« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の12件の記事

2015年7月31日 (金)

ハチに刺されました

庭の木切れを片づけていたところ、突然アシナガバチに左手の甲を刺されました。
Img_4025_1

一年くらい前に刈り払った梅の枝を積み上げてあったのですが、その下の方に巣が有ったのです。
こちらは全く気が付かず、またハチの方も前ぶれなく刺しに来ましたので、びっくりしました。

アシナガバチでしたので、あまり心配せず薬を塗っただけでまた作業を続けたのですが、1日経ってみると、パンパンに腫れてかゆみが出て来ました。
Dsc00603_1

この時期は用心していても、よく虫に刺されます。今年は既にイラガに2回もやられましたからね。

2015年7月30日 (木)

最近の鳥撮り

シグマの新型150-600mm(軽くて安い方です)の試し撮り

D7100にて
Dgg_2926_1

Dgg_2928_1

Dgg_2968_1

Dgg_2986_1

Dgg_2998_1

Dgg_3029_1

Dgg_3070_1

まあ、こんなところでしょう。

2015年7月27日 (月)

豊田おいでんまつり花火大会

昨夜、豊田市の花火大会に行ってきました。

昼間は、車外温度40℃の猛暑日でした。
Dsc00550_1

花火の会場は、矢作川沿いのトヨタスタジアムの近くです。
Dsc00551_1

10万人規模の人出だそうで、遠くから歩いて会場の川原まで行くわけですが、午後7時の開始時刻までに入場できませんでしたよ。
Dsc00555_1

Dsc00566_1

頂き物のチケットで、太田市長のすぐ前の来賓席からの撮影なんですが、撮りにくい場所でした。
Dsc00578_1

三脚が使えないので、手ぶれが目立たない魚眼レンズを使ったのですが、どうもこの選択はまずかったですね。
そこで、ノクトン35mmF1.4を持ち出してみましたが、ピント合わせが甘くなりました。
Dsc02426_1

Dsc02467_1

結局、広角での撮影は諦めて、55mmF1.8で
Dsc03995_1

Dsc03997_1

Dsc03998_1

Dsc04000_1

Dsc04025_1

ちょっとシャッター速度を速くして、連写してみました。
Dsc04138_1

Dsc04139_1

Dsc04140_1

こんなことなら、もっと長いレンズにするべきだったかな?
Dsc04267_1

Dsc04312_1

Dsc04403_1

Dsc04430_1

Dsc04432_1

あっという間の2時間でしたが、楽しめましたよ。ありがとうございました。

2015年7月20日 (月)

15mmF4.5一本勝負

α7Ⅱ+SWH15mmF4.5Ⅲだけで、国宝彦根城へ
Dsc00498_1

以下15mmF4.5にて
Dsc02202_1

Dsc02204_1

Dsc02221_1

Dsc02233_1

Dsc02254_1

Dsc02259_1

とても暑い日でした。何段もの石段をのぼり、いくつかの門をくぐって、やっと天守まで
Dsc02269_1

Dsc02275_1

これで終わりではなく、中の階段の急なこと。土足厳禁。
Dsc02307_1

Dsc02289_1

Dsc02326_1

一番上からの眺めは、こんな感じ
Dsc02312_1

Dsc02316_1

石段が始まると、そこから上へは自動車が登れる道がなさそうです。
飲料を背負って運ぶお兄さんもいました。
Dsc02341_1

昔の建物を維持していくのは大変ですね。国宝ですから尚更です。

2015年7月19日 (日)

AED搭載の自販機

先日、日帰りで、ちょっと観光バスに乗って来ました。

キリンビールの工場見学です。
Dsc02128_1

滋賀工場は「一番絞り」がメインとのこと。
Dsc02131_1

3杯まで試飲できるのです。
Dsc02144_1

KIRINと書かれた柿の種も付いていました。
Dsc02148_1

2杯目
Dsc02149_1

3杯目
Dsc02155_1

美味しいけれど、これだけでは飽きますね。

そうそう、この見学で一番気になったのが、これ
Dsc02125_1

自販機にAEDを備え付けると言う発想は面白いですね。
自販機の場合、定期的に係員が商品の詰め替え補充をするために巡回するわけですから、AEDの点検も出来ます。
また、電源があるので充電も出来るでしょうし、いざという時は大きなアラーム音も出せます。
全国に何百万台もの自販機がありますし、屋外に24時間設置されているのですから、うまく運用出来れば良いなと思いましたよ。

2015年7月18日 (土)

90mmF2.8マクロ

ソニーからα7用のマクロレンズが発売されましたね。
90mmF2.8だそうです。でも、値段が高過ぎて手が出ません。

それで、考えてみたのです。
マクロ域で撮影する時は、ほとんどマニュアルフォーカスになるし、α7でならマウントアダプターで、ミノルタのAF100mm、50mmからはじまり、ニコンもペンタックスも使えますし、キヤノンならAFAEで使える物もありますし、古いところではOM、FD、MD、ヤシカさらにM42マウントのマクロレンズも持っていました。そうそうマクロプラナー100mmもありましたね。
と言うことで30本以上のフルサイズ対応マクロレンズを持っていたのでした。

と言うことで、新型の90mmF2.8はお預けにして、タムロンの90mmF2.8マクロの登場です。
キヤノンEOSマウントならAFAEアダプターで使えますし、α7Ⅱなら手ぶれ補正も機能するはず。

梅雨の合間にちょっとだけ撮影しました。
Dsc02113_1

Dsc02108_1

Dsc02106_1

Dsc02100_1

どうも気力?意欲?が湧かないのは、雨のせいですね。

2015年7月11日 (土)

換算15mm相当 その2

SAMYANG10mmF2.8とSWH15mmF4.5Ⅲで撮り比べ。

D7100+SAMYANG10mmF2.8 絞りF8
Dgg_2895_1

α7Ⅱ+SWH15mmF4.5Ⅲ 絞りF8
Dsc02071_1

後は同じ順番で
Dgg_2899_1

Dsc02068_1

Dgg_2904_1

Dsc02064_1

どちらも超広角レンズですから、ピント合わせが大変でした。

2015年7月10日 (金)

SAMYANG 12mmF2 その3かな?

サムヤンの12mmF2のマウント金具を富士フィルムのXマウントに換えましたので、ちょっと貼り付けておきます。

Dscf0946_1

Dscf0951_1

Dscf0962_1

Dscf1058_1

Dscf1059_1

Dscf1082_1

歪みが少ないので、室内の撮影でも結構使えそうですね。

2015年7月 9日 (木)

最近の鳥撮りの”びっくり!”

雨間に、自転車でちょっと出たのですが、すぐに降り出しまして、あわてて帰ろうとした所へ・・・。

畦道にダイサギ?チュウサギ?
Img_3908_1

すぐ隣にアオサギ
Img_3909_1

振りかえるとゴイサギが川の堤防に
Img_3913_1

何だか辺りをきょろきょろ警戒する様子
Img_3914_1

Img_3923_1

Img_3925_1

次の瞬間飛び去って・・・と思ったら、びっくり!
私の方に飛んできて、すぐ横の木に飛び込みました。
Img_3927_1

距離は2m以下でしょう。
Img_3930_1

Img_3932_1

完全にこちらの顔(気配)が判っているのに、逃げません。
Img_3936_1

え!どうしたの?と思って周りを見ましたが、よくわかりませんでした。
たぶん猛禽が上空を飛んだのでしょうね。
人間の近くの方が安全だと言うことらしいですから。

2015年7月 8日 (水)

最近の鳥撮り

ほとんど鳥撮りをしていませんが、持って出たSX60HSで証拠写真だけは撮っているのです。

アオサギが木の枝に
Img_3708_1

ムクドリが超接近して
Img_3872_1

Img_3877_1

ハクセキレイも超接近してきて、画面内に捉えきれません
Img_3880_1

Img_3875_1


2015年7月 7日 (火)

サムヤンのレンズ

サムヤンのレンズですが、マニュアルフォーカスが気にならない私としては、安価で良く写るので結構気に入っているのです。

その結果、気が付くと既に10本も購入していたのでした。合計386K
Dsc03932_1

写真の後ろに並んだ6本は1眼レフ用、前の4本はミラーレス専用です。
1眼レフ用は、マウントアダプターで沢山のミラーレスカメラに流用出来ます。
ミラーレス専用は、マウント金具を取り換えれば、他ミラーレスカメラに流用できます。
フルサイズ対応もあれば、APS-C用とかマイクロフォーサーズ用とかがありますから、イメージサークルで対応できない場合はあります。
そんなことは十分承知の上でのレンズ遊びなのです。

最初は
85mmF1.4だったと思います。

その後、
14mmF2.8、
8mmF3.5魚眼、

後はどの順に買ったのか、もう忘れてしまいましたが、
7.5mmF3.5魚眼
35mmF1.4、
12mmF2.0、
12mmF2.8魚眼
10mmF2.8、
8mmF2.8魚眼
8mmT3.1魚眼

こうして見ると魚眼レンズが多いですね。
どうしても純正の魚眼レンズは、高価ですから手を出しにくいので、こんな選択になってしまったのですね。
どれもマニュアルフォーカスですから壊れるところが少ないですし、自分で無限遠の調整も出来てしまいます。
以前はマウント違いで同じレンズを何本か買ったことがありますが、今度は一応重ならないようにしたつもりでした。
でも良く見ると、同じレンズ構成の物があるのですよ。
どうしようもなく蒐集癖でしたね。

2015年7月 3日 (金)

サムヤンのミラーレス専用レンズ

韓国のサムヤンレンズなんですが、NEXやEOS M用などのミラーレスカメラ用のレンズは、マニュアルフォーカスでさらに電子接点やボディーとのメカニカルな連携がないので、マウント金具を取り換えるだけでどのマウントにも対応出来ちゃうらしいのですよ。

私がこのことに気付いたのは、NEX用の魚眼レンズがコンバージョンレンズしかなかったので、ちゃんとした魚眼レンズを欲しいと思って調べていた時でした。
サムヤンのカタログデータと商品の写真を見ると、各マウントに対応するレンズの全長の差が、フランジバックの差と一致するように思えました。
そしてその差は、マウント金具部分の長さで調整されているらしいことが見えてきたのです。
さらに、異なるレンズでもマウント金具自体は共通で、組み替えが出来そうだと言うことなのです。
そうなると、どうしてもそれを確認して見たい、試してみたいと思うようになりまして、とうとう次のレンズ達を購入してしまいました。

まずはソニーαEマウント(NEX)用の12mmF2.0
Img_3894_1

次にフジフィルムXマウント用の8mmF2.8魚眼
Img_3898_1

もう1本キヤノンEOS Mマウント用の8mmT3.1魚眼
Img_3899_1

上の写真で気が付かれたかもしれませんが、既にマウント金具が交換してありまして、
Eマウント用の12mmF2.0はフジフィルムX-M1に、
Xマウント用の8mmF2.8魚眼はEOS M3に、
EOS Mマウント用の8mmT3.1魚眼はNEX-5Nに付いています。
Img_3901_1

実は、これらより先にマイクロフォーサーズ用の7.5mmF3.5魚眼がミラーレス用として発売されていて、APS-Cサイズ用の8mmF2.8魚眼とかなり似ていたのですよ。
Img_3905_1

それで、マウント金具の取り換えを試してみたところ、交換は可能なのですが、長さの差が大きくフランジバックが合わせられないのでした。

さて、前置きはここまでにして各レンズで試し撮りです。

12mmF2.0
Dscf1037_1

8mmF2.8魚眼
Dsc04366_1

8mmT3.1魚眼
Img_0784_1

7.5mmF3.5魚眼
Epl63419_1

同じ順番で
Dscf1049_1

Dsc04377_1

Img_0794_1

Epl63429_1

予想通りに使えましたよ。
これで1本で3倍楽しめるレンズを3本手に入れたわけです。

と、ここまでやってみましたが、マウントアダプターの交換に比べて随分面倒な作業なので、出かけた先で気楽に取り換えながら撮影すると言うノリでは遊べませんでしたね。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー