« 今年の紅葉の続き | トップページ | 28mm対決のつづき »

2015年12月15日 (火)

パナソニックGX8+シグマ150-600mmで鳥撮り

アダプターでMFになってしまいますが試してみました、換算1200mmの超望遠。
GX8のボディー内手ぶれ補正のおかげで、かなり止まりますね。
それに画素数が20Mになってよりトリミングも効くようになりましたよ。

中央を50%にトリミングして2400mm相当
P1000554_2

ピクセル等倍までトリミングして4800mm相当
P1000554_3

P1000556_3

シグマのこのレンズ、中央部は絞り開放でもシャープですから、わざわざ絞らなくても良さそうですね。
でも鳥さんは結構丸くて、頭も胴もそこそこに写そうとすると被写界深度が必要になります。
そこで、次は少し絞りこんでみました。
50%にトリミング
P1000612_2

ピクセル等倍
P1000612_3

当たり前なんでしょうが、被写界深度は増しましたが、解像度は上がらないですね。

しかし、この組み合わせ、AF対応してくれるとかなり魅力的な鳥撮り機材になりそうなんですが、シグマさんやらないですかね?マイクロフォーサーズ対応の600mm。

« 今年の紅葉の続き | トップページ | 28mm対決のつづき »

マウントアダプター」カテゴリの記事

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary」カテゴリの記事

Panasonic Lumix GX8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックGX8+シグマ150-600mmで鳥撮り:

« 今年の紅葉の続き | トップページ | 28mm対決のつづき »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

カテゴリー