« 4K動画から切り出し | トップページ | シグマDP1Quattro »

2015年12月 9日 (水)

リコーGR

シグマのDP2Mを使ってみると、撮像素子が大きくてローパスフィルターレスで、更にレンズ一体型の単焦点コンデジと言うのは凄い!と言うことが解かってしまいました。
ミラーレスカメラの場合、一眼レフよりもミラーボックスのスペースが不要になった分、高画質が得やすいと思っていましたが、レンズ交換できない単焦点の専用レンズで最適な設計をされたコンデジの方が、更に高画質だったと言うことですね。

そこで俄然、興味が湧いたのがリコーのGRです。
以前からGRデジタルⅡを使っていて、軽量コンパクトで操作性もレスポンスも良く普段使いのコンデジとして安心できる画質のカメラだと、感じていました。
しかし、APS-Cフォーマットを積んだ新型は、軽量コンパクトではなくなってしまい、購入意欲が無くなっていたのでした。
ところが今回、DP2Mのように高画質で、もう少し画角の広いコンデジが欲しいと調べてみると、やはりこのGRにたどり着いたのでした。
Dsc04762_1

前にあるのがGRDⅡ
Dsc04769_1

中古良品ですから、お値段はそこそこです。
早速、DP2Mと一緒に試し撮り

GRにて
R4000018_2

DP2Mにて
Dp2m0550_1

同じ順番で
R4000030_1_1

Dp2m0556_1

画角が異なりますし縮小画像では判りにくいのですが、ピクセル等倍にして見た時のDP2Mの圧倒的な解像感にGRは敵いませんでした。
RAW撮りして現像で煮詰めて行けばもう少しレベルが上げられるらしいのですが、やはりFoveonセンサーの威力が大きいのですね。

« 4K動画から切り出し | トップページ | シグマDP1Quattro »

SIGMA DP2 Merrill」カテゴリの記事

RICOH GR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リコーGR:

« 4K動画から切り出し | トップページ | シグマDP1Quattro »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

カテゴリー