« 3台目のリコーフレック | トップページ | ショートマクロの続き »

2016年12月 2日 (金)

ショートマクロ

パナライカの45mmF2.8、オリンパスの60mmF2.8、パナソニックの30mmF2.8に続いて、マイクロフォーサーズのマクロレンズが4本目です。

MZD30mmF3.5マクロです
P1000422_1
P1000421_1
P1000420_1

とても近づけて、最大倍率1.25倍まで撮影出来るのです
Epm20620_1

とりあえず、同じ30mmマクロと言うことで、パナの30mmと比較です。
と言うほど比較して見たわけではなく、小型軽量で気軽なお散歩カメラを2台と言う感じで、ほとんどカメラ任せのプログラムオートで撮影してみました。

E-PM2+MZD30mmF3.5マクロにて
Epm20623_1

GM1+G30mmF2.8マクロにて
P1050319_1

同じ順番で、似たようなアングルで撮ったものを並べます。
Epm20626_1
P1050321_1

Epm20628_1
P1050324_1

プログラムオート設定だと、オリンパスの方が常に1段程度絞り気味ですね。

絞り優先にすると、ほぼ同じシャッター速度を示します。
Epm20631_1
P1050328_1

マクロ域はまた別物かな?
Epm20636_1
P1050333_1

とにかくアップになりますね、このレンズ
Epm20647_1
P1050334_1

散歩カメラとしては、35mm判換算焦点距離:60mmですから、スナップと言うよりは注目・注視という感じの撮り方でしょうか?
そして、そのまま一気に接近して、超マクロ域まで行けてしまうのは使い勝手が良いですよ。

« 3台目のリコーフレック | トップページ | ショートマクロの続き »

M.ZUIKO DIGITAL 30mmF3.5 MACRO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショートマクロ:

« 3台目のリコーフレック | トップページ | ショートマクロの続き »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー