« EOS 8000Dで鳥撮り?の続き | トップページ | ちょっと花撮り »

2016年3月27日 (日)

EOS 8000Dで鳥撮り?の続きの続き

自宅周りのスズメばかりを相手では飽きますので、林のある公園に出かけてみました。
でも鳥さんの数は多くなく、見慣れたものばかりですね。

ツグミは、日当たりの良い場所で走り回っています。
Img_1442_1

Img_1477_1

シロハラは、すぐに日陰に隠れてしまいました。
Img_1498_1

しかし日陰の方を重点に撮影しようと思ったら、全く光が足りません。
そこで、またまたカメラの設定を変えてみました。
これまでの絞り優先モードをマニュアル露出モードに変更し、シャッター速度1/250秒、絞りF8に固定し、ISO感度オートと言う、私としては過去にあまりやったことの無い設定です。
これまで鳥撮りではISO800までが限度で、それ以上は画質的に耐えられないと思っていたからなんですが・・・。

結果です。
ISO4000
Img_1603_1

Img_1621_1

ISO3200
Img_1894_1

Img_1902_1

ISO2500
Img_1651_1

Img_1706_1

Img_1840_1

ISO2000
Img_1822_1

換算1000mm相当の装備ですが、手ぶれ補正のおかげで1/250秒でも手ぶれは止まるようです。
おかげで高画素機の弱点の微少ぶれによるピンぼけ感が減りました。
ピクセル等倍で見た場合の画質としては、やはりISO高感度ではディテールが損なわれ色も落ちますが、縮小してしまえばISO2500くらいは我慢できそうな気がします。
新しい機材の方が性能が良くなるのは当たり前と言えばそうなんですが・・・。
この設定ですと、すべて自動設定のカメラ任せになってしまったようで、撮り甲斐が無いようにも感じますね。

« EOS 8000Dで鳥撮り?の続き | トップページ | ちょっと花撮り »

鳥撮り」カテゴリの記事

TAMRON SP150-600mmF5-6.3 Di VC USD」カテゴリの記事

EOS 8000D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EOS 8000Dで鳥撮り?の続きの続き:

« EOS 8000Dで鳥撮り?の続き | トップページ | ちょっと花撮り »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー