« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の14件の記事

2016年8月31日 (水)

28mmF3.5

28mmF3.5と言うと、昔の広角レンズとしてタクマー28mmF3.5とかニッコール28mmF3.5とか、そのAi判とか、コニカAR28mmF3.5とか、オリンパスOM28mmF3.5など・・・、かなり古いレンズが思い出されます。
実は、私が写真を撮り始めた頃には既に、F2.8が普通のレンズになっていましたから、F3.5と言うと、昔のレンズと言う感覚だったのですよ。

ところが、つい最近28mmF3.5と言うスペックのレンズが新発売されて、「なに!??」「今時このスペック?!」と驚いたのです。

実は、EF-Mマウントのマクロレンズだったのですね。
P1080007_1

キヤノンのAPS-Cフォーマットですから、35mm判換算45mmF5.6相当です。
昔の50mmマクロに近い感覚だと思っていたのですが、等倍以上のスペシャルなマクロモードが搭載されていて、何だか使い勝手が違う感じですよ。
P1080009_1

普通に使う時は、付属のフードをつけて
P1080008_1

暗い時はフードをはずすとリングライトが登場して
P1080010_1

しかも、左右別々にも点灯出来ます
P1080014_1
P1080015_1

このリングライトの光量では、近距離のマクロ撮影用にしか使えませんが、ISO感度を上げてやればそれなりに離れても良さそうな感じです。

とりあえず、家の周りで試し撮り
Img_1222_1

ぐっと寄って
Img_1224_1

Img_1246_1

Img_1240_1

標準レンズとしても使えるわけですが、どうしてもマクロレンズだと言う思いがあるので接近戦ばかりしていました。

後は適当に
Img_1196_1

Img_1197_1

Img_1206_1

Img_1213_1

Img_1220_1

大きく写そうとすると、レンズ前1cm程度まで近づけます。
そんな時にリングライトが有利なんでしょうが、まだそこまで使いきれていません。
それに虫などは、近付くと逃げてしまいますから、やはりもう少し長めの方が使い易いかなと思います。
リングライトはマクロにこだわらずに、なにか別の使い方が出来そうな気がするのですが、まだ適当な距離感がつかめていませんね。

2016年8月28日 (日)

HELIAR-HYPER WIDE 10mmF5.6 その2

この超超広角は、大変難しいレンズだと感じ始めたのですが、とりあえず色々と撮影してきましたので、無難なところを貼り付けておきます。
Dsc04303_1

Dsc04312_1

何が難しいかと言いますと、街中で使うとあまりに広すぎて肖像権が問題になるので、人の写らないシーンを撮るのが大変なんです。
Dsc04321_1

Dsc04322_1

縮小していますから大丈夫だと思いますが、どうしても気が付かないまま人物が写ってしまいますね。
Dsc04333_1

Dsc04343_1

そこで、このレンズの得意技の超広角マクロと言うところへ落ち込んでしまいます。
Dsc04248_1

Dsc04247_1

Dsc04267_1

Dsc04201_1

う~m、12mmや15mmではそれほどとも思いませんでしたが、やはり難しいレンズですね10mmは。

2016年8月27日 (土)

HELIAR-HYPER WIDE 10mmF5.6

既に記事にしていますが、このレンズの広さを改めて実戦で再確認していました。

α7Ⅱ+HHW10mmにて
Dsc04242_1

Dsc04243_1

Dsc04237_1

Dsc04230_1

やはり人工物が入るとよく判りますね、画角の広さが
Dsc04280_1

Dsc04297_1

Dsc04299_1

それから、真っ直ぐに構えた時の歪みの少なさにも驚きます
Dsc04256_1

Dsc04300_1

この画角で魚眼ではないのですから、とんでもないレンズですよ。
デジタル補正は周辺減光の補正だけですからね。

2016年8月24日 (水)

キヤノン NewFTb 再びのその後

前回調子が良かったので早速フィルムを、しかもリバーサルフィルムを入れたのですが、連日の猛暑とHHW10mmとか他の機材の入荷とが重なって、中々撮影出来ずにいました。
約1カ月かかって撮影・現像が済みましたので、貼り付けてみます。

NewFTb+NFD50mmF1.8
Scnnewftb0433_1

Scnnewftb0435_1

NFD24mmF2.8にて、たぶん
Scnnewftb0443_1

Scnnewftb0450_1

適当にスキャナーで読み込んで、自動でレタッチされてしまうのでよく解からないのですが、リバーサルフィルムを見る限りとても安定した露出で、全く安心して使えそうです。
やはりこのカメラは、ジャンクかごからの「掘り出し物」と言うことのようです。

レンズは、28mmF2.8とか50mmF1.4とかマクロとかに交換した気がするのですが、どれがどうだったか記憶がありません。
後は適当に貼り付けておきます
Scnnewftb0461_1

Scnnewftb0464_1

Scnnewftb0465_1

Scnnewftb0467_1

2016年8月23日 (火)

超々広角レンズの続きのつづき

前の記事と同じシーンで、フィルムカメラでも使っていました。

IKON+HHW10mmF5.6にて
Scnikon1357_1

UWH12mmF5.6にて
Scnikon1356_1

SWH15mmF4.5Ⅲにて
Scnikon1355_1

前々回の記事のシーンでも、上と同じ順番で
Scnikon1364_1

Scnikon1365_1

Scnikon1366_1

距離計の連動はありませんから、目測です。
ファインダーは28mmフレームで、デジカメと中心を合わせるようにして使っていました。
絞りはF8だったと思いますが、まずまずに写りましたね。
デジタルでの印象と同じで、UWH12mmに比べてHHW10mmとSWH15mmは周辺画質が良いですね。
新設計の光学系ですから、当たり前と言えばそうなんですが、デジカメの進歩がレンズをどんどん高性能にさせて行きますね。

2016年8月18日 (木)

超々広角レンズの続き

ミラーレス機としては、ソニーNEX系、富士フィルムX系、EOS-M系、マイクロフォーサーズ系、それからGXRのMOUNT A12を持っていますから、対応カメラ20台以上で使い回しができます。

とりあえず画角比較
α7Ⅱ+HHW10mmF5.6にて
Dsc04160_1

X-M1+HHW10mmF5.6にて(15mm相当)
Dscf1112_1

ちなみに、α7Ⅱ+SWH15mmF4.5Ⅲでは
Dsc04169_1

GX8+HHW10mmF5.6では(20mm相当)
P1020451_1

ちなみにX-M1+SWH15mmF4.5Ⅲでは(23mm相当)
Dscf1121_1

おまけで、GX8+SWH15mmF5.6Ⅲも(30mm相当)
P1020463_1

絞りはF8固定にしましたが、どれも綺麗に写りましたよ。
HHW10mmF5.6の折角の広い画角ですが、APS-Cのカメラで使えば15mm相当、マイクロフォーサーズでは20mm相当になってしまいます。
マイクロフォーサーズの超広角レンズは何本か持っていますので、改めてHHW10mmを使う場面はなさそうですね。
NEX系とEOS M系はそれなりに広角レンズがそろっていますから、やはりマウントアダプター前提と言うか、ライカMマウントレンズのために買ったGXRと富士のX系に持って行くのが良さそうです。
それより、フルサイズα7系での使用がこのレンズの本領発揮と言うことなので、αEマウント用でも良かった気がしてきますね。
ただフィルムカメラでも使えますし、ヘリコイド付きアダプターだと、9cm(レンズ前10mm)まで近づけますので、やはりVMマウントの方がレンズ遊びとしては面白いのかな。

後は適当に
Dsc04195_1

室内の床に置いて
Dsc04188_1

最短50cmから
Dsc04096_1

ヘリコイドアダプターで9cmから、レンズにあたっています。
Dsc04100_1

固定フードなので、これだと影になっちゃいますね。
Dsc04216_1

2016年8月17日 (水)

超々広角レンズ

昔は焦点距離が35mm以下から広角レンズと呼ばれましたよね。
そして、28mm、24mm、20mmなどと画角が広くなって行けばサイズも大きく、値段も高くなって、これ以下の焦点距離では広角レンズではなく、魚眼レンズになっていましたよね。
しかし最近では、35mm判換算15mmとか12mmとかでも「魚眼ではない」広角レンズが登場していて、超広角レンズと呼ばれているように思います。
これのズームレンズも色々と登場しており、12-24mmとか15-30mmとか、APS-C用では8-16mmとか、マイクロフォーサーズでは7-14mmのズームもありましたね。
デジタルカメラの登場で、より短い焦点距離のレンズを作るニーズがあり、設計・製造技術が大進歩したと言うことですよね。
考えてみたら、コンデジでは5mmとか7mmとかの焦点距離が普通にありますから、案外簡単だったりするのかな???

前置きはこれくらいにして、魚眼ではない35mm判換算で12mm未満の焦点距離のレンズが出てきましたね。

コシナフォクトレンダーのHELIAR-HYPER WIDE 10mmF5.6です。
Img_3863_1

マウントアダプターで、α7Ⅱに付けてみました。
Img_3864_1
Img_3861_1

αEマウント用も用意されているのですが、他への使いまわしを考えて、VMマウントを入手しましたよ。

とりあえず画角の比較を。

α7Ⅱ+HHW10mmF5.6にて
Dsc041271056_1

UWH12mmF5.6にて
Dsc041311256_1

SWH15mmF4.5Ⅲにて
Dsc041401545_1

これでは判りにくいですね。

被写体を変えて同じ順番で
Dsc04177_1

Dsc04173_1

Dsc04172_1

物凄く広いですね。
しかも周辺の画質がUWH12mmF5.6より格段に良いです。
SWH15mmF4.5Ⅲもそうでしたが、デジタル対応を謳っただけのことはありますよ。
α7Ⅱは、レンズ補正ソフトがありますから登録したのですが、周辺減光を少しだけ補正しただけで、絞り開放からほとんど問題ない感じですし、F8以上は絞っても意味無いかも知れませんね。

絞り開放F5.6
Dsc04151_1

F8
Dsc04152_1

デジタル補正なしで、全然湾曲していませんね。
これはとんでもないレンズですから、超々広角レンズと呼んでしまいましょう。

2016年8月13日 (土)

キヤノンCanonet

キャノネットと言えば、NewCanonetQL19とQL17Lをジャンクかごから救い出したことがあります。
http://photo-shampoohat-3.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/newcanonetql19-.html
http://photo-shampoohat-3.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/canonet-ql-54a5.html

今度は、一番初期型のCanonetがジャンクかごにありました。1K
Img_3784_1

Img_3786_1

NewCanonet達と比べると一回り大きなカメラです。
しかも、巻き上げレバーが底面に
Img_3791_1

途中で折り曲げてトリガータイプ
Img_3790_1

ですから、上面はシャッターボタンとフィルムカウンターだけ
Img_3793_1

そうそう、電池の要らないセレンの露出計なんです
Img_3792_1

しかも生きていました。

ISO200のネガフィルムを入れ、カメラの露出計のまま撮ってみましたよ。
Scncanonet0006_1

Scncanonet0007_1

あれあれ、露出は問題ないのにちょっと後ピンですね。
Scncanonet0008_1

Scncanonet0010_1

かなりぼんやりのファインダーですから合わせにくいのもありますが、どうやら距離計が少しずれているようです。
少し距離を取って、絞ってしまえば問題ないのですが、調整した方が良さそうですね。
Scncanonet0011_1

Scncanonet0015_1

また暇な時にやってみましょう。

2016年8月12日 (金)

シグマ17-50mmF2.8DC OS

ニコンFマウントでタムロンの17-50mmVCを持っているのですが、キヤノンEOSマウントではこの焦点域の手ぶれ補正レンズを持っていませんでした。
昔なら、手ぶれするような焦点距離ではないと言い放って、買わなかっただろうレンズなんですが、あまりの安さと評判の良さ、それに自らの腕力不足が散見されるようになったので、(中古美品ですが)ついポチりとやってしまいました。
Dsc07069_1

EOS8000D+シグマ17-50mmOSにて広角端
Img_3697_1

ズーム中頃28mm
Img_3695_1

望遠端
Img_3696_1

広角端では僅かに陣笠歪みですが少しズームアップすると判らなくなります。
それから、昔は大口径ズームなどと言うと、開放ではかなり周辺が落ち込むものでしたが、このレンズは、周辺減光も流れも非常に少ない感じで、評判が良いのもうなづけます。

後は適当に
Img_3683_1

Img_3706_1

Img_3710_1

そうそう、このレンズの手ぶれ補正は良く効いてとてもありがたいのですが、得意の接近戦では前後方向のぶれによるピントずれの方が大きくて、中々うまく撮れません。
マクロ的に使うには、連写してピントブラケットにするか、三脚ライブビューの拡大モードで確実なピント合わせをするのが良さそうです。

2016年8月10日 (水)

フタモンアシナガバチ

春に記事にしたアシナガバチですが、気が付くとエアコンの室外機の中に大きな巣をつくってしまいました。
Dgg_6577_1

ふたを開けても、近寄っても、襲ってこないのでこのままにしようか?
Img_3734_1

しかし、これ以上大きくなっても困るので、やはり駆除しようか?

2016年8月 9日 (火)

高温注意

昨日は、暑かったですね。
我が家付近の気温は、午後2時頃に38.2℃
Img_0472_1

日陰に止めてあった、車の温度計も
Img_0470_1

それから、テレビの「高温注意情報」では、多治見が38.9℃とか
Img_0469_1

更にこのあと、40℃近い気温になったらしいですよ。

しかしこの暑さの中、高校野球もほどほどにしておかないと、危険なのではないでしょうかね?
観客達も危ないのでは?
私も、頭がボーっとしてきましたから、塩分補給も忘れずにしなければ。

今日もまた暑くなりそうな、予報ですよ。

2016年8月 8日 (月)

岡崎花火大会

岡崎城下家康公夏まつり 第68回花火大会(通称:岡崎 花火)に行きました。
と言っても桟敷がとれたわけでもなく、ただただ人波にもまれながら行列状態で歩いて見てきたのですが・・・。

東岡崎駅から真っ直ぐの橋の上、まだかなり遠くです
P1010109_1

でも菅生川の河川敷には人がぎっしり
P1020741_1

反対岸では花火は見えないと思うのですが、こちらもいっぱいの人
P1020742_1

途中、夜店で生ビールを買って、花火に一番近い橋の上まで
P1020757_1

P1010113_1

警察官・警備員の「立ち止まるな!」の放送と掲示板
P1010116_1

それでもゆっくり歩きながら写真撮影
P1020794_1

そう言えば、お城横のホテルの屋上ビアガーデンから見たのは何年前だろう?
P1020797_1

まあ、とにかく橋を2往復して、適当に撮ってみたわけですP1010141_1

P1010150_1

P1010159_1

P1020816_1

P1020819_1

P1020837_1

P1020781_1

生ビールはうまかったですよ。

2016年8月 6日 (土)

EF-M レンズ

EOS M用のレンズを何本か持っています、と以前のEF-Sレンズの記事と同じように始めましたが・・・。
http://photo-shampoohat-3.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-1ea7.html

EOSのミラーレス1眼でAPS-C専用のレンズとなると、他への使いまわしができませんので、途端に購入意欲が萎えます。

それでも、何本かは持っているのですがね。
Img_3715_1

左から、EFM22mmF2、EFM18-55mm、サムヤン8mmF2.8魚眼、EFM11-22mmです。
サムヤンは、マウント組み替えで12mmF2にも変身させられます。

EOS M3+EFM11-22mmにて
Img_1127_1
Img_1128_1

EFM18-55mmにて
Img_1131_1
Img_1132_1

EFM 22mmF2にて
Img_1135_1

純正レンズはどれも簡単に、綺麗な普通の写真が撮れてしまいます。
ただ、前述のEF-Sレンズと重なる焦点域のレンズばかりになってしまいましたね。
でも、ボディーも含めて軽量コンパクトにはなっていますから、使勝手としては気軽に持ち出しやすいです。
サムヤンのミラーレス専用設計のレンズ達は、と言っても8mm魚眼と12mmF2ですが、これも軽量コンパクトで取りまわしが良いです。
ただし、マニュアルフォーカス、実絞り測光ですから、簡単に撮れると言うわけではありません。

サムヤン8mmF2.8魚眼にて
Img_1138_1
Img_1143_1

機材が軽量コンパクトなのは、良いですね。
ただ、他にもミラーレスカメラを沢山持っているので、EOS M系の出番は少ないようです。

2016年8月 1日 (月)

ニイニイゼミ

アブラゼミとクマゼミは記事のタイトルにしたことがありますが、ニイニイゼミはどうだったかな?と振り返ると、9年前の今頃書いていました。
http://photo-shampoohat-3.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_8031.html

と言うことで、今回は1枚だけ
Img_6827_1

保護色ですね。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー