« 富士フィルムのボディーキャップレンズ | トップページ | ある日の鳥撮り »

2017年2月 5日 (日)

富士フィルムのボディーキャップレンズの続き

富士フィルムのボディーキャップレンズを、ソニーα7Ⅱに手であてがってみました。
P1080258_1

フランジバックが異なるので、0.5mm前方に取り付けたことになります。
それで、固定焦点のピント中心が1m辺りになったようです。

そんな距離の物を撮ってみました。
Dsc05423_1

やはり24mmは広角レンズですね。
Dsc05424_1

パンフォーカスとは言っても、1mのピント中心では、後ろの方はボケ気味
Dsc05433_1

クロスフィルターで太陽を
Dsc05432_1

富士フィルムXマウントは、イメージサークルがAPS-Cですから、やはりフルサイズでは無理でしたね。
でも、大きなトンネル効果だと言って楽しんでしまうこともできますけれど・・・。
こんな使い方でも、センスの良い人なら作品にしてしまうのだろうと思いますが、私は面白がっているだけで作品撮りをしているわけではありませんから、これ以上はやりませんよ、たぶん。

« 富士フィルムのボディーキャップレンズ | トップページ | ある日の鳥撮り »

Sony α7M2」カテゴリの記事

FUJIFILM X 24mmF8.0 FILTER LENS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士フィルムのボディーキャップレンズの続き:

« 富士フィルムのボディーキャップレンズ | トップページ | ある日の鳥撮り »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カテゴリー