« 42.5mmの撮り比べ | トップページ | 彼岸花 »

2018年9月20日 (木)

KamLan50mmF1.1

もうすでに記事に登場させていますが、このレンズのことが紹介してなかったですね。
KamLan50mmF1.1です。
Dsc01045_1

富士フィルムXマウントとマイクロフォーサーズマウントの2本。
Dsc01044_1
Dsc01042_1

マイクロフォーサーズ用はアダプターでソニーEマウントにも付けられます。
残念ながら、イメージサークルはAPS-Cフォーマットまでしかカバーしません。

サイズはコンパクトでミラーレスカメラに似合っています。
Dsc01048_1

マニュアルフォーカスの金属鏡筒ですから、ずっしりと重い感じではあります。

フルサイズ対応の50mmF1.1と比べてみます。

GX8+KamLan50mmF1.1
P1060078kamlan5011_1

GX8+NOKTON50mmF1.1
P1060084nokton5011_1

絞ってF5.6
P1060083_1
P1060090_1

別の被写体で、同じ順番
P1060130kamlan5011_1
P1060136nokton5011_1

P1060135_1
P1060142_1

カメラを替えて、α6000にて同じように
Dsc00844kaml5011_1
Dsc00837nokt5011_1

Dsc00849_1
Dsc00843_1

中国製の安物レンズですが、十分使えますね。
絞りリングの目盛がちょっといい加減な感じもありますが、そこはミラーレスカメラのライブビュー撮影ですから、問題なしと言うことで乗り切りましょう。

後は適当に貼り付けておきます。
P1060068_1

P1060169kamlan5011_1

P1060186kamlan5011_1

P1060177_1

« 42.5mmの撮り比べ | トップページ | 彼岸花 »

Panasonic Lumix GX8」カテゴリの記事

Sony α6000」カテゴリの記事

NOKTON 50mmF1.1」カテゴリの記事

KamLan 50mmF1.1(FX)(M4/3)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KamLan50mmF1.1:

« 42.5mmの撮り比べ | トップページ | 彼岸花 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

カテゴリー