« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の16件の記事

2015年10月31日 (土)

X-E1+MINITAR-1など

今度はフジフィルムのX-E1で使ってみました。

X-E1+MINITAR-1にて
Dscf1051_1

Dscf1053_1

Dscf1054_1

Dscf1059_1

やはり絞り開放ではもやもやしていますし、絞って使わないと無限遠はピントが来ません。
結局、少し絞り気味にして使ってやるわけですが、X-E1のEVFでのピント合わせも今一つ使い勝手が悪い感じです。
MINITARA-1の絞り操作は、ファインダーを覗きながらではうまく出来ません。
あらかじめ前側から目盛りを確認して絞り値を設定しておいて、それからファインダーを覗くと言う操作になるのです。
そんなところが使いにくさなのですが、元々がゾーンフォーカスのLC-Aのレンズなわけですから、ピントは山勘、あとはシャッターを切るだけという使い方が本来なのかもしれません。
でも、カラスコ28mmF3.5などは、より広角なのにファインダーでのピント合わせは楽なんですよね。

X-E1+COLOR-SKOPAR28mmF3.5
Dscf1067_1

Dscf1070_1

ちなみにここで、GXR+MINITAR-1では
R0010170_1

R0010175_1

まあ、使いにくいとか面倒臭いところが楽しみになっているわけですから、わがままなユーザーと言うことですね、私は。

2015年10月30日 (金)

GXR+MINITAR-1など の続きの続きの続き?

比較するのにも飽きてきましたので、以下適当に貼り付けておきます。

GXR+MINITAR-1にて
R0013157_1

R0010157_1

R0010159_1

R0013138_1

R0013150_1

R00105423228_1


ちなみに、ここでGR A12(33mmF2.5)では
R0013133_1

ついでにNEX-5N+FE35mmF2.8も
Dsc00622_1

フルサイズに比べてAPS-Cではトリミングされてしまうため、どうしても画面周辺の癖のある描写の部分が減ってしまいますね。
絞って使うと、MINITAR-1でもそれほど変な描写になりません。
APS-Cでは、絞り開放のもやもやした描写しか個性的な感じが無いわけです。
しかし、開放ではピント合わせが大変ですから、F4程度で使ってやって、まだ少しおもちゃカメラっぽい表情を残しながらと言う感じでしょうか。
やはりフルサイズデジタルで、あるいはフィルムのレンジファインダーカメラで使ってやるのが、このレンズの本来の楽しみ方のように思います。

2015年10月29日 (木)

GXR+MINITAR-1など の続きの続き

距離約0.8mの被写体です。

NEX-5T+FE35mmF2.8絞り開放
Dsc00655_2

NEX-5T+MINITAR-1絞り開放
Dsc006653228_2

GXR+MINITAR-1絞り開放
R0010579_1

GXR+COLOR-SKOPAR35mmF2.5絞り開放
R0010584_1

GXR+GR A12(33mmF2.5)絞り開放、ちょっとオーバー気味
R0010589_1

以下同じ順番で、絞りF11にて
Dsc00659_2

Dsc00669_2

R0010583_1

R0010588_1

R0010593_1

画面の端1/3でのピント合わせでしたが、絞り開放ではMINITAR-1のおおぼけ具合が大口径レンズ的に見えます。
周辺の流れも、おおぼけの中に埋没して気にならなくなりました。
同じ開放絞り値のFE35mmF2.8では、開放でも桜の幹全体にピントが来ているのですから、純正レンズの威力は凄いですね。
GRの33mmF2.5もマクロレンズでしたから、ピント面の解像はかなりのものです。
それから、前の記事と同じですが、やはり純正レンズに比べて、カラスコもMINITAR-1も赤みが弱い感じですね。
GXRで使うなら、レンズ登録して好みの色合いに調整することもできますから、別に不具合とか弱みだとかいうことではありませんね。
そう言えばNEX-5Tもレンズ補正の登録が出来たような気がします。
今度試してみようかな??

2015年10月28日 (水)

GXR+MINITAR-1など の続き

距離1.5m程度の被写体です。

NEX-5T+FE35mmF2.8絞り開放
Dsc00638_1

NEX-5T+MINITAR-1絞り開放
Dsc006483228_1

GXR+MINITAR-1絞り開放
R0010564_1

GXR+COLOR-SKOPAR35mmF2.8絞り開放
R0010569_1

GXR+GR A12(33mmF2.5)絞り開放
R0010574_1

以下同じ順番で、絞りF11にて
Dsc00642_1

Dsc00652_1

R0010568_1

R0010573_1

R0010578_1

レンズの情報をカメラに伝える純正レンズの場合、カメラ内で画像補正が行われている可能性がありますので、レンズガラスの色とかコーティングとかの違いだと簡単には言えないですが、NEXでもGXRでも、MINITAR-1は少し暗めで、青みが強いですね、あるいは赤みが弱いと言うのかも。
カラスコ35mmF2.5も同じ傾向が少し感じられます。
MINITAR-1は、フルサイズで目立った周辺減光は、かなりなりをひそめましたが、周辺の流れ具合は変わらず、F11でもかなり残ります。
また、軽い半逆光なんですが、フレアー気味でコントラストが少し低いですね。
そこが味と言えば、そうなんですがね。

次回は、最短距離付近を見てみましょう。

2015年10月27日 (火)

GXR+MINITAR-1など

35mm判フルサイズでの盛大な周辺減光と流れた描写が個性的なLomoMINITAR-1を、APS-CフォーマットのGXRとNEX-5Tでの使ったらどんな具合か試してみました。

近い焦点距離と言うことで、35mmとか33mmとかも一緒です
Dsc00671_1

GXR+MINITAR-1絞り開放
R0010547_1

絞りF11
R0010551_1

GXR+COLOR-SKOPAR35mmF2.5絞り開放
R0010552_1

絞りF11
R0010556_1

GXR+GR A12(33mmF2.5)絞り開放ではレンズシャッターの速度が足らずオーバー
R0010558_1

絞りF4で
R0010559_1

絞りF11
R0010562_1

ちなみにここで、NEX-5Tに換えてみると。

NEX-5T+MINITAR-1絞り開放
Dsc006333228_1

絞りF11
Dsc00637_1

NEX-5T+FE35mmF2.8
Dsc00623_1

絞りF11
Dsc00627_1

GXRもNEX-5Tも、MINITAR-1はピントを無限遠に合わせましたが、やはり絞り開放では前ピンですね、ピント中心は距離5m程度の位置にあるようです。
更にF11まで絞ってもピントの中心は10~15m程度の位置ということで、少し修正をした方が良いのかも知れません。

ところで、使い勝手と言うことでは、絞り開放で、もやもやするMINITAR-1を、GXRでピント合わせするのは、かなり面倒なんですよ。
また、屋外ではEVFの方が見やすいのですが、GXRのEVFとNEXのEVFの差が大きく、また背面液晶もEVF以上に差がありまして、チルト液晶のNEXの方が楽でした。
初めからF8以上に絞って使うのなら、ほとんどゾーンフォーカスでGXRでも問題ないのですけれどね。

次回はもう少し近距離で比較して見ましょう。

2015年10月20日 (火)

裏の畑のモズ

ここ最近、裏の畑でオスのモズが大きな口を開けて、けたたましく叫んでします。

EOS40D+タムロン150-600mmVCにて
Img_5293_1

Img_5295_1

Img_5317_1

Img_5349_1

Img_5351_1

縄張りを宣言しているモズの足元には、黙々と餌をついばむキジバトとか
Img_5507_1

スズメとか
Img_5550_1

鳥撮りはやはり距離を詰めないと綺麗に撮れませんね。
上の写真は、600mmの望遠端で撮影していますが、600mm×1.6倍/トリミング41% で、2340mm相当の画角なんですよ。ですから証拠写真程度と言うことなんです。
証拠写真ということなら、1眼レフを使わなくてもコンデジのSX60HSでも十分なんですけれどね。

SX60HSにて70%にトリミング
Img_4560_1

2015年10月19日 (月)

そっくりさん? その3

EF35mmF2とEF50mmF1.8Ⅱのそっくりさんの中国製YONGNUOのレンズですが、わざと比較すれば純正との差が見えてくるわけですが、実際に使う場面では、中央部のピント精度は高いですし、色もよく出ますから、これ単独で使っている時は全く問題ない感じなんです。
かえって、古い純正の頼りないAFモーターの駆動動作よりYONGNUOのAFモーターの方が活気があるかも知れませんよ。

EOS 5DM2+YONGNUO 50mmF1.8にて
Img_4938_1

Img_4941_1

EOS KissX4+YONGNUO 35mmF2にて
Img_7088_1

Img_7089_1

こんな撮り方なら、純正の出番はありませんね。

2015年10月18日 (日)

そっくりさん? その2

50mmF1.8の方も貼り付けておきましょう。

EOS 5DM2+YONGNUO 50mmF1.8Img_4905_1

EOS 5DM2+EF50mmF1.8Ⅱ(純正)
Img_4911_1

こちらも若干劣りますが、ほとんど純正と同程度の描写をするレンズですね。

前の記事と合わせて4本のレンズを持ち出してみました。
P1010628_1


純正EF35mmF2開放
Img_4855_1

F4
Img_4857_1

YONGNUO 35mmF2開放
Img_4860_1

F4
Img_4862_1

純正 EF50mmF1.8Ⅱ開放
Img_4917_1

F4
Img_4919_1

YONGNUO 50mmF1.8開放
Img_4923_1

F4
Img_4925_1

よく見たら、絞り羽の枚数が違いますよ。
純正は5枚、YONGNUOの方が7枚となっており、絞りこんだ時の玉ボケ具合に差がありました。

2015年10月17日 (土)

そっくりさん?

アマゾンを覗いていたら、キヤノンEF50mmF1.8Ⅱにそっくりな中国製レンズがありました。
YONGNUO LENS EF35mmF2 となっています。
P1010620_1

あれ?50mmじゃなくて35mmなの??・・・
P1010622_1

それでもう少し調べてみると・・・、ありました、ほとんど同じ外観で50mmF1.8が。
P1010625_1

どちらもキヤノンEOSマウントに対応したレンズで、純正の半額です。
バッタもんか?イミテーションか?
どちらにしても、変なレンズは好きですから、買ってみました。
P1010628_1

撮影結果です。
EOS5DM2+YONGNUO 35mmF2
Img_4820_1

EOS5DM2+EF 35mmF2(純正)Img_4825_1

若干描写が劣るかも知れませんが、ほとんど問題なく使えるレンズでした。
ただ、EXIFデータをみると、純正とは異なりレンズ名称が付いていないため、最近はやりのデジタル自動補正が効かないようでしたよ。

2015年10月16日 (金)

LC-Wide その2

またまたフィルムを入れてしまいました。
今度はフジのISO100カラーネガフィルムです。
Scnlcwide0083_1

Scnlcwide0084_1

Scnlcwide0086_1

Scnlcwide0089_1

Scnlcwide0091_1

感度の低いフィルムに換えたのに、なんだか露出オーバーなショットばかりですね。
ネガ自体を見ても濃く焼けていて、予想と少し違ってしまいました。
感度設定以外はあなた任せのカメラですから、小細工できる部分が限られます。

ただし逆光の時は、手ごろな補正状態になっているようですよ。
Scnlcwide0101_1

Scnlcwide0104_1

Scnlcwide0106_1

次回は、フィルム感度の目盛りを何段か、ずらして見ましょうかね。
そう、ブラケット撮影ということですよ。

2015年10月15日 (木)

換算1275mm相当 その4

AFスピードや精度を期待してD300Sで再度試してみました、シグマの新型テレコン。

やっぱり後ピンかな?
Dcc_4478_1

これならどうだ
Dcc_4507_1

拡大して
Dcc_4508_1

Dcc_4501_1

かなり合っているのだけれど、ちょっと後ピンですね。
Dcc_4523_1

Dcc_4523_2

かなり絞りこみました。これは合っているのか
Dcc_4574_1

よくみると、中央のスズメの後ろにピント中心があるのでやはり後ピン
Dcc_4574_2

Dcc_4577_1

と言うことで、テレコン付きの場合だけ、AFの微調整が必要なようです。
カメラ側でも出来そうですが、テレコン自体を修正した方が後が楽ですから、シグマから出ているUSBドックという用品を手に入れるのかな?

2015年10月14日 (水)

600mm対決の続きの続き

今度は、キヤノンEOS40D+タムロン150-600mmVCとニコンD300s+シグマ150-600mmOSで持ち出しました。

EOS40D+タムロン150-600mmVC
縦位置にトリミング(66.6%)、1440mm相当
Img_5207_1

D300s+シグマ150-600mmOS
66.6%、1350mm相当
Dcc_4335_1

同じ順番で、ピクセル等倍までトリミング
41.1%、2335mm相当
Img_5211_1

37.3%、2410mm相当
Dcc_4340_1

どちらのカメラもちょい古ですが、十分綺麗に撮れますね。
D300sは当時のニコンAPS-C機のフラグシップでしたから、露出の安定感、AFスピード、連写性能でEOS40Dより優れていたと思います。
しかし撮れた画を見ると、差が無いですね。
おっと、レンズが異なるから、単純にボディーの比較はできませんでした。

後は、シグマ150-600mmを適当に
Dcc_4389_1

Dcc_4412_1

Dcc_4454_1

Dcc_4466_2

2015年10月13日 (火)

換算1275mm相当 その3

ピンボケか?手ぶれか?もう一度試してみました、シグマの新型テレコン。

D7100+シグマTC-1401+シグマ150-600mmOSにて

こんな被写体です。
Dgg_5008_1

距離も近いし、複数いるので好都合です。ISO感度も上げてぶれないようにして。

等倍(27%)にトリミングしています(約4780mm相当)
Dgg_5008_2

Dgg_5012_1

手前のスズメにピントを合わせたつもりが、後ろの方に合っていますね、後ピンと言うやつです。
でも、じっくり合わせるとちゃんと合っている場合もあるような?
Dgg_5048_1

Dgg_5066_1

ここで、テレコンを外して見ると
Dgg_5125_1

Dgg_5128_1

やっぱり、テレコンを付けると後ピン傾向があるのか?AF駆動が遅くなるために間に合わないのか?
もう少し、試してみないと良くわからないところですね。
でも、とりあえず旧型の画質低下とは異なり、うまく撮れればかなりの画が得られる気がしますよ。

2015年10月12日 (月)

換算1275mm相当 その2

前回、シグマの旧タイプのテレコンでは画質がかなり落ち込む感じでしたので、新型テレコンを入手しました。

ニコンD7100+シグマTCー1401+シグマ150-600mmOSにて
等倍(21%)にトリミングしています(6000mm相当)
Dgg_4714_1

Dgg_4761_1

前回のようなザラザラした画質ではないのですが、何だかピントが甘いような?

絞りこんでみてもあまり改善しません。かえってぶれてしまうのか?
Dgg_4910_1

試しにテレコンを外して見ると、すっきり写りますね。
Dgg_4927_1

Dgg_4948_1

2015年10月11日 (日)

LC-Wide

少し前に、LOMO LC-Aは買わずにミニター1というレンズだけを買いました。
それは、フィルムのレンジファインダーカメラで使っても、そこそこにピントが来るし、味のある写真が撮れました。
そこへ、今度は17mmF4.5のレンズが付いたLC-Wideと言うカメラを、激安の中古美品で見つけてしまいました。

止まりませんでしたね。
P1010611_1

P1010612_1

P1010609_1

早速使ってみました。

LC-Wideにて
Scnlcwide0033_1

比較のため、タムロン17-35mmの広角端
Scnf801s3572_1

もうひとつ比較でペンタックスQ7+08ズーム広角端
Imgp2258_1

同じ順番で
Scnlcwide0039_1

Scnf801s3578_1

Imgp2266_1

Scnlcwide0045_1

Scnf801s3581_1

Imgp2272_1

絞りはF4.5の固定。内蔵露出計でシャッター速度が制御されて勝手に適正になると言うタイプのカメラです。
ただし、シャッター最高速度は1/500秒なので、フィルム感度の選択を間違えるとオーバー露光になりそうですね。
そんなことはお構いなしにシャッターを切っていましたが、周辺減光も、解像度の悪さも、飛びまくった露出も、味になりますね。

後は適当に
Scnlcwide0053_1

Scnf801s3589_1

Scnlcwide0055_1

Scnlcwide0058_1

Scnlcwide0062_1

Scnlcwide0069_1

フィルムはフジのISO200ネガフィルムでした。

2015年10月 1日 (木)

600mm対決の続き

シグマとタムロンの150-600mmを持って、鳥撮りの実戦です。

ニコンD300s+シグマ150-600mmOS
Dcc_4207_1

Dcc_4250_1

古いカメラで12M画素ですが、ニコンのD300sのスピード感は素晴らしいです。

次は、同じ画素数に仕上がるようにと、D7100とEOS M3の24M機で使ってみました。

ニコンD7100+シグマ150-600mmOS
Dgg_4520_1

Dgg_4537_1

Dgg_4543_1

キヤノンEOS M3+タムロン150-600mmVC
Img_0918_1

Img_0921_1

Img_0926_1

どれも50%~30%程度にトリミングしています。
レンズそのものの描写と言うことでは甲乙つけがたいとこですが、やはり動く被写体をミラーレスカメラで追うのは大変ですね。1眼レフの機動性には及びません。
それに、EOS M3は少しコンデジライクな操作系と画作りもあって、やはり鳥撮りには向かないのかな?と感じます。
やはりEOS 40Dで使おうかな?それとも新しいやつ?

後は適当に
Dgg_4593_1

Img_0930_1

Dgg_4638_1

Dgg_4618_1

何かくわえているので等倍までトリミング拡大
Dgg_4631_1

オタマジャクシかと思ったらドジョウのようですね。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー