« 600mm対決の続き | トップページ | 換算1275mm相当 その2 »

2015年10月11日 (日)

LC-Wide

少し前に、LOMO LC-Aは買わずにミニター1というレンズだけを買いました。
それは、フィルムのレンジファインダーカメラで使っても、そこそこにピントが来るし、味のある写真が撮れました。
そこへ、今度は17mmF4.5のレンズが付いたLC-Wideと言うカメラを、激安の中古美品で見つけてしまいました。

止まりませんでしたね。
P1010611_1

P1010612_1

P1010609_1

早速使ってみました。

LC-Wideにて
Scnlcwide0033_1

比較のため、タムロン17-35mmの広角端
Scnf801s3572_1

もうひとつ比較でペンタックスQ7+08ズーム広角端
Imgp2258_1

同じ順番で
Scnlcwide0039_1

Scnf801s3578_1

Imgp2266_1

Scnlcwide0045_1

Scnf801s3581_1

Imgp2272_1

絞りはF4.5の固定。内蔵露出計でシャッター速度が制御されて勝手に適正になると言うタイプのカメラです。
ただし、シャッター最高速度は1/500秒なので、フィルム感度の選択を間違えるとオーバー露光になりそうですね。
そんなことはお構いなしにシャッターを切っていましたが、周辺減光も、解像度の悪さも、飛びまくった露出も、味になりますね。

後は適当に
Scnlcwide0053_1

Scnf801s3589_1

Scnlcwide0055_1

Scnlcwide0058_1

Scnlcwide0062_1

Scnlcwide0069_1

フィルムはフジのISO200ネガフィルムでした。

« 600mm対決の続き | トップページ | 換算1275mm相当 その2 »

LOMO LC-Wide」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LC-Wide:

« 600mm対決の続き | トップページ | 換算1275mm相当 その2 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー