« 600mm対決 2 | トップページ | 無題 »

2015年8月18日 (火)

換算1275mm相当

シグマの150-600mmに旧タイプのテレコンを付けてみましたら、一応動きました。
EXIFデータを見ると、焦点距離は850mmで換算1275mm相当と表示されていました。

D7100+1.4倍テレコン+シグマ150-600mm
Dgg_3663_1

テレコン無しの場合は、この程度
Dgg_3070_1

AFも作動して、確かに大きく写るのですが、何だか画質が今一つな感じです。

もう少し別の被写体で
Dgg_3629_1

Dgg_3833_1

画面が濁っているような?
ぶれているのか?ピントがずれているのか?そうでもないのか?、ぼんやりとしか結像していない感じがします。

雀が居ましたので
Dgg_3876_1

50%にトリミング
Dgg_3896_1

電線のヒヨドリ(50%にトリミング)
Dgg_3740_1

レタッチで露出をプラス補正して
Dgg_3752_1

Dgg_3731_1

何だかいまいちなんですよ。

トリミングして、換算2550mm相当になっていますから、普通には手持ち撮影など出来そうにない長さなんですが、ジンバル雲台に載せて、手でシャッターを切っています。
結局、ぶれているのかな?

似たような距離から、テレコンなしの600mmでは(50%トリミング)
Dgg_3352_1

等倍(21%)までトリミングして
Dgg_3354_1

ツバメの羽の色やつやがうまく出ますね
Dgg_3395_1

これだと換算2800mm相当ですから、もっとブレが気になりそうなんですが、テレコンより綺麗に写っているように感じます。

これだから、カメラやレンズは訳が判らなくて面白いのですね。そんなところが、次々と試してみたくなる理由なのですよ。

« 600mm対決 2 | トップページ | 無題 »

Nikon D7100」カテゴリの記事

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 換算1275mm相当:

« 600mm対決 2 | トップページ | 無題 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー