« 菅生川の葵桜 | トップページ | 安原 MOMO100 の続き »

2018年3月20日 (火)

安原 MOMO100

変なレンズ好きな私なので、こんなレンズを仕入れてしまいました。

安原のMOMO100です。
Djj_1364_1

Djj_1368_1

上はフルサイズ対応の43mmF6.4、下はAPS-Cとマイクロフォーサーズ用の28mmF6.4です。

「べス単」の復元版のソフトレンズという触れ込みですが、私は「ベス単」は知りません。
と言うことで、興味津々で撮影を始めましたが、ニコンFマウントで1眼レフのファインダーでのピント合わせは全然歯が立ちませんでした。
そこで、マウントアダプターを使って、ミラーレスのライブビュー拡大モードで使ってやりましたよ。

α7Ⅱ+43mm
Dsc07722_1

Dsc07733_1

Dsc07788_1

α6000+28mm
Dsc00224_1

Dsc00243_1

Dsc00290_1

GX8+28mm
P1050046_1

マウントアダプターでの使用ですので、組み合わせでこんなこともできます。

α7Ⅱ+28mm
Dsc07755_1

四隅がけられますが、近寄れるので、面白いです。

上と同じ位置からα6000+28mmで
Dsc00248_1

フルサイズ用の43mmは近寄れないのでこんなところ

α7Ⅱ+43mm
Dsc07769_1

まともな写りではないところが面白いわけですが、ただぼんやりソフトに写しただけより、やっぱり点光源やハイライト周りのにじみが、一番このレンズの味のように思います。

α6000+28mm
Dsc00294_1

α7Ⅱ+43mm
Dsc07792_1

上の組み合わせ、ちょうど同程度の画角になっていますね。
これが多分、メーカーの推奨の画角なんでしょう。

« 菅生川の葵桜 | トップページ | 安原 MOMO100 の続き »

Sony α7M2」カテゴリの記事

Panasonic Lumix GX8」カテゴリの記事

Sony α6000」カテゴリの記事

YASUHARA MOMO100 28mmF6.4」カテゴリの記事

YASUHARA MOMO100 43mmF6.4」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安原 MOMO100:

« 菅生川の葵桜 | トップページ | 安原 MOMO100 の続き »

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー