« とんでもない広角です | トップページ | Mマウント 7artisans 50mmF1.1 の続き »

2018年2月16日 (金)

Mマウント 7artisans 50mmF1.1

ライカMマウントのレンズですが、中国製らしいです。
Djj_1292_1

αEマウントにも対応などと謳っているのですが、アダプターが必要です。
大口径標準レンズと言うやつですが案外安く、本家ライカの1/10以下ですし、フォクトレンダーと比べても1/2以下の値段です。

α7シリーズで使うならブラックの方が似合うのでしょうが、フィルムのレンジファインダー機にも取り付けますから、シルバーを手に入れてみました。
Djj_1289_1

似合っているような?
Djj_1291_1

取り合えず、同じMマウントのコシナツアイスCゾナー50mmF1.5ZMと撮り比べ

α7RⅡ+50mmF1.1にて絞り開放
A7r020385011_1

α7RⅡ+50mmF1.5にて絞り開放
A7r020415015_1

ちょっと絞ってF2.8
A7r02040_1
A7r02043_1

絞り羽が12枚もあり絞ってもきれいな円形が崩れません、一方ツアイスは10枚なのですが、ギザギザの星形になるので、玉ボケがちょっと崩れます。

以下同じ順番で
A7r020495011at_1
A7r020445015zm_1

A7r02052_1
A7r02046_1

そうそう周辺減光と湾曲具合も比較しておきましょう
A7r020715011at_1
A7r020665015zm_1

A7r02074_1
A7r02068_1

ツアイスに比べると少し樽型になりますし、周辺減光も大きく、更に周辺部の解像はかなり悪いです。
F2.8位から周辺減光は収まりますが、周辺の解像の悪さはF16まで絞っても解決しませんね。
隅々までピントが合っているという撮り方をしないレンズと思っておかないと、がっかりな時もあるかもしれません。
とにかくボケ狙いのレンズですね。

« とんでもない広角です | トップページ | Mマウント 7artisans 50mmF1.1 の続き »

7artisans 50mmF1.1(M)」カテゴリの記事

C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM」カテゴリの記事

Sony α7RM2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206782/66396384

この記事へのトラックバック一覧です: Mマウント 7artisans 50mmF1.1:

« とんでもない広角です | トップページ | Mマウント 7artisans 50mmF1.1 の続き »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

カテゴリー