« そろそろ花いっぱいになりますよ | トップページ | New JUPITER 3+ その2 »

2016年3月18日 (金)

New JUPITER 3+

古いロシアンレンズで、JUPITER 3 50mmF1.5と言うライカLマウントのレンズを持っています。
同スペックのライカレンズ、SUMMARIT 50mmF1.5も手許にあります。
どちらも中古並品~難あり品で、自己修理の経歴ありなんです。
P1040394_1

そこに最近LOMOから、New JUPITER 3+ 50mmF1.5と言う、復活判のレンズが発売されました。
P1040395_1

私の修理品と最新のクラシックレンズの差がどれほどのものか?つい試してみたくなったのですよ。
P1040398_1

New Jupiter 3+にて絞り開放
Dsc03383_1

旧Jupiter  3にて
Dsc03387_1

SUMMARITにて
Dsc03391_1

やはりズマリットはぐるぐるボケが出ますから違いが判りますね。
でもジュピターの方は、古い方がほんの僅かに黄色みがあるだけで、ボケの具合は同じに見えます。

F5.6まで絞って同じ順番です
Dsc03385_1

Dsc03389_1

Dsc03393_1

自己修理品は、絞りのクリックが甘く、また目盛りと絞り羽の絞り具合が正確ではないかもしれません。
そんなことを気にしながら撮れた画を見比べてみましたが、やはりズマリットとは異なりジュピター同士の描写は大変良く似ていて、なるほど復活判なんだなと納得してしまいました。
でも同じ描写ならば、新たに投資した意味が無いのかも知れませんね?

ちなみに、コシナツァイスのPLANAR 50mmF2の開放も
Dsc03395_1

ズマリットよりジュピターに近い感じでしょうか?
益々、無駄遣いになってしまったような???・・・

« そろそろ花いっぱいになりますよ | トップページ | New JUPITER 3+ その2 »

Summarit 50mmF1.5」カテゴリの記事

JUPITER 50mmF1.5」カテゴリの記事

Sony α7M2」カテゴリの記事

New Jupiter 3+ 50mmF1.5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: New JUPITER 3+:

« そろそろ花いっぱいになりますよ | トップページ | New JUPITER 3+ その2 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー