« すずめ | トップページ | パラメンダーParamenderの続き »

2016年12月15日 (木)

パラメンダーParamender

マミヤC220を使っていて、いつも困っていたのが近接撮影時のパララックスでした。
上下のレンズの位置が5cmずれていることを常に意識しながら、たぶんこの辺りだろうと構図を決め、ピントは狙いに近い被写体(無ければ自分の指)に合わせてやると言う撮り方だったんです。
ところが、街の中古屋さんで見つけてしまいましたよ。

パラメンダーです
Dsc08010_1

レバー操作で、5cm上に伸びます
Dsc08009_1

カメラを載せて、ピント合わせは低くしておき
Dsc08004_1

撮影時は、5cm持ちあげます
Dsc08003_1

さて、使ってみました。
C220+55mmF4.5にて
Dee_3054_1

2段絞って
Dee_3055_1

とりあえず日の丸構図ですが、パララックス補正が簡単にできますね。

絞り開放
Dee_3062_1

2段絞って
Dee_3063_1

これで、大丈夫と思っていたのですが、うっかり持ち上げるのを忘れてシャッターを切ってしまったりなどと言う失敗もあったり・・・。

こちらは、持ち上げ忘れ
Dee_3056_1

それなりに離れていたから納まりましたが、本来はこうなるつもり
撮り直しです
Dee_3057_1

この機材の最短撮影距離付近まで近づくと
Dee_3079_1

さすがに露出倍数が大きくて、適正露出の見極めが出来ませんでした。
中判二眼レフカメラでマクロ撮影と言うこと自体に無理があるのでしょうが、一応こんなことが出来ますよと言うことですよ。

« すずめ | トップページ | パラメンダーParamenderの続き »

120フィルムカメラ」カテゴリの記事

MAMIYA C220 PROFESSIONAL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラメンダーParamender:

« すずめ | トップページ | パラメンダーParamenderの続き »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー