« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の6件の記事

2016年10月22日 (土)

観光旅行の続き

翌朝も天気がよく、気合を入れてDP1Qを準備したのですが、遊覧船の上では全く歯が立たず、こんな写真を1枚・・・、
Dp1q0322_1

後はGX8ばかりです。

こんな遊覧船で、堂ヶ島の洞窟へ
P1020752_1

P1020793_1

P1020798_1

船はぎりぎり入れるのですが、波が荒いと中止だそうです。
P1020801_1

P1020802_1

洞窟の天井に窓が!・・・と言うのがここの見どころ
P1020805_1

帰り道は下田まで回って昼食

ペリーロードを散策して
P1020845_1

P1020847_1

P1020851_1

下田港まで歩き
P1020860_1

P1020864_1

後は帰るだけでした。
P1020915_1

P1020940_1

2016年10月21日 (金)

観光旅行

お誘いがありましたので、観光バスで伊豆方面へ。

とても天気が良くて
P1040843_1

長袖シャツでは、暑いぐらい
P1040841_1

こんなお店でお昼を食べ
P1040892_1

以前行ったことのある柿田川湧水に立ち寄り
P1040908_1

P1040917_1

それから、これまた以前行ったワイナリーにも寄り
P1050010_1

P1050046_1

ワインを飲みながら夕日を見るという宿で
P1050128_1

旅は軽量装備のGM1+G7-14mmが楽ですね。

Dp1q0312_1

最後の1枚は気合を入れて、DP1Qでした。

2016年10月17日 (月)

マウントアダプター雑感

凄いですね、最近のレンズマウントアダプターは。

昔は、フランジバックを合わせるだけのアダプターだったのですよ。
ですから、オール電子制御のEOSのレンズを制御するアダプターなんて考えられなかったのですが・・・。
最近ではNEXとかマイクロフォーサーズとか、ニコンFマウントもフル電子制御になってしまい、それをミラーレスカメラで使えるように電子回路を組み込んだアダプターがたくさん発売されるようになってきたのですよ。

初めは、ニコンFマウントレンズをキヤノンEOSで使う場合にフォーカスインジケーターをだますために、焦点距離50mmレンズを装着したかのように振る舞うROMを組み込んだアダプターが販売されていました。
その後ソニーNEX(後にα7シリーズ)登場で、EOSマウントレンズを使いたいと言う声が上がると、EOS-NEXの電子制御タイプが開発されました。
私も2本持っていますが、なかなかすべてのレンズやカメラに適合出来るわけではなかったという記憶があります。
しかし、ソニーがα7を発売し、純正でαAーαEアダプターを公開し、さらにキヤノンがEOS-Mを発売し、純正でEOS-EOS Mアダプターを公開した途端に、(たぶん中国から)EOSレンズを他のミラーレスカメラに繋ぐためのROM付きアダプターが一気に続々と発売されたようです。
純正メーカー側もそれなりに対抗しようと、制御ROMをどんどん新バージョンに変更して、新しいカメラとレンズを投入して社外アダプターを排除しようとしていますが、「いたちごっこ」になっている気がします。

基本的にアダプター遊びは裏技で、純正メーカーの保証外の使い方ですから、故障や事故を誘発する可能性もあります。
私自身も、アダプターを使用して故障させたレンズが何本かあります。
また、電子回路が一時的に不調になって、正規の組み合わせに戻した時に正常に動かなかった、などと言う経験もあります。
そんなことは判っていてもレンズ遊びはやめられず、気が付けば100本以上にもアダプターが増えていたのです。

どうする?私?!

2016年10月15日 (土)

今夜も中秋の名月?

旧暦の9月15日だそうです。
今夜の月は、中秋の名月なのかな?

GM1+G7-14mmF4
P1040813_1

P1040811_1

GX8+アダプター+タムロン150-600mmVCにて(1200mm相当)
P1020612_1

2016年10月12日 (水)

ウルトロン21mmF1.8

レンジファインダーのレンズとしてはとても大きくて重いレンズです。
めったに使わないだろうと思って買わずにいたのですが、中古価格がこなれてきたことと、SWH15mmF4.5のⅢ型とかHHW10mmF5.6とかのデジタル対応になったレンズの描写がとても良かったので、とうとう手元に来てしまいました。
Img_7307_1
Img_7311_1

とりあえず、α7Ⅱで他の21mmレンズと撮り比べ。

まずは遠距離、ほぼ無限遠にピント合わせ
ウルトロン21mmF1.8にて絞り開放
Dsc048252118_1

ビオゴン21mmF2.8にて絞り開放
Dsc048322128_1

カラースコパー21mmF4.0にて絞り開放
Dsc048372140_1

さすがに近いところはボケますが、カラスコ21mmのような四隅が流れた描写ではないですね。
しかも、ビオゴンとカラスコはレンズ補正ソフトで周辺の色補正を掛けていますが、ウルトロンは色被りが無いので周辺減光を僅かに明るめに調整しただけで済んでしまいました。

次に、同じ順番でF11まで絞ってみました
Dsc04831_1

Dsc04836_1

Dsc04840_1

絞りこんで同じF値では、ビオゴンの切れの良さに勝てませんが、レンズ補正で色を操作していない分ウルトロンの方が色が自然な感じです。

ちなみに、ルサール20mmF5.6では、がんばって補正してもこんなことに
Dsc04843_1

次は少し近距離で1.5m程度にピント合わせ

絞り開放、上と同じ順番で
Dsc048442118_2

Dsc048512128_2

Dsc048562140_2

F11まで絞って
Dsc04850_2

Dsc04855_2

Dsc04859_2

ルサールも
Dsc04863_2

空が入らなければ色被りはほとんど判りませんが、周辺減光は大口径レンズではそれなりに出るものだと言うことで、あまり補正しないでおきました。
F11まで絞ると、どれも画面全体がしっかりしますが、ルサールだけは無理なようです。

後は、ヘリコイドアダプターの得意技の広角マクロです。

α7Ⅱ+ウルトロン21mmF1.8のみですが、適当に貼り付けておきます。
Dsc04692_1

Dsc04693_1

Dsc04876_1

Dsc04882_12118

公園にキノコが沢山
Dsc04867_1


Dsc04873_1

お!でっかい!直径20cm以上ありそう
Dsc04871_1

2016年10月11日 (火)

ノビタキ見たよ

台風やら長雨やらと、村のお祭りの準備から後片付けまで、果ては選挙関連のお誘いなどで、鳥見を出来ずにいました。
気が付けばもう10月の半ばに・・・、今年はノビタキの秋の渡りを見損なったのかな?

いやいや、居ましたよ、遅れていた稲刈りが始まろうとしている田んぼです。
Img_7197_1

Img_7227_1

なかなか近づけませんでしたが、車の中からやっとそれらしい距離で
Img_7276_1

縦位置にトリミング
Img_7277_1

それから他にも
モズさん
Img_7187_1

スズメさん
Img_7297_1

撮影はSX60HSでした。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー