« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月の9件の記事

2018年2月28日 (水)

Meike 6.5mmF2 円周魚眼レンズ の続き

少し前にソニーαEマウントを購入して使ってみると、とても気持ちよく写るので、今度は富士のXマウントを追加しました(本当は、かなりお安くなっていたのでポチッたのですが)。
Djj_1313_1

外観はほぼ一緒ですが、ピントリングの目盛が異なりました。
αE用はFar-Nearと表示しているだけでしたが、Xマウント用はmとftで距離目盛が付いていました。
Djj_1310_1

どちらも無限遠はオーバーインフの表示方法です。

さて、早速撮り比べです。

α6000+Meike 6.5mmF2 円周魚眼
Dsc00194_1

X-T2+Meike 6.5mmF2 円周魚眼
T2cf1052_1

以下同じ順番で
Dsc00204_1
T2cf1062_1

当たり前なのですが、遠景は同じように写りますね、しかもうっかり足も写ってしまいますね。

ところが、最短撮影距離での接近具合が異なっていました。
Dsc00197_1
T2cf1055_1

Xマウントの方が近づけないのです。
目盛は0.2mまであるのですが、0.3m以下に寄れません。
無限遠も目盛からとんでもなくずれていまして、目盛位置=0.4m付近なのでした。
要するに、無限遠は出るのですが、レンズがかなり後方にずれていたわけです。
αEマウントの方も無限遠ピッタリではなく少しずれているのですが、最短撮影距離は0.25m程度まで近づけるのです。
仕方なく、X用のマウント金具を外して、スペーサーを挟み込みました。
初めは0.1mmを試しましたが、レンズが前に出すぎて無限遠が出なくなりました。
そこで次に0.05mmを入れると、αEマウントと同じくらいになりました。
焦点距離の短いレンズは微調整が大変ですね、あっという間にオーバーしてしまいます。
新品購入でしたから、本当は返品交換で対応なのでしょうが、交換したところでピッタリになるとも思えません。
ほかに何の機能もないマニュアルレンズですから、自分で調整する方が早いのですよ。

ということで、調整後のチェックです。

同じ順番で、ほぼ最短距離から
Dsc00211_1
T2cf1083_1

Dsc00206_1
T2cf1075_1

これで、Xマウントも0.25m程度まで近づけるようになり、ずいぶん使いやすくなりましたよ。

2018年2月27日 (火)

最近の鳥?撮り

先日、畑をトラクターで耕した時のことです。

初めは、何も寄ってこなかったのですが、いつの間にかムクドリが
P1090132_1

カラスが
P1090135_1

そして、写真を撮り忘れましたが、ハクセキレイが12羽も集まりました。

そしてさらに、モズが2羽!?
P1090142_1

1羽は我が家の裏の畑のモズなのですが
Img_8523_1

Img_8532_1

もう1羽は?・・・、縄張り争いなのか?それとも親子?兄弟?
P1090147_1

P1090155_1

とにかくいろいろ集まりまして、耕作の邪魔をしてくれました。

そして更に、ネズミが!・・・たぶんハツカネズミ
P1090127_1

P1090130_1

冬眠中だったのかな?

なんとなく春めいてきたような・・・。
とにかく、いっぱい生き物が登場して、仕事になりませんでしたよ。

2018年2月26日 (月)

最近?の鳥?撮り?

今月初の撮影から

我が家のジョウビタキ
Img_1942_1

Img_1949_1

Img_2155_1

久しぶりのメジロ
Img_2072_1

Img_2094_1

スズメがすずなり
Img_2111_1

ツグミが柿木に
Img_2233_1

そうそうツグミと言えば、別の日にこんなことがありました。

畑です。ツグミが何かをくわえて走りました。
Img_6981_1

止まったところで、トリミング拡大するとカエルのような?
Img_6985_1

そこへ、別の1羽が詰め寄って
Img_6989_1

Img_6991_1

大乱闘?
Img_6992_1

Img_6993_1

どらが獲物を持って行ったのか分かりませんが、なかなかきびしい冬鳥の日常ですね。

2018年2月22日 (木)

ヘリアーハイパーワイド10mmF5.6 FE

忘れていました、このレンズの紹介。
既にこのブログに登場させていましたが、ヘリアーハイパーワイド10mmF5.6FEです。
Djj_1304_1

ライカMマウントを持っていたのですが、使いやすいのでαEマウント用を追加してしまいました。

ということで、2本を比較してみました。

Mマウント絞り開放
A7r01900_1

αEマウント絞り開放
A7r01897_1

絞ってF8
A7r01901_1
A7r01898_1

αEマウント用は、レンズ補正をONにしていますので、周辺減光や湾曲歪みが補正されています。
そのためにほんの少しだけ画角が狭くなっているようです。

カメラの向きを変えて、半逆光では
A7r01891_1
A7r01894_1

A7r01892_1
A7r01895_1

同じですね。
αEマウント用にしたおかげで、レンズ名称や絞り値がEXIFに残りますし、レンズ補正や5軸手振れ補正も有効になるようで、使い勝手が良いのです。
しかし、周辺減光などは後からレタッチで簡単に補正することも出来るのですけれどね。

Mマウントで絞り開放、レタッチあり
A7r01863_3

αEマウントで絞り開放、カメラ内レンズ補正
A7r01857_3

フィルム時代では思いもよらぬ、デジタルならではのことなのですね。

2018年2月20日 (火)

Mマウント 7artisans 50mmF1.1 の続きの続き

さて、フィルムで使ってみました。
カメラは、コシナツアイスのIKONです。
Scn7artisans50110004_1

Scn7artisans50110006_1

絞るとピント位置が移動します。
開放からF2.8くらいまでに大きくピント中心が移動し、初めに合わせた位置がピンボケになってしまいます。
大口径レンズではよくあることですが、レンジファインダーカメラではとても使いづらいことになります。
Scn7artisans50110010_1

Scn7artisans50110011_1

昔のカメラマンは、こういったレンズの特性を記憶・記録して上手に使っていたのでしょうね。
私のようないい加減なカメラマンでは、ピンボケ写真の大量生産しかできないレンズですよ。
とは言っても、少し離れた被写体なら問題なしになってしまいます。
Scn7artisans50110008_1

Scn7artisans50110009_1

曇り空で条件が悪いですが、ISO400ネガフィルムでちょっと撮ってみたものです。
Scn7artisans50110018_1

Scn7artisans50110019_1

Scn7artisans50110020_1

Scn7artisans50110021_1

Scn7artisans50110023_1

Scn7artisans50110026_1

Scn7artisans50110028_1

Scn7artisans50110033_1

Scn7artisans50110035_1

2018年2月17日 (土)

Mマウント 7artisans 50mmF1.1 の続き

50mmF1.1を使っていたら、αEマウントフルサイズ用なら、50mmF0.95を持っていることを思い出しました。

さっそく撮り比べ

50mmF1.5絞り開放
A7r021345015_1

50mmF1.1絞り開放
A7r021295011_1

50mmF0.95絞り開放
A7r0212450095_1

50mmF1.1は妙なフレアー?が出ましたね、しかしF2.8まで絞ると消えました。

絞ってF2.8
A7r02136_1
A7r02132_1
A7r02127_1

更に絞って、F4
A7r02137_1
A7r02133_1
A7r02128_1

もう差が分かりません。

別の被写体で絞り開放
A7r021475015_1A7r021445011_1 A7r0214950095_1

F5.6まで絞って
A7r02148_1
A7r02146_1
A7r02151_1

別の被写体で同じように、まず絞り開放
A7r021625015_1
A7r021685011_1
A7r0215550095_1

絞り込んでF5.6
A7r02166_1
A7r02173_1
A7r02160_1

またまたくだらない写真ばかり撮ってしまいました。

2018年2月16日 (金)

Mマウント 7artisans 50mmF1.1

ライカMマウントのレンズですが、中国製らしいです。
Djj_1292_1

αEマウントにも対応などと謳っているのですが、アダプターが必要です。
大口径標準レンズと言うやつですが案外安く、本家ライカの1/10以下ですし、フォクトレンダーと比べても1/2以下の値段です。

α7シリーズで使うならブラックの方が似合うのでしょうが、フィルムのレンジファインダー機にも取り付けますから、シルバーを手に入れてみました。
Djj_1289_1

似合っているような?
Djj_1291_1

取り合えず、同じMマウントのコシナツアイスCゾナー50mmF1.5ZMと撮り比べ

α7RⅡ+50mmF1.1にて絞り開放
A7r020385011_1

α7RⅡ+50mmF1.5にて絞り開放
A7r020415015_1

ちょっと絞ってF2.8
A7r02040_1
A7r02043_1

絞り羽が12枚もあり絞ってもきれいな円形が崩れません、一方ツアイスは10枚なのですが、ギザギザの星形になるので、玉ボケがちょっと崩れます。

以下同じ順番で
A7r020495011at_1
A7r020445015zm_1

A7r02052_1
A7r02046_1

そうそう周辺減光と湾曲具合も比較しておきましょう
A7r020715011at_1
A7r020665015zm_1

A7r02074_1
A7r02068_1

ツアイスに比べると少し樽型になりますし、周辺減光も大きく、更に周辺部の解像はかなり悪いです。
F2.8位から周辺減光は収まりますが、周辺の解像の悪さはF16まで絞っても解決しませんね。
隅々までピントが合っているという撮り方をしないレンズと思っておかないと、がっかりな時もあるかもしれません。
とにかくボケ狙いのレンズですね。

2018年2月10日 (土)

とんでもない広角です

αEシリーズに超広角レンズを付けて名古屋の栄を歩いてみました。

α7RⅡ+サムヤンAF14mmF2.8にて
A7r01929_1

同じ位置からα7RⅡ+ヘリアーハイパーワイド10mmF5.6FE
A7r01932_1

更に、α6000+Meike6.5mmF2魚眼では
Dsc00181_1

魚眼レンズの画角は190°とのこと。
注意していても、足元と帽子が写ってしまいましたよ。

どのレンズも、ソニーα純正レンズにはない画角のレンズばかりですが、しっかり写りますね。

後は適当に、HHW10mmFEにて
A7r01918_1

A7r01935_1

A7r01937_1

A7r01943_1

A7r01944_1

A7r01984_1

SAMYANG AF14mmF2.8にて
A7r01979_1

A7r01980_1_2

Meike 6.5mmF2にて
Dsc00183_1

Dsc00175_1

Dsc00187_1

確定申告の資料作りが忙しい時期なので、こんなことで、気を紛らせているわけですが・・・。

2018年2月 1日 (木)

皆既月食

昨夜は運よく空が晴れていて、自宅の庭で皆既月食を撮影できました。

EOS8000D+シグマ150-600mmOSにて
Img_6882_1

ちょっと小さいので、50%にトリミングしておきます
Img_6886_2

21:00頃
Img_6891_1

22:00ちょっと前
Img_6905_1

22:00頃
Img_6914_1

と、これでおしまいではつまらないので、ほかのカメラも登場させましょう。

α7RⅡ+シグマ150-600mmOSにて
A7r01772_3

トリミングして上のEOS8000Dの50%と同じ画素数にしています
A7r01781_2

A7r01801_1

実はできるだけ撮影感度を上げずにいたのですが、肉眼では見えているのにシャッターが遅くなってまともに写せなくなりました。
ここから先はカメラのシャッター速度を上げるためISO6400まで上げました。
A7r01822_2

更にズームを引いて150mm相当にすると、肉眼で見たような感じに
A7r01826_1

試しにシャッター速度を1/2秒まで遅くすると周囲の星まで写りましたよ
A7r01828_1

おまけです。
GX8+シグマ150-600mmOSにて
P1040773_1

トリミング
P1040773_2

キヤノンSX60HSにて
Img_8482_1

トリミング
Img_8482_2

と言う具合に撮影していたのですが、この後は寒さに負けて撤収となりました。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

カテゴリー