« Cビオゴン35mmF2.8ZM の続き | トップページ | ショートマクロ »

2016年11月30日 (水)

3台目のリコーフレック

また1台リコーフレックスを手に入れました。
右側のモデルⅦMです。
P1000410_1

P1000416_1

中古屋さんのショーケースの隅っこの方で、忘れ去られたように置いてありました。
外観はあまり美しくはなく、動かないかもしれないと思いながら取り出して貰いました。
案の定、レンズやファインダーはそれなりに汚れていました。

ところが、このカメラのシャッターは、最高速1/300秒のタイプだったのです。
P1000413_1

しかもそれらしく動作していました。

私が既に持っていたモデルⅦは1/100秒、モデルⅦSは1/200秒ですから、以前からこのシャッターのタイプが欲しいと思っていたのでした。
P1000411_1

P1000412_1

値引き交渉をすると、「委託品」とのことで、全く応じられないとのこと。ちょっと高いなぁ?とぼやきながら持ち帰ることになりました。

P1000418_1

そして、適当にレンズやファインダーの掃除をして、早速フィルムを入れてしまいました。
しかも、1/200秒のⅦSの方にも同じフィルムを入れたのでした。
最高速の差がどれほど効いてくるのかを撮り比べです。

ⅦM、最高速1/300秒、絞り開放
K_1p2778_1

ⅦS、最高速1/200秒、絞り開放
K_1p2795_1

ⅦM、1/100秒、絞りF5.6
K_1p2779_1

ⅦS、1/100秒、絞りF5.6
K_1p2796_1

別々のスキャンでは判りにくいですから、2つのフィルムを同時に撮影
左がⅦS、右がⅦMで、シャッター最高速
K_1p2811_1

絞って、1/100秒
K_1p2810_1

結論から言うと、1/200秒と1/300秒の差が本当にあるのかよく判りません。
ⅦMの方が速めのシャッターで、少しアンダーに撮れるはずなのですが、逆になっているような気もします。

もう少し別のシーンで比べて見ても
K_1p2813_1

K_1p2816_1

1/200秒と1/300秒の差が有るような?無いような?

それより、ピント目盛りがずれていることに気が付いてしまいました。
ⅦMは3m程度の目盛り位置で遠景にピントが合ってしまいます。
目盛りの無限遠ではレンズが後ろに下がり過ぎているのです。
目盛りを信じるのか?ピントグラスを信用するのか?迷いましたが、最終的にピントグラスで行こうと決めて、12コマまで撮り切りました。

以下モデルⅦMにて
K_1p2786_1

K_1p2789_1

K_1p2790_1

K_1p2793_1

正解でしたね。
しかし、どうやって目盛り位置を修正するのかよく判りません。
暇な時に、ゆっくりと分解してみるのでしょうが、いつになることやら・・・。

« Cビオゴン35mmF2.8ZM の続き | トップページ | ショートマクロ »

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

RICOHFLEX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3台目のリコーフレック:

« Cビオゴン35mmF2.8ZM の続き | トップページ | ショートマクロ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー