです。

試してみました。

簡単に撮れたように見えますが・・・
Img_6532_1

Img_6536_1

Img_6557_1

こんなのも撮れてしまったり。これはちょっと奥が深いぞ。
Img_6548_1

Img_6528_1

被写体との距離やレンズのズーム位置の問題だけではなく、接写チューブの長さと宙玉フィルターとレンズとの距離によって写真の表情が変わって来ますね。

今回使った機材は、
キヤノンEOS KissX4+接写チューブ21mm+シグマDC17-70mmF2.8-4.5+フィルター枠20mm+ZENJIXsoratama72です。

この組み合わせでは、ズーム域25mm~70mmでガラス玉の写る大きさがほぼ変わらず、ピントも0m~∞mと幅広く合わせられ、とても使い勝手が良い感じでした。
たまたま72mmフィルターサイズのレンズがこれだったと言うこともありますが、実はシグマの17-70mmは大変近距離までピントが合いますから、とても良い選択だったと言うことのようです。
ただ、もう少しフィルター枠を長くしてやった方が、ガラス玉の輪郭がはっきりして「宙玉」らしく写せるのではないかとは思います。
72mm用の延長枠を用意してなかったので試せていませんけれど。

2015年5月 9日 (土)

田んぼのコチドリなど

自宅の窓から田んぼが見えます。
田植えの前の田起こしが済んで、水が漬き始めました。

すると、コチドリが
Img_1705_1

Img_1730_1

ムクドリが
Img_1713_1

Img_1745_1

セグロセキレイが
Img_1744_1

Img_1758_1

餌をつつきにやって来ました。

最後はスズメまで
Img_1757_1

みんな、窓から見ている私に気付きながら、延々と食べて行ったのです。

2015年5月 8日 (金)

畑のキジ

近所の畑で、キジの番いを発見。
とても見通しの良い場所でしたので、すぐに逃げられてしまうと思ったのですが、運良く背の高い草がありまして、少しかがんでその草の陰に隠れるようにしたら、たくさん撮影出来ました。

キヤノンSX60HSにて
Img_1602_1

Img_1608_1

Img_1621_1

Img_1622_1

Img_1630_1

Img_1632_1

Img_1636_1

Img_1640_1

やっぱり、こちらに気付いていたんだろうけど、雌がいるから威張って見せたのかもね。

2015年5月 7日 (木)

最近の鳥撮り

本当は、夏鳥のオオルリとかキビタキとかを撮影出来れば良いのですが、近所の公園や山道へ出かけても、声だけとか、それらしい影を見ただけと言うことで、写真に撮れていないのです。

以下、キヤノンのSX60HSにて

ケリさん
Img_1489_1

キジさん
Img_1509_1

ホオジロさん
Img_1547_1

一応それなりに、それらしい場所に踏み入っているのですけれどね。
Img_1578_1

まあ、以前ほどどうしても撮りたいと言う感覚ではなくなってきたことも確かなんですが、大きく重い機材を持ち歩かなくなったことが、撮れなくなった一番の理由かも知れませんね。

2015年5月 6日 (水)

初夏です

白い花が目立ちます。
Img_1657_1

Img_1659_1

Img_1691_1

Img_1676_1

Img_1704_1

緑が、日に日に濃くなります。
Img_1519_1

Img_1761_1

Img_1767_1

これから大変になります、草刈が!

撮影は、キヤノンのSX60HSでした。

2015年5月 5日 (火)

ちょっと高級店?

先日、大きな御庭のある料理屋に御呼ばれしました。

わび?さび?・・・、なんとなく高級感があるのかな?
Dsc03630_1

Dsc03619_1

Dsc03623_1

Dsc03611_1

すぐご近所のお店ですから、やはり気のせいですね。

2015年5月 4日 (月)

新緑の中を歩く

ちょっと重くなるのですが、α7ⅡにFE28mmF2とウルトラワイドコンバーターを付けてハイキングです。

21mmF2.8相当を堪能?していました。
Dsc01526_1

Dsc01539_1

Dsc01541_1

Dsc01551_1

Dsc01553_1

Dsc01564_1

Dsc01566_1

Dsc01572_1

Dsc01518_1

一応、16mmも持って行ったのですけれどね。
Dsc03466_1

2015年5月 3日 (日)

ウルトラワイドコンバーターSEL075UWCをE16mmF2.8に付けてみた

ソニーのワイコンSEL075UWCは、APS-C用レンズのE16mmF2.8に取り付けられるのですよ。
Dsc01590_1

NEX-5T+E16mmF2.8+SE075UWCにて18mm相当
Dsc00385_1

でもどうやらこの組み合わせはうまく合わないようですよ。
画面の周辺がかなり流れてしまいました。

ワイコンを外して24mm相当では問題なし
Dsc00387_1

シグマ8-16mmの望遠端も24mm相当
Dsc00389_1

ズームを引いて広角端8mmでは12mm相当
Dsc00391_1

ついでにα7Ⅱ+FE28mmF2+SE075UWCにて(21mm相当)
Dsc01471_2

フルサイズ用のワイコンなんだから、APS-Cでなら余裕で使えるだろうと思っていましたが、予定が外れてしまいました。
フロントワイコンも簡単ではないですね。

素直に、専用ワイコンVCL-ECU1を付けた方がよさそうです。
Dsc01591_1

よく見ると、こちらのワイコンも「ウルトラワイドコンバーター」と書いてありましたね。
18mm相当なら、この呼び方も許せるかもしれませんね。

2015年5月 2日 (土)

α7Ⅱと超広角ズームなどの続きかな?

ソニーのウルトラワイドコンバーターが、どれほど誇大広告的なのか試しておきましょう。

α7Ⅱ+FE28mmF2
Dsc01479_2

α7Ⅱ+FE28mmF2+ウルトラワイドコンバーター(21mmF2.8)
Dsc01483_2

α7+FE16-35mmF4広角端(16mm)
Dsc03454_1

NEX-5T+シグマ8-16mm広角端(12mm相当)
Dsc00393_1

フルサイズ対応の12mmレンズとしても、UWH12mmやシグマ12-24mmがありますし、更に広くとなると魚眼レンズになってしまいますが、それも何本か持っていると言う具合で、まだまだ広い画角の経験があるので、今時21mm相当などではウルトラワイドと言う感じがしませんね。

2015年5月 1日 (金)

藤棚

あちらこちらで藤棚を撮って来ました。
もちろんフジの花が咲いているところをですが、ちょっと遅かったのかな?

α7Ⅱ+FE28mmF2+SE075UWC(21mmF2.8)にて
Dsc01442_2

Dsc01446_2

Dsc01460_1

Dsc01473_2

SX60HSにて
Img_1459_1

Img_1469_1

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー