« フタモンアシナガバチ | トップページ | キヤノンCanonet »

2016年8月12日 (金)

シグマ17-50mmF2.8DC OS

ニコンFマウントでタムロンの17-50mmVCを持っているのですが、キヤノンEOSマウントではこの焦点域の手ぶれ補正レンズを持っていませんでした。
昔なら、手ぶれするような焦点距離ではないと言い放って、買わなかっただろうレンズなんですが、あまりの安さと評判の良さ、それに自らの腕力不足が散見されるようになったので、(中古美品ですが)ついポチりとやってしまいました。
Dsc07069_1

EOS8000D+シグマ17-50mmOSにて広角端
Img_3697_1

ズーム中頃28mm
Img_3695_1

望遠端
Img_3696_1

広角端では僅かに陣笠歪みですが少しズームアップすると判らなくなります。
それから、昔は大口径ズームなどと言うと、開放ではかなり周辺が落ち込むものでしたが、このレンズは、周辺減光も流れも非常に少ない感じで、評判が良いのもうなづけます。

後は適当に
Img_3683_1

Img_3706_1

Img_3710_1

そうそう、このレンズの手ぶれ補正は良く効いてとてもありがたいのですが、得意の接近戦では前後方向のぶれによるピントずれの方が大きくて、中々うまく撮れません。
マクロ的に使うには、連写してピントブラケットにするか、三脚ライブビューの拡大モードで確実なピント合わせをするのが良さそうです。

« フタモンアシナガバチ | トップページ | キヤノンCanonet »

EOS 8000D」カテゴリの記事

SIGMA 17-50mmF2.8 EX DC OS HSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シグマ17-50mmF2.8DC OS:

« フタモンアシナガバチ | トップページ | キヤノンCanonet »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

カテゴリー