« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の13件の記事

2017年12月30日 (土)

サムヤンのAF14mmレンズ

たくさん持っている韓国製のサムヤンレンズの中で、超広角の14mmF2.8は陣笠歪みの大きいところを我慢すれば、とてもコストパフォーマンスの高い良いレンズだと思っていました。
ところがそこに、ソニーαEマウント用として新し14mmレンズが登場しました。
しかもオートフォーカスタイプで、新しいレンズ構成なのでした。
ただし、お値段はちょいと高めの設定なのですが・・・。
ここのところ、フルサイズα専用レンズを増強していましたので、ついぽちりとやってしまいました。

とりあえず、試し撮り

α7Ⅱ+サムヤンAF14mmF2.8にて、絞り開放
Dsc07362_1

絞りF8
Dsc07365_1

みごとに陣笠歪みがありませんね、しかもEXIFにレンズ名まで記録されます。
と、ここで気が付きました、最近のカメラは、特にミラーレスは、デジタルレンズ補正が入っている可能性があるぞ、と。

そこでカメラの設定を探ると、ありました、レンズ補正のメニューが。
レンズ補正OFFに切り替えてみましたら

絞り開放
Dsc07374_1

絞りF8
Dsc07377_1

やっぱり、デジタル補正が加わっていたのでしたね。
αEマウントは結構、技術情報が公開されているのですが、いろいろと織り込んでやったので、値段が高くなったのも仕方ないということでしょうか。
もう少し過ぎれば値段もこなれてくるとは思いますが、現時点ではまだ高値のままですね。

つぎは、旧タイプと比較

K-1+サムヤン14mmF2.8
K_1p3410_1

α7RⅡ+サムヤンAF14mmF2.8
A7r01371_1

AFタイプの方が少し画角が狭いですね、デジタル補正で縮んでいるのかな?
しかし、最短撮影距離が28cmから20cmに短くなったので次のような撮影は得意になりましたよ。

K-1+サムヤン14mmF2.8
K_1p3413_1


α7RⅡ+サムヤンAF14mmF2.8
A7r01378_1

しっかり寄れるので、超広角でも背景をずいぶんぼかせます。
A7r01359_1

A7r01353_1

今日は、年末で慌ただしい中での撮影なので第一印象だけですが、もう少し使い込んでからまた記事にしようと思います。

これで今年の記事は終わりです、皆さん良いお年を。

2017年12月27日 (水)

クリスマスカップ駅伝大会

毎年行われているそうです。
Img_1183_1

普段選手になれない控えの子も走れる大会だそうで、各学校から複数チームの参加があります。
大会運営が楽なので、1週1Km程度のゴーカートのサーキットを借りて開かれます。

こんなコース
Img_1199_1

Dscn0421_1

鮮明画像は肖像権の問題があるので、ピンボケ写真を貼り付けておきます
Dscn0326_1

Img_1652_1

Img_1894_1

みんな一生懸命に走っていましたよ。

2017年12月26日 (火)

毎日寒いですね

先週末ですが、我が家ではマイナス4℃
R4003569_1

その日の夕方は快晴の夕焼け
R4003579_1

ますます寒くなりそうですよ。

2017年12月24日 (日)

猛禽の飛来

今年はスズメが多いと書きましたが、それを狙ってなのか裏の林から小ぶりな猛禽が飛んできます。
チョウゲンボウでもオオタカでもない飛び方で、鳩サイズですから多分ハイタカだと思います。
まだ撮影はできていませんが、向いの屋根の陰から飛び出して、林に飛び去るのを何度もみました。
Img_1160_1

また、
ほんの10m程度の距離のところへ突然飛来して、地面でえさをついばんでいたスズメを捕まえていきましたし、
5mほどの距離にある柿の枝先のスズメを狙って急反転して飛び去ったりしました。
Img_1162_1

そのせいか、スズメの数が減ったようですし、我が家に来ていたジョウビタキの姿が見えません。
Img_1166_1

モズもこの時期によく畑に来るのですが、今年はたまにしか見ません。
Img_1175_1

おっと、ジョウビタキは捕らえられてはおらず、納屋にうまく隠れているようです。
Img_8421_1

猛禽が近所を飛ぶのはうれしいですが、いつもよく来るヒヨドリ、ムクドリ、メジロたちが、さっぱり我が家に来なくなってしまいましたよ。

2017年12月23日 (土)

ネプチューンレンズ 4

ソニーα7Ⅱでもう少し使ってみました。

ネプチューンレンズ35mmF3.5にて絞り開放Dsc07329np3535_1

50mmF2.8では
Dsc07324np5028_1

80mmF4では
Dsc07320np8040_1

撮影距離約1mからですが、周辺減光がわずかにあるだけで、とてもきれいに撮れてしまいますね。
2段絞ると周辺減光もなくなります。

次は各レンズの最短撮影距離から
35mmF3.5
Dsc07295np3535_1

50mmF2.8
Dsc07343np5028_1

80mmF4
Dsc07316np8040_1

スポット測光だったから中心のしべに合わせちゃったのですね。
でも安定した撮影結果でしたよ。
α7Ⅱの方がニコンボディーより理解しやすく、使いやすい感じでした。
まあこんなところでテストは終わり、何か撮影に出かけましょう。

2017年12月21日 (木)

ネプチューンレンズ 3

α7Ⅱで使ってみました。
ボディーは三脚に固定して、すべて同じ位置(約1.5mから)の撮影です。
露出はスポット測光で中心部のみの明るさに合わせてやるという設定にしました。

ニコンE35mmF2.5にて絞りF4
Dsc07273_1

絞りF8
Dsc07275_1

ネプチューンレンズ35mmF3.5にて絞り開放
Dsc07291np3535_1

絞りF8
Dsc07294_1

やはりこの使い方では、絞りの変化に対して撮れた写真の明るさが安定しているようです。
ニコンレンズもネプチューンレンズも、どちらも電子接続がなく、ライブビューでピントも露出も合わせるわけですから、当たり前といえばそうなんですよね。

ニコン50mmF2にて絞りF8
Dsc07280_1

ネプチューンレンズ50mmF2.8にて絞りF8
Dsc07284_1

カラーヘリアー75mmF2.5にてF8
Dsc07271_1

ネプチューンレンズ80mmF4にて絞りF8
Dsc07288_1

2017年12月20日 (水)

ネプチューンレンズ 2

ニコンマウントの普通のレンズと比較してみましょう。
ボディーはD600、測光モードはパターン測光です。

ニコンE35mmF2.5にて絞りF4
Dee_3596_1

絞りF8
Dee_3598_1

ネプチューンレンズ35mmF3.5にて絞り開放
Dee_3601_1

絞りF8
Dee_3603_1

電子接点のないE35mmF2.5なのですが、さすが純正、絞り値に対して補正は不要でした。
同じく電子接点のないネプチューンレンズ35mmF3.5ですが、実絞り測光なので補正しないと絞こむに従ってどんどん明るく写ってしまいました。

50mmの場合は

AiAF50mmF1.4にて絞りF2.8
Dee_3607_1

絞りF8にて
Dee_3610_1

ネプチューンレンズ50mmF2.8にて絞り開放
Dee_3612_1

絞りF8にて
Dee_3615_1

35mmほどではないですが、同じ傾向ですね。

80mmの場合では

ニコンマウントのカラーヘリアー75mmF2.5にて絞りF4
Dee_3618_1

絞りF8
Dee_3620_1

ネプチューンレンズ80mmF4にて絞り開放
Dee_3623_1

絞りF8
Dee_3625_1

画角が狭い分、変化が少ないですが、やはり同じ傾向ですね。

ニコン1眼レフの測光方式では、なかなか使いにくいですよ。
ミラーレスでライブビューなら差がないかもしれませんね。
次はα7へ付けてみましょう。

2017年12月19日 (火)

ネプチューンレンズ

LOMOから変なレンズが出ましたね。
レンズの後玉は共通で、前玉だけを交換して焦点距離を替えるというものです。

ネプチューンレンズです。
R4003425_1

R4003427_1

ピント合わせのヘリコイドや絞り羽は後玉の方に組み込まれています
R4003424_1

後玉と35mmF3.5、50mmF2.8、80mmF4の3本です。
A7r01345_1

後から15mmF3.8が追加される予定です。

D600で撮ってみました。
35mmF3.5にて
Dee_3528_1

50mmF2.8
Dee_3533_1

80mmF4
Dee_3536_1

もっと変な描写を期待していたのに、なんだか拍子抜けするほど素直な描写ですね。
ニコン機ではフォーカスエイドは効きますが、ボディーとは何の連動もないレンズですから絞り込み測光となり、露出補正が必要なようで使い勝手は悪いです。

50mmF2.8で絞り具合の影響を
開放
Dee_3590_1

F4
Dee_3591_1

F5.6
Dee_3592_1

F8
Dee_3593_1

やはり描写は普通な感じです。

但し、ヘリコイドの移動量が同じなので、焦点距離の短いレンズの方がより接近出来て、撮影倍率が高くなります。

35mmF3.5で最短撮影距離にて
Dee_3569_1

50mmF2.8では
Dee_3583_1

80mmF4では
Dee_3559_1

まあとりあえず、使い方が面倒くさくて、なかなか面白そうですよ。

2017年12月18日 (月)

ちょっと忘年会

久しぶりに名古屋駅前に行きました。
高層ビルがいっぱい建ちましたね。
A7r01280_1

A7r01286_1

A7r01301_1

昔はこのツインタワーしかなかったような?
A7r01291_1

とりあえず、こんなホテルの
A7r01274_1

ランチメニューでした
Dsc07216_1

Dsc07217_1

Dsc07220_1

Dsc07224_1

アルコール類は、ビールから始まり日本酒、紅・白ワイン、焼酎、ウィスキーと一通りでしたよ。

帰りは北風の中をほろ酔いで・・・
A7r01311_1

2017年12月17日 (日)

柿に群れるスズメ

取り残した柿にいろいろな鳥さんがやってきますが、今年はスズメばかりが目立ちます。

EOS8000D+シグマ150-600mmOSにて
Img_6131_1

胸の黒いネクタイが太いやつが来て
Img_6219_1

先客を追い払いました
Img_6220_1

後から来たやつも追い払いました
Img_6237_1

これは細い方かな?
Img_6283_1

Img_6285_1

Img_6335_1

Img_8377_1

なんとなく年齢差のような気がします。

2017年12月16日 (土)

困った時のマクロレンズ

ちょっと忙しくて、更新ができませんでした。
師走と言うことでしょうか?

α7Ⅱ+アポランター65mmF2にて
Dsc07199_1

Dsc07180_1

Dsc07181_1

Dsc07210_1

まだ年賀状の準備もできていませんでした。

2017年12月 4日 (月)

ジオラマ風写真を撮る 2

α7RⅡ+ティルトアダプターを持って少し高いところから撮ってみました。

α7RⅡ+アダプター+AF35mmF2Dにて
A7r00923_1

A7r00925_1

遠すぎてレンズの焦点距離が足りない感じですので、1/2にトリミング
A7r00925_2

α7Ⅱ+アダプター+タムロン90mmF2.8マクロにて
A7r00933_1

A7r00968_1

α7Ⅱ+アダプター+AF50mmF1.4Dにて
A7r00946_1

やはり遠い感じなので1/2にトリミング
A7r00946_2

あまりに遠いとジオラマ風にならないのですね
A7r01038_1

手ごろな距離の被写体と、それに見合った焦点距離のレンズがあるようです。
A7r01048_1

後はおまけ
Img_6100_1

Img_8396_1

2017年12月 1日 (金)

マクロレンズでティルト撮影

ティルトアダプターにタムロンの90mmF2.8マクロ旧型を付けました。
Dscn0316_1

レンズを下方向へいっぱいに振って装着。
Dscn0318_1

これで奥行きのある被写体も楽にアップにできるかな?

α7RⅡ+純正FE90mmF2.8マクロにて絞り開放
A7r00892_1

α7RⅡ+アダプター+タムロン90mmF2.8マクロ(NFマウント)
A7r00896_1

FE90mmF2.8マクロでF8まで絞りました
A7r00895_1

タムロン90mmF2.8では、F5.6で
A7r00898_1

同程度の被写界深度を得るのにティルトさせてやったら、1段程度早くできましたよ。

ちなみに、タムロンでF8では
A7r00899_1

F11では
A7r00900_1

後は適当に
A7r00867_1

A7r00886_1

もう少し使い方を工夫したいところですね。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー