« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の17件の記事

2016年7月31日 (日)

久しぶりにDianaF+

NewFTbでフィルムを取り出したので、ダイアナF+にも入れてしまいました。
本来は120フィルムのカメラですが、135フィルム用のバックパックが用意されていますので、すぐに現像ができるネガの135フィルムで。

20mm魚眼レンズでパノラマ
Scndianaf0207_1

Scndianaf0209_1

Scndianaf0206_1

Scndianaf0213_1

75mmガラスレンズで
Scndianaf0220_1

うっかり多重露光
Scndianaf0217_1

山勘露出でも、なんとか撮れていますScndianaf0221_1

ピントもしっかりきますし、おもちゃカメラと呼んではいけないかも知れませんね。

2016年7月27日 (水)

キヤノン NewFTb 再び

以前それなりの値段で中古を買ったNewFTbが、今度はジャンクかごに!?
Img_6728_1

電子シャッターのAE-1なら見過ごしたと思うのですが、オールマニュアルのメカシャッター機ですから、ちょっと気になりますよね。
ファインダーは少し汚れていましたが、それなりに見えます。
裏ぶたを開けると中は案外綺麗でした。
巻き上げ巻き戻しは良好で、シャッター幕もミラーもそれなりに動きます。
これなら露出計が動かなくても使えそうだと言うことでお持ち帰りとなりました。1.5K
Img_6729_1

早速レンズを付け、ボタン電池を入れてみましたら、露出計が動きました。
Img_6731_1

しかも他のカメラと比べても遜色のない数値を出します。
それならばと、フィルムを入れてしまいました。

NewFTb+NFD50mmF1.8にて
Scnnewftb0405_1
Scnnewftb0406_1
Scnnewftb0407_1

カメラの露出計のままに、シャッター速度と絞りを何段かに変えて撮ってみましたが、露光具合はそこそこに合っていますし、最高速1/1000秒も大丈夫のようです。
Scnnewftb0402_1

Scnnewftb0403_1

そこで、レンズを色々と取り替えて試してみました。

NFD28mmF2.8にて
Scnnewftb0409_1

Scnnewftb0410_1

Scnnewftb0413_1

FL50mmF3.5マクロにて
Scnnewftb0422_1

Scnnewftb0423_1

さすがに等倍域の撮影では、露出倍数が厳しいかな?

FL58mmF1.2にて
Scnnewftb0420_1

Scnnewftb0424_1

絞りこみ測光のFLレンズ達も、そこそこに問題なく使えましたし、1/60秒でフラッシュも同調しました。
どうやらこのカメラ、全く問題ない完動品=感動品でしたね。
早速、次のフィルムを入れてやりましょう。

2016年7月25日 (月)

ヤブキリ

軽トラックで走っていたら、フロントウィンドウにバッタがしがみついていました。

車を止めて屋根の上を見ると、大きなキリギリスの仲間
P1080004_1

雌ですね
P1080006_1

私が手を差し出すと上って来ましたので、そのまま連れて帰りました。
図鑑で調べると、ヤブキリと言うことでした。
裏の畑に逃がしましたが、それで良かったのかな???

2016年7月22日 (金)

水辺の鳥

野暮用ですが、自転車で出かけました。
暑いので、出来るだけ涼しい道を通ろうと川沿いを走りました。
途中、涼しげな鳥たちの写真を撮っていました。

アオサギ
Img_6303_1

カラスとツーショット
Img_6331_1

イカルチドリ
Img_6410_1

イソシギ
Img_6447_1

これもカラスとツーショット
Img_6498_1

こちらは、ササゴイとハクセキレイのツーショット
Img_6464_1

ササゴイと言えば、岡崎では最近沢山繁殖しているらしいのです。
随分近い距離に居ました。
Img_6556_1

カメラを向けたら、嫌がって離れましたがまだ十分撮影出来ました。
Img_6596_1

別の場所ですが、少し離れた橋の上から
Img_6701_1

Img_6702_1
Img_6704_1
Img_6708_1

鮎を捕えましたね。

おっと、あまりのんびりしてはいられないのでした。

2016年7月21日 (木)

アブラゼミばかり

昨日の記事とは逆に、今度はアブラゼミばかりが目立ちました。
P1070982_1

P1070983_1

我が家から近い小学校の校庭なんです。
P1070986_1

P1070990_1

実はもう少し先に川があり、涼しい風が吹いてくるのですよ。
そして、川沿いの樹木でもアブラゼミばかりが鳴いていたのです。
P1020421_1

P1070992_1

温暖化の影響でクマゼミの分布が広がっているとか、アブラゼミが減少したとかいいますから、やっぱり、気温の差が影響しているのかな???

そうはいっても、アブラゼミばかりの中に、クマゼミも少しだけ居たんですけれどね。
P1070989_1

それから、ニイニイゼミもいましたよ。
P1070996_1

2016年7月20日 (水)

梅雨明け

我が家近辺は数日前に梅雨明けしたらしいのです。

そして、今朝も早くから蝉が鳴き始め、うるさいこと。

桜の木に止まっているのは、クマゼミばかりが数十匹。
Img_6190_1

Img_6196_1

おっと、こんなに接近して鳴いています
Img_6215_1

隣の別の木にもクマゼミが数匹いて、盛大に鳴いていました。
Img_6260_1

一応アブラゼミも少し居ましたけれど、静かなものでした。
Img_6235_1

Img_6175_1

夏本番ですね。

2016年7月18日 (月)

毎日暑いです

ここのところ気温も湿度も高く、熱中症気味です。
と言うことで、とりあえず撮って見ただけの手抜き状態なのです。

アマサギだと思うのですが、20羽位の群れでいました。
拡大してよく見たら、チュウサギでしたね、訂正しておきます。
Img_3633_1

Img_3620_1

田んぼの稲が隋分伸びて、すぐに鳥が見えなくなります
Img_3612_1

そこで鳥さんはやめにして、花などを相手に
Imgp2369_1

Imgp2379_1

Imgp2386_1

Imgp2391_1

そうそう、カラスがつついていたので、もう食べごろなのかと思ったのですよ。
本当はまだ未熟らしいのですが、かじってみましたら少し涼しくなりました。
P1070978_1

梨です。

2016年7月16日 (土)

マムシ

我が家の軒先で、寝ていました。
Img_6158_1

置いてあったシートの下に潜り込んでいたのです。
Img_6161_1

畑で出会ったなら逃がしてやるのですが、暖かいこの時期は活発に動きますし、さすがに自宅周りでは事故が心配ですので、駆除してしまいました。
Img_6166_1

南無阿弥陀仏。

2016年7月14日 (木)

田んぼアート

岡崎市制施行100周年の記念アートだそうです。
このやぐらの上から見降ろします。
R4000433_1

リコーGRにて
R4000427_1

28mm相当では画面に入りませんね。

そこで、もっと広角のサムヤンの12mmF2にて
Dscf1091_1

APS-Cだから、18mm相当にしかならなかったんですね。
もう少し広角レンズと思ったのですが、持ってこなかったのです。

でも、X-E1にはスウィングパノラマがありました。
Dscf1397_1

一応1枚に納まりましたが、魚眼レンズから切り出したようになりますね。

そこで思いだしました。
去年もここで撮りましたよ、魚眼レンズでしたね。
Dsc01726_1

2016年7月13日 (水)

超広角比較

魚眼ではない超広角レンズを何本か持って、ちょっと比較写真です。

D600+シグマ12-24mm広角端にて絞りF8
Dee_2982_1

K5ⅡS+シグマ8-16mm広角端にて絞りF5.6
K52s2193_1

K-1+サムヤン14mmF2.8にて絞りF8
Imgp2269_1

GX8+G7-14mm広角端にて絞りF4
P1020396_1

一応、各フォーマットで被写界深度を合わせるつもりでF値を選定しましたが、ピント位置がいい加減なので、本当に意味があったのか判りません。

同じ順番でもう一度
Dee_3002_1

K52s2224_1

Imgp2300_1

P1020413_1

まあとりあえず広角端の画角的には表示通りの順位のようですが、ズームレンズはズーム位置によっては目盛りと合わなかったりとか、リヤフォーカスやインナーフォーカスのレンズではピント位置で画角が変わったりという特性もあり、単純ではありません。
サムヤン以外はズームレンズですし、パナは純正レンズなので自動デジタル補正がかかっているはずです。
そんな不公平な比較をやっているわけですが、サムヤン14mmF2.8は陣笠歪みさえ無視できるのなら、またF8以上に絞りこんでしまえば、大変綺麗に写ってしまうのでした。

実は上に貼り付けた写真以外にも各ズーム位置とか、絞りを変化させたりとかして、画質の変化を見て行ったりして、とんでもない撮影コマ数になっているのです。
更に私の場合、カメラとレンズの組み合わせが色々と出来ますから、限が無いのですね。
本当は比較なんてせずに、もっと色々なところへ出かけたいのですが、暇がありません。
早めに楽隠居して趣味三昧を決め込んでいたのに、最近になって新しい仕事が、しかも儲からない仕事が、色々ところがりこんで来まして、忙しくなってしまいましたよ。

2016年7月11日 (月)

2台のSMART SHOT PULS

新しく手に入れた方が、以前のものより描写が甘い感じがしましたので、2台を撮り比べてみました。

まずは識別用に、2台並べて記念写真です。
左が以前手に入れたもの、右が今回の物
Dsc06959_1

今回の物にて
Scnsmartshotplus3035_1

以前の物にて
Scnsmartshotplus2035_1

以下同じ順番で
Scnsmartshotplus3039_1
Scnsmartshotplus2039_1

Scnsmartshotplus3033_1

Scnsmartshotplus2033_1

Scnsmartshotplus3038_1

Scnsmartshotplus2038_1

Scnsmartshotplus3041_1

Scnsmartshotplus2041_1

フィルムは同じISO200のネガ。
ピントは固定、絞りもシャッター速度も固定ですから、基本的に同じ画が撮れますね。
でも、近景では目立たないのですが、今回の物の方が、遠景のぼけ具合が大きいです。
その分全体の描写が甘く感じられるようです。
レンズとフィルムの距離がばらついているのか?絞り孔の直径がばらついているのか?あるいはレンズそのものの精度が悪いのか?
スキャナーで読み取った結果ですので正確とは言えませんが、同一の圧縮度合いにして見た同一構図の写真のJPEGデータ量も1~5%程度の差があり、目で見て感じた傾向と一致します。
どちらもジャンク品ですし、飛び切り鮮明な描写を求めるカメラではありませんから、これで十分なんですよね、簡単コンパクトフィルムカメラとしては。
と言うことで、自分自身の記憶が正しかったことに一安心しながら、またまた余計な写真をたくさん撮ってしまったという後悔を感じながら、後は適当に・・・。

Scnsmartshotplus2042_1

Scnsmartshotplus2045_1

Scnsmartshotplus3045_1

2016年7月10日 (日)

オリンパスPEN-D その後のつづき

PEN-Dを持って、出かけた先々で適当にシャッターを切っていたのですが、36枚撮りフィルムでしたので、78ショットも撮れてしまいました。
今のデジカメとは比べようもないですが、ハーフサイズは経済的だったのですね、昔は。

と言うことで、もう少し貼り付けておきます。
Scnpend0101_1

Scnpend0113_1

Scnpend0111_1

Scnpend0128_1

Scnpend0137_1

Scnpend0145_1

Scnpend0149_1

Scnpend0172_1

そうそう今日は参議院選挙の投票日でしたね。
Scnpend0138_1

いつものように、私はもう済ませておきましたよ。

2016年7月 9日 (土)

オリンパスPEN-D その後

前回はISO200のネガフィルムを入れましたが、高速シャッターが不調でオーバー気味になってしまいました。
そこで今度はISO100のフィルムにして、シャッターは1/125秒を常用に、高速側は1/250秒までしか使わないという感じでやってみましたよ。
もちろんカメラの露出計に合わせた上でのことです。

薄暗い神社の参道です。
Scnpend0103_1

絞りF2.8、シャッター1/15秒程度だったかな?
Scnpend0105_1

さすがに大口径レンズのおかげで、こんなに暗くても撮影出来ました。
デジカメならISO400位にしたくなるところですが、フィルムですから変えられません。
Scnpend0107_1

Scnpend0110_1

もっと明るい方はどうかと言うと
Scnpend0116_1


屋外快晴ではF11で1/125秒、ちょっと日陰はF8で1/125秒、十分明るい時はF16で1/125秒とかF11で1/250秒とかと言う具合です。
Scnpend0118_1

Scnpend0139_1

結果、オーバー露光したコマは無かったのですが、1/125秒だと最大絞りのF16になる場面が多いですね。
Scnpend0122_1

Scnpend0129_1

しかし、さすがに大口径レンズを積んだだけのことはあります。
ピントがしっかり合って、手ぶれしなかったコマは素晴らしく解像していますよ。
Scnpend0142_1

Scnpend0156_1

Scnpend0146_1

2016年7月 8日 (金)

久しぶりのLC-Wide

久しぶりと言っても、実は5月初めにフィルムは入れたのです。
Scnlcwide0462_1

その後、新しい機材を色々と使いながら、そのお供についていたのですが、なかなか撮影コマが進まず、2カ月経ってやっと撮り終えたと言う感じなのです。
Scnlcwide0465_1

ですから、既に記事にした物とよく似た写真ばかりが登場します。
Scnlcwide0469_1

Scnlcwide0472_1

そうじゃないシーンもありますけれど、どれも似たようなことになります。
Scnlcwide0479_1

Scnlcwide0484_1

Scnlcwide0485_1

Scnlcwide0490_1

まあこんな感じで、結局、自分の行動記録みたいなものを付けていると言うことなのかな?

2016年7月 6日 (水)

草刈ばかり

雨が降ったら草が伸びます。
Dsc06900_1

天気が良くなれば草刈をします。
Dsc06948_1

5月までは子育て中の鳥たちが、草むらから飛び出す虫などを狙って近付いてきたのですが、7月ともなるともう来ませんね。
Dsc06952_1

ということで、ここ最近は草刈ばかりです。
P1070949_1

2016年7月 5日 (火)

SMART SHOT PULS 再び

以前200円で手に入れたSMART SHOT PULSですが、今度は500円でジャンクかごにありました。
Img_6153_1

ピントも絞りもシャッターも固定で、巻き上げてシャッターを押すだけという、他になにも調整するところが無いこのタイプのカメラが、案外希少価値を持ち始めたのでしょうか?
フラッシュ用の電池ホルダーがありますが、無くてもシャッターは切れますので、フィルム感度の選択だけなんですよね。
Img_6155_1

それから、FUJINON 26mmF8と言うちょっと広角気味のレンズの良さが中古市場で人気なのかな?

とりあえずISO200のネガフィルムを詰め込んで、持ち出しました。
撮影結果です。
Scnsmartshotplus2003_1

Scnsmartshotplus2008_1

Scnsmartshotplus2009_1

Scnsmartshotplus2012_1

Scnsmartshotplus2016_1

こんなんだたかな?もっとしっかり写った気がするのですが・・・、なんだかちょっと以前のものと比べて切れが無い感じがします。

パソコンとハードディスクを検索して、4年前のデータを引っぱり出してみました。
Scnsmart_shot0703_2

Scnsmart_shot0712_2

Scnsmart_shot0726_2

Scnsmart_shot0731_2

スキャナーの問題か?フィルムの違いか?自動レタッチのせいなのか?
差があるようにも見えますし、大差ないようにも見えます。
次回は2台とも持ち出して見ないといけませんね?きっと。

2016年7月 2日 (土)

社会を明るくする運動

お誘いがあったので、ちょっと覗いてみました。
こんな活動があるのですね、これまで知りませんでした。
P1070867_1

壇上には、堀井副知事とか河村市長とか、OS☆Uのお姉さんとか、ひょうきんなペンギンとか
P1070882_1

P1070884_1_2

そうそう、鉄拳さんのこんなパラパラまんがも紹介されていました。
https://www.youtube.com/watch?v=sIEggA9c8fM

へぇ~、色々とあるもんですね。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー