« 裏の畑のモズ | トップページ | GXR+MINITAR-1など の続き »

2015年10月27日 (火)

GXR+MINITAR-1など

35mm判フルサイズでの盛大な周辺減光と流れた描写が個性的なLomoMINITAR-1を、APS-CフォーマットのGXRとNEX-5Tでの使ったらどんな具合か試してみました。

近い焦点距離と言うことで、35mmとか33mmとかも一緒です
Dsc00671_1

GXR+MINITAR-1絞り開放
R0010547_1

絞りF11
R0010551_1

GXR+COLOR-SKOPAR35mmF2.5絞り開放
R0010552_1

絞りF11
R0010556_1

GXR+GR A12(33mmF2.5)絞り開放ではレンズシャッターの速度が足らずオーバー
R0010558_1

絞りF4で
R0010559_1

絞りF11
R0010562_1

ちなみにここで、NEX-5Tに換えてみると。

NEX-5T+MINITAR-1絞り開放
Dsc006333228_1

絞りF11
Dsc00637_1

NEX-5T+FE35mmF2.8
Dsc00623_1

絞りF11
Dsc00627_1

GXRもNEX-5Tも、MINITAR-1はピントを無限遠に合わせましたが、やはり絞り開放では前ピンですね、ピント中心は距離5m程度の位置にあるようです。
更にF11まで絞ってもピントの中心は10~15m程度の位置ということで、少し修正をした方が良いのかも知れません。

ところで、使い勝手と言うことでは、絞り開放で、もやもやするMINITAR-1を、GXRでピント合わせするのは、かなり面倒なんですよ。
また、屋外ではEVFの方が見やすいのですが、GXRのEVFとNEXのEVFの差が大きく、また背面液晶もEVF以上に差がありまして、チルト液晶のNEXの方が楽でした。
初めからF8以上に絞って使うのなら、ほとんどゾーンフォーカスでGXRでも問題ないのですけれどね。

次回はもう少し近距離で比較して見ましょう。

« 裏の畑のモズ | トップページ | GXR+MINITAR-1など の続き »

COLOR-SKOPAR 35mmF2.5」カテゴリの記事

RICOH GXR MOUNT A12」カテゴリの記事

RICOH GR A12 50mm F2.5 MACRO(33mmF2.5)」カテゴリの記事

Sonnar T* FE35mmF2.8 ZA」カテゴリの記事

Sony NEX-5T」カテゴリの記事

Lomo Minitar-1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GXR+MINITAR-1など:

« 裏の畑のモズ | トップページ | GXR+MINITAR-1など の続き »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

カテゴリー